お題:彼と小雨 制限時間:15分 読者:466 人 文字数:902字

一期一会
 私が彼と出会ったのは、賑わいをとうになくし、雨音だけが響く、ふるびた元商店街の、錆びたシャッター街だった。

 私はそこで、迎えを待っていた。私は、高校へは徒歩で通学をしている。雨の日だって、こうして歩いて学校へ向かう健康優良児だ。
 しかしながら、今日は朝は晴れていた。おまけに遅刻ギリギリのお時間に目覚めてしまったから、大変だ。天気予報は当然ながら見ておらず、今日が夕方から雨だ、ということを知らずして、こうして、帰宅途中に突如降ってきたこの迷惑な雨が止むのを待っている。

 雨が止むか、家族が迎えに来るか。それまで待っていよう。
 そしてその潰れてしまったお店の前のひさしを借りて、私は雨宿りをしていた。

 そして、ほんの少し後のことだった。
 「彼」が来たのは。

「あら、大変……」
 自分もスカートや靴下がぐっしょりと濡れているのを知っておりながらも、思わず気を取られずにはいられず、私は既に多量に水分を含んでしまった、自分のタオルを絞り、彼にあてがう。
 彼は、頭から足先まで、びっしょりと雨に濡れていたが、本人は全然、それに構うことなどなく、遠くの空を見ていた。

「カゼひいちゃうわよ」
 当然のように返事はなく、彼は軽く身震いをする。寒いのかもしれない。
「もう……」
 勝手に体を拭き始めたが、彼は特に私を咎めるようなことはなかった。それどころか、振ってぬぐうその場所を、吹きやすいよう協力するかのように、体をよじる。
「ふふふ……」

 そして彼と戯れていると、聞きなれた車のエンジン音が近づいてきた。
「あんたね、一人でしゃがんで何しているの?」
 車が止まると、母が窓を開けて、私に話しかける。
「一人じゃないわ。ほら」
 彼のほうを指差すと、母は、ああ、と納得したようにため息をついた。

「犬は飼えないわよ」
「首輪ついてるもん、一緒に雨宿りしてただけよ」
 白い毛並みの彼は、私の顔を見上げて、心もとなそうにくぅん、と一声だけ鳴いた。
「ごめんね、また、会いましょ」


 数日後、また小雨がちらつく日に、我が家に小さなお客様が訪れたのは、また別のおはなしである。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:泥水 お題:彼と小雨 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:973字
私は天気予報で雨の確率が3割をきっていれば、折りたたみ傘を絶対に持っていく。それは小さなころからの習慣で、社会人になった今もそれは変わらない。今となってはましに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒猫 お題:彼と小雨 制限時間:15分 読者:134 人 文字数:524字
久々に会うというのに、その人は少し遅れるということだった。 おそらく急いで移動しているのだろう、メールの文面はただ一言、ごめん遅れる、とだけで簡素なもの。 変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼と小雨 制限時間:15分 読者:236 人 文字数:553字
終業のチャイムが鳴り響き、クラスメイトは帰り仕度を始めると順に教室を後にしていく。そんな私も雑多に鞄の中へ教科書を詰め込んでいたのだがふと窓の外に目を向けるとぽ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小雨の正午 ※未完
作者:匿名さん お題:彼と小雨 制限時間:15分 読者:196 人 文字数:554字
待ち合わせに選んだお店の店先。急に降り始めた雨を見上げながら傘を忘れた自分を少し呪う。幸い、まだ雨は小降りで店先のひさしを借りていれば濡れることはないだろう。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼と小雨 制限時間:15分 読者:160 人 文字数:863字
――その日を境に、街の紫陽花は枯れていった。 事の始まり…少なくとも私が認識している限りでは、それはきっと、街の中心にある神社に参拝しにいった時だっただろう。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼と小雨 必須要素:まいたけ 制限時間:15分 読者:144 人 文字数:619字
彼は雨が嫌いらしい。雨が降るといつも不機嫌そうに眉を顰め、私の話にもああ、とかうう、だとか空返事になる。低気圧で頭が痛くなったりすることがあるそうだが彼もそうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:早瀬六藻 お題:彼と小雨 必須要素:まいたけ 制限時間:15分 読者:179 人 文字数:562字
彼は小雨の振る日、まいたけが育つのを眺めていた。今朝、彼は自室から窓の外を見ていたのだが、そのとき窓の外の窓枠にまいたけが生えてることに気付いたのだ。何故か彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SKG@劇場版みすずちんエンタングル お題:彼と小雨 必須要素:まいたけ 制限時間:15分 読者:154 人 文字数:547字
彼はこんな小雨の日になるといつも待ち合わせの時間に遅れるのだ。結婚して早一年、今日はお互いの父母を呼んでの結婚記念日パーティーだというのに、とはいえ、鍋を囲んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ヒモ枝習作 ※未完
作者:匿名さん お題:彼と小雨 必須要素:まいたけ 制限時間:15分 読者:192 人 文字数:392字
真昼といえど、小雨が降る空は薄暗い。窓の外の街並みは晴れた日の彩度を失い、ごく小さくアスファルトを叩く雨粒の音に埋もれている。狛枝は雨の日特有の偏頭痛に掃除の手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼と小雨 必須要素:まいたけ 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:533字
aatariha あたりは薄暗く、街灯が照らす下には、しとしとと降り続ける雨が見える。早く行かなくちゃ。そう思った。傘を差し、急ぎ足で向かう場所は、暖かな場所。 〈続きを読む〉

幾山アカリの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:阿修羅探偵 制限時間:15分 読者:589 人 文字数:1678字
[ジャンル:現代?] 阿修羅という単語がある。 仏教やインド神話、様々な場所に出てくる単語だが、元来は神の一人の扱いであった。 しかし、徐々に「神に敵対するもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:生かされた運命 制限時間:15分 読者:547 人 文字数:1608字
[ジャンル:ファンタジー?] 生きている人間が、生き残った人間がするべきこととはなんだろうか。 僕は、焼け野原の中心に立ち尽くして考えた。 僕は、よくある田舎の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:いわゆる悪魔 制限時間:15分 読者:495 人 文字数:1656字
ジャンル:現代 さて、私の目の前にいるものはなんであろうか。 ……小学生の頃から、おまじないなどには興味があり、すきあらばそういったことにチャレンジしてきていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:純粋な夕飯 制限時間:15分 読者:788 人 文字数:1759字
ジャンル:現在 こんな異常な状況は、初めてだった。 そして、こんなにもマトモな食事は、久しぶりだった。----------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:魅惑の冤罪 制限時間:15分 読者:654 人 文字数:1656字
ジャンル: 私は罪を侵してなどいない。 燃えるような民衆の瞳、眼差しの集まるその頂点で、私は一人、佇んでいた。 私の後ろには十字架がある。 それは私の体を縛り付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:可愛い町 制限時間:15分 読者:1001 人 文字数:1889字
[ジャンル:ファンタジー] そこは、甘い町。 屋根はチョコレート、扉は砂糖菓子。 庭に生えている木はマシュマロで、その幹は飴でできている。 もちろんグミの実だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:誰かのつるつる 制限時間:1時間 読者:782 人 文字数:6395字
[ジャンル:ファンタジー] 私は冒険者だ。 世界中の遺跡や魔物が棲むという危険な洞窟、様々な場所を行き来してお宝を手にしてそれを売買することを生業としている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:君とクレジットカード 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:739 人 文字数:1824字
[ジャンル:現代] 使っても使っても、現金がなくならない。 そんな錯覚を覚えていた。 そんなわけがないのに、私はクレジットカードというものの罠にすっかりハマって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:思い出の雑踏 必須要素:文学フリマ 制限時間:15分 読者:803 人 文字数:1792字
[ジャンル:現代] 懐かしい思いを噛み締めながら、私は雑踏を歩く。 周りの人々は一様に、多少の差はあれどにこやかな笑顔だった。 手にわたあめを持ってはしゃぐ子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:幾山アカリ お題:今度の電撃 制限時間:15分 読者:997 人 文字数:1656字
[ジャンル:現代] ライトノベルという単語が出来たのはいつの頃だっただろうか。 それまで小説というのは小説という単語以外は存在しておらず、コラムだとか社説だとか 〈続きを読む〉