お題:刹那の即興小説 制限時間:15分 読者:249 人 文字数:548字
[削除]

オリオンの追憶
 空を見ていた。ただぼんやりと。
今日もつまらない一日だったなぁと、そんなことを思いながら夜空を見渡していた。
東京じゃそんなに星も見えないし、何より今の季節はもう寒いのだけれど、職業柄、目を酷使する僕にとっては目も心も休まる有難い時間だった。
白くなった息を目で追ってみると、オリオン座に行き着いた。日本においては冬の星空を代表する星座だ。
このところ急に寒くなって、最近は息が白くならない日がないぐらいだ。
「あっという間に冬なんだなぁ」
思わず声に出ていた。

 時の流れというのは無慈悲なもので、いつから僕はこの日常がつまらなくなったのか、思い出せなくなっていた。
たしかに楽しかったのは、今ではもう遠い日々のことだ。当時は世界は輝いて見えた。
今はもう、色あせてしまった世界。世界が変わったのか僕が変わったのか、そんなことを考えたこともあったけれど、多分どちらも正解なんだろうなと思ったとたんに思考を放棄した。
問題は僕がもう一度世界が輝いていると感じられるかどうかだったから、それを考えるのは本質じゃない。

 いつでもどこでもやっぱり星は綺麗だなと、そう思考とは関係ない結論付けで、視線を落とした。
 道の先は暗くてよく見えなかった。いつもどおり。

 今日もまた時計は回っていく。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:朽木満月 お題:刹那の即興小説 制限時間:15分 読者:266 人 文字数:344字
そこに車乗りがいるだろう?彼は車でいかに、早く走れるかを突き詰めるために生まれてきた。あそこにはスナイパーがおるじゃろう?いかに一瞬のタイミングを逃さずに獲物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:綺羅(キラ)@C84 1日目 東ノ41b お題:刹那の即興小説 制限時間:15分 読者:296 人 文字数:337字
「時は金なり」とよく言うが、「金は時なり」と言うことはまずない。それは、時を売買する手段がこの世には存在しないからであり、もし「時を売る」商売を確立することが出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葉月 お題:刹那の即興小説 制限時間:15分 読者:258 人 文字数:662字
かたかたとお題を見た瞬時に、頭の中で起承転結を組み立てようと思ったが、あんまりにもお題がむちゃくちゃすぎたので、とりあえず、打つことにした。 書きたい台詞から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヌッコロQ お題:刹那の即興小説 制限時間:15分 読者:291 人 文字数:867字
机に座りパソコンに向かう。コーヒーを忘れたのでコーヒーを淹れる。コーヒーが無ければパソコンと対峙できない。カフェインのもたらす没入感が絶対に欠かせない。台所へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なないろサイダー お題:刹那の即興小説 制限時間:1時間 読者:135 人 文字数:1565字
この男が無遠慮にもこの道場にやってきたのは一刻程前であっただろうか。媚茶色の着物を着たこの男は、門下の者ではない癖に堂々と入ってきては、道場の真ん中にでんと腰掛 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
バッドエンド ※未完
作者:水菜 お題:刹那の即興小説 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:673 人 文字数:2132字
俺は小説を書いています。毎日即興小説を書いています。嘘つきました、毎日ではありません、時々書いています。思い立ったら書いています。思いっ立った日というのは、大抵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小説かき ※未完
作者:存在 お題:刹那の即興小説 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:287 人 文字数:829字
白いマグカップの中でたゆたう茶色をのぞきこむ。紅茶の中から、どこか間抜けな私がのぞき返していた。ふう、と息を吹くと、ぶわぶわと世界がゆがみ、間抜けな私もかききえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日々野 暗黒日記くん お題:刹那の即興小説 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:326 人 文字数:374字
彼女は今日も窓際の席に座って何かを書き綴っている。僕は子供の頃から本が大好きで、小、中、高校とずっと図書委員だ。彼女のことは中学の頃から知っていた。当時から彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スー お題:刹那の即興小説 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:301 人 文字数:764字
一瞬。 たった一瞬のできごとだった。 ともすれば見逃し、何が起きたのかわからないままだっただろう。 だが、俺の目は捉えていた。 その一瞬。 刹那の瞬間に何が起 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:鋭い電撃 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1408字
最高裁判所は異例の速さでこの世の中がすべて間違いだったと認めた。すなわち、魔法使いの存在そのものが不適切で、赦されるべきではないと言うことになった。 それで、 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:これはペンですか?違うわ、それはロボット 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:434字
これはペンですか?これはペンです。 「そんな英語どこで使うの」と誰かが言っていたが、あれは文法を学ぶためにあるんじゃないだろうか。 実際使う機会は少ないだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:猫の友人 必須要素:ダイアモンド 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:586字
僕、そして君。──二人だけでいい。二人さえいれば、僕たちはどんなところだって生きていける。 今日だってそうだった。僕たちの世界を『奴ら』が壊して、汚していく。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い電撃 必須要素:長編の冒頭として書くこと 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:440字
──鋭い電撃 「──んぐぁっ!?」そして俺──虎ん布大酢気が見たのは、この渋谷にまるで似合わないスタンガンを持った男三人と、黒いダンプカーだった。⭐︎少しずつ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彼の毛皮 ※未完
作者:匿名さん お題:来年の狼 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:548字
コートは嫌いだ。来年のことを嫌でも考えてしまうから。ぽつりと呟いた彼はすでに隠すという行為の意味を見失っていた。来年という単語が意味するところを、その場にいた全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:箱の中のぷにぷに 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:468字
これは、なんだろう。自宅に帰った目の前に、謎の箱が置いてあった。何故こんな所に? 私は、一人暮らしをしている、社会人一年生だ。思った以上に過酷な仕事で、疲労が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小説家たちの魚 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:561字
音もなく池の中を泳いで、こちらに泳いでくる一匹の鯉がいる。水面から口をぱくぱくさせて、どうやら空腹のようだ。「おお、賢いなおまえは」「我々をちゃんと認識してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走るオンラインゲーム 必須要素:聖書 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:664字
開かれたページから光が溢れる。シュン、と軽い音を立てて、手にした本は元の古ぼけた聖書に戻った。同時に力が湧いてくる。臓腑の奥が熱くなり、血管を辿るように手足に力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつと螺旋 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:335字
疲れて休んでいた時だった、突然目の前に渦が生まれた。 やがて渦と思われたそれは徐々にこちらへと近づいてくる螺旋だとわかった。 私は混乱した、それが噂に聞いてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ちっちゃな壁 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:343字
「『饅頭怖い』って落語あるじゃん」「うん」「あれ、どうしてもいいように思えないんだよね」「なんで?」「あの話って怖がらせようとするから「饅頭が怖い」って言って饅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:闇の博物館 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:442字
入場料学生五百円という微妙に高いけれど、暇を潰して好奇心を満たすには程よい料金が、私がその博物館に興味をもった理由だ。窓口に人はいなくて自動券売機で入場券を買う 〈続きを読む〉