お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:332 人 文字数:281字

最後の馬鹿
 片目をつぶった男は葬儀に遅れてやってきた。
 遅れてきたのにその男は悪びれる様子が一つもない。
 仏を前にしても涙を流すわけでも、悲しみをこらえるわけでもない。
 聞けば亡くなった男の師匠的存在であったという。
 普通、師匠というものは弟子が亡くなったら、無念で一杯になるところをこの男は何一つしゃべらない。
 ただ、丹丹と葬儀が進行されていくのを見ているだけだった。
 
 そのまま彼は何も言わず、とうとう出棺の時間になった。
 霊柩車が見えなくなるのを見送った後、猫背茶色い五分刈りの初老の男は自分の弟子に一言、こうつぶやいた。

「ダンカン……馬鹿野郎」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:302 人 文字数:446字
花がどんどん元気をなくしてゆく。しおしおとこうべを垂れた、名も知らないその花をじっと見ながら男はため息をひとつ。見渡せば、あたりはすっかり枯れた植物が倒れこんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森野いづみ お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:254 人 文字数:1132字
世界がまだ灰色だった時代です。 あるところに一人の魔法使いがおりました。 魔法使いは物凄い力を持っていましたが、全てのものから愚者だと罵られておりました。 あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最後の日 ※未完
作者:いぬ お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:745 人 文字数:1392字
段々雲が厚くなってくる空。どことなく慌しい町並み。 天気予報で明日は荒れるって言ってたせいかな? 一応私も確認はしてるけどそんなに大げさには捉えてなかったり。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の馬鹿 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:294 人 文字数:530字
彼は聡明な人だった。たぶん、私が知っている大人の誰よりも、色んな事が見えていて考えられる人だった。いつも優しい笑みを湛えていて、誰に対しても温厚に、柔和に接する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渡辺 浩平/watanabe kohe お題:ぐちゃぐちゃの汗 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:434字
あまりにも暑い春だった。NHKニュースでは百年に一度の異常気象だと見出しを立て、町の人々のコメントと共に熱中症対策を報道していた。映った一人が高校の同級生のよう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:鬼龍院asanuma お題:シンプルな妹 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:528字
誠は最後の問題で手が止まった。「607年、聖徳太子の命で遣隋使として隋に派遣されたのは誰か」 他の問題はすべて完璧なのに、それこそマニアックな知識問題も頭をひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:鋭い夏 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:628字
夏の夕日が胸を突き刺した。 ワイノはす、と背が高いので立ち上がると日時計のように地面に影が差す。 図書館の背中合わせに設置してあるベンチ、うまく座ると影が突き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:殺された狂気 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:897字
私の兄はバンドを組んでいました。 少しだけ私の話をします。少しだけというのは、少ししか話す内容がないからです。 私は平凡な人間です。高校生三年生で、両親と、七 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蘇芳淡 お題:免れた人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:617字
「うわぁ!?」 ──恐らく、丑三つ時くらい。僕はとてつもなく大きな揺れに思わず飛び起きた。「じ、地震……か? 何かめちゃくちゃでかかったけど」 握りしめていた携 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未来の背中 ※未完
作者:形成れい お題:不屈の食器 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:664字
名工、津崎は新たな作品を生み出そうと模索していた。 陶芸家として一時代を築き、名作を捏ね上げ続けてきたが、自身の最高傑作を超えることができないでいる。 一番の 〈続きを読む〉

すみやきの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:447 人 文字数:464字
朝起きると、私は螺旋の上に乗っていた。 いつものことだ。 私はいつも目覚めると螺旋の上にいて、ただひたすら人を待つ。 昔はもっと私のように螺旋に乗ってるやつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:353 人 文字数:504字
びしょ濡れなんてもんじゃなかった。 濡れる……というよりもう自分自身が水分になった気分。 ひたすら汚れた俺にとって久々のシャワーだ、なんて喜んだのは一瞬のこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:353 人 文字数:559字
「ドラえもーん。スネ夫が新しいゲームを買ってもらったんだって! 僕も新しいゲームが欲しいよー」「まーた、のび太くんはそんなことばかり言って! しょうがないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:右の洞窟 制限時間:15分 読者:384 人 文字数:613字
我々探検隊は今決断の時を迎えている。 左の洞窟に入るか、右の洞窟に入るかだ。 見た目は全くかわらない。同じような洞窟が2つ。おそらくこれは自然にできたものでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:403 人 文字数:695字
気がついたらびしょ濡れだった。 自分がびしょ濡れだと言うのに、なぜか全く寒くはなかった。逆に少し暖かいくらいだ。 周りを見渡すと真っ暗だった。ただ自分が生暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:赤い吐息 制限時間:15分 読者:443 人 文字数:707字
「はあ……今日も叱られちゃったよ。 だってしょうがないじゃん。 電話対応してて、不意にタメ語がでちゃうのだって。 別にこっちはわざとしてるわけじゃないんだからさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、悪役 制限時間:15分 読者:405 人 文字数:578字
僕は父親を亡くした。 見るも無残な姿だった。まだ物心がつくかつかないかという年齢だった僕もあの姿だけは忘れようとしても忘れられない。 父さんはワルモノに殺され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:332 人 文字数:281字
片目をつぶった男は葬儀に遅れてやってきた。 遅れてきたのにその男は悪びれる様子が一つもない。 仏を前にしても涙を流すわけでも、悲しみをこらえるわけでもない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:10の諦め 制限時間:15分 読者:395 人 文字数:690字
「ねえ、ねえ、もうああきらめようよー帰ろうよー。 絶対ないって絶対。ね? 人生あきらめが肝心。そう思わない? みんな! だってそうじゃん。もう、ずっと探してるけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:オレだよオレ、借金 制限時間:15分 読者:394 人 文字数:740字
「おい! いるのはわかってんだぞ」 やつは僕の部屋をひたすら叩く。「オレだよ。オレ。なあ、わかるよなあ。オレが来たら何をしなきゃいけないかがさあ!」 ドアを叩く 〈続きを読む〉