お題:刹那の即興小説 制限時間:15分 読者:301 人 文字数:548字
[削除]

オリオンの追憶
 空を見ていた。ただぼんやりと。
今日もつまらない一日だったなぁと、そんなことを思いながら夜空を見渡していた。
東京じゃそんなに星も見えないし、何より今の季節はもう寒いのだけれど、職業柄、目を酷使する僕にとっては目も心も休まる有難い時間だった。
白くなった息を目で追ってみると、オリオン座に行き着いた。日本においては冬の星空を代表する星座だ。
このところ急に寒くなって、最近は息が白くならない日がないぐらいだ。
「あっという間に冬なんだなぁ」
思わず声に出ていた。

 時の流れというのは無慈悲なもので、いつから僕はこの日常がつまらなくなったのか、思い出せなくなっていた。
たしかに楽しかったのは、今ではもう遠い日々のことだ。当時は世界は輝いて見えた。
今はもう、色あせてしまった世界。世界が変わったのか僕が変わったのか、そんなことを考えたこともあったけれど、多分どちらも正解なんだろうなと思ったとたんに思考を放棄した。
問題は僕がもう一度世界が輝いていると感じられるかどうかだったから、それを考えるのは本質じゃない。

 いつでもどこでもやっぱり星は綺麗だなと、そう思考とは関係ない結論付けで、視線を落とした。
 道の先は暗くてよく見えなかった。いつもどおり。

 今日もまた時計は回っていく。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:朽木満月 お題:刹那の即興小説 制限時間:15分 読者:306 人 文字数:344字
そこに車乗りがいるだろう?彼は車でいかに、早く走れるかを突き詰めるために生まれてきた。あそこにはスナイパーがおるじゃろう?いかに一瞬のタイミングを逃さずに獲物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:綺羅(キラ)@C84 1日目 東ノ41b お題:刹那の即興小説 制限時間:15分 読者:340 人 文字数:337字
「時は金なり」とよく言うが、「金は時なり」と言うことはまずない。それは、時を売買する手段がこの世には存在しないからであり、もし「時を売る」商売を確立することが出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葉月 お題:刹那の即興小説 制限時間:15分 読者:308 人 文字数:662字
かたかたとお題を見た瞬時に、頭の中で起承転結を組み立てようと思ったが、あんまりにもお題がむちゃくちゃすぎたので、とりあえず、打つことにした。 書きたい台詞から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヌッコロQ お題:刹那の即興小説 制限時間:15分 読者:337 人 文字数:867字
机に座りパソコンに向かう。コーヒーを忘れたのでコーヒーを淹れる。コーヒーが無ければパソコンと対峙できない。カフェインのもたらす没入感が絶対に欠かせない。台所へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なないろサイダー お題:刹那の即興小説 制限時間:1時間 読者:187 人 文字数:1565字
この男が無遠慮にもこの道場にやってきたのは一刻程前であっただろうか。媚茶色の着物を着たこの男は、門下の者ではない癖に堂々と入ってきては、道場の真ん中にでんと腰掛 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
バッドエンド ※未完
作者:水菜 お題:刹那の即興小説 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:741 人 文字数:2132字
俺は小説を書いています。毎日即興小説を書いています。嘘つきました、毎日ではありません、時々書いています。思い立ったら書いています。思いっ立った日というのは、大抵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小説かき ※未完
作者:存在 お題:刹那の即興小説 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:338 人 文字数:829字
白いマグカップの中でたゆたう茶色をのぞきこむ。紅茶の中から、どこか間抜けな私がのぞき返していた。ふう、と息を吹くと、ぶわぶわと世界がゆがみ、間抜けな私もかききえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日々野 暗黒日記くん お題:刹那の即興小説 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:378 人 文字数:374字
彼女は今日も窓際の席に座って何かを書き綴っている。僕は子供の頃から本が大好きで、小、中、高校とずっと図書委員だ。彼女のことは中学の頃から知っていた。当時から彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スー お題:刹那の即興小説 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:354 人 文字数:764字
一瞬。 たった一瞬のできごとだった。 ともすれば見逃し、何が起きたのかわからないままだっただろう。 だが、俺の目は捉えていた。 その一瞬。 刹那の瞬間に何が起 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:かぜの お題:ひねくれた警察官 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:298字
悪を捕らえ、悪をなくす。国の治安をよくする正義のヒーロー。 それが「警察官」。 しかし俺のやってきたことは何だったんだ。そう思う日々。職場に行き、書類をまとめ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:純粋な電撃 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:220字
トレーダーは、一秒未満の判断で勝負をする仕事だ。それを金融市場の開店から閉店までやり続ける。三十五歳が実質的な定年と言われている。 私が率いているディーリング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:日本式の勇者 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1547字
道の真ん中で人が倒れているのを見つけた。 倒れているのは老人で、しかも身なりがえらく悪い。匂いもかなりのものがあって、端的に言って浮浪者の類であるようだ。道行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かゆくなる薔薇 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:838字
薔薇は本数によって花言葉が変わるのを皆さんご存知だろうか?1本 「一目ぼれ」「あなたしかいない」2本 「この世界は二人だけ」3本 「愛しています」「告白」4本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かゆくなる薔薇 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字
ぶぅぅーーーーーーー・・・・・・大きな音が鳴り、辺りは暗くなる。どうやらここは舞台ホールらしい。こんなにも広いホールなのに観客は私だけのようだ。「またこの夢か・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かゆくなる薔薇 必須要素:コメディ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:499字
ムズムズ、ムズムズムズムズ。「ふぅ~、何だか変な感じがするな」人気者の青薔薇は頭を悩ませていた。「背中がムズムズするような。気のせいだろか」青薔薇はしばらく我慢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かは場所 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:661字
昔からよく見る夢がある。私はたぶん4、5歳で、小さい頃通っていた幼稚園でお迎えを待っている。とても天気良い日で季節はたぶん春。暖かい昼下がり、土いじりをしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:セクシーな冬 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:1092字
ふわりと雪が舞う深夜2時すぎ。僕は欠伸を噛み締めながら搬入された商品を捌いていた。夜勤のバイトはほとんど人がいない。寒さも、眠さも誰とも共有出来ずにのろのろとそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:苦い冤罪 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1909字
「このひと痴漢です」 ああ、終わった。 違うという否定の声より先に、その感慨が脳裏を巡り、反論をにぶらせた。 満員の通勤電車でもつれた舌がやっと紡いだ「ち、ちが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:たった一つの悲劇 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:386字
僕の人生を変えたのは、"ほんの些細な事"だった。そう、他者から見れば"ほんの些細な事"はどうしようもなく小さくて、吹けば飛んでしまうようなものかもしれない。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:怪しいお天気雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:814字
ぱらぱらと、天から水が降ってくる。その雨音は、次第に、激しいものになった。いわゆる天気雨というやつだ。晴れ渡った青空と不似合に、雨粒がこぼれ落ちてくる。すぐ止む 〈続きを読む〉