お題:免れたぬくもり 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:369 人 文字数:1045字

誤った選択
突然の出来事だった。
俺は、とある男に狙われている。
妄想などではない、本当に狙われているのだ。
遡れば30分ほど前……。

「おい」

「え?」

低い声で話しかけてきたのは、身長185センチ以上はあると思われる大男だった。
肩を握りしめられて、少しの痛みを感じた。
俺はただただ恐怖をしていた。
カツアゲの場合、今日下ろしたばかりの給料はどうなる?
クレジットカードは、キャッシュカードは……などと良くない方向へと考えがいってしまっていた。

「あの、なんですか……?」

「少し道を訪ねたいのだが」

俺はホッとした。
しかし、冒頭にも書いた通り、この油断こそが最大の誤ちだった。

「ああ、そうですか。私このあたり詳しいので、どこへ行きたいのですか?」

紳士的に対応することにした。
この町は、少し道が分かりにくく、一本曲がり角を間違えるだけで、反対側に出てしまうことがあったからだ。
この図体のデカイ男も、同じようにこの町の歩きにくさに参っていたのだろう。

「公園なんだ、有名な場所でな」

「公園?このあたりですと、こっちですかね」

教えるのも面倒なので、俺はこの男に案内することにした。



「ここですね」

生まれてから、ずっとこの町に居る俺にとっては眼をつぶってでもいける場所だった。
案内した所で、さっき男の言っていたことが気になり始めた。
有名なんだ、と。

「なんだ、お前もこの公園に用があるのか?案内してくれたってことは」

「え?」

「早く行こう、パートナーが欲しかったんだ」

何を言っているのかがさっぱりだった。

「ああ、早く直腸によぉ……」

直腸?この大男から直腸という言葉が出てきて、俺はゾッとした。
もしかしたら……。

この人は……。

やはり、今日の俺はどこか『ネガティブ』だったのだ。
察してからの俺は、行動が早かった。
俺は走った、しかし何故か大男も走りはじめた。
追いかけてきた、何故追いかけてくるのかが分からなかった。
俺にはこのあたりのことが分かっている、だから逃げるのはたやすいと思った。
だが、大男はその体格の通り運動能力においては俺をはるかに上回っていた。
火事場の馬鹿力。
まさに、全力疾走で俺は逃げて、逃げて……逃げ延びた。

感じたくもないぬくもりに俺は免れたのだ。

俺は息を整えて、ゆっくり歩き始めた。
もうあの公園には行かないことにしよう、そして大男に話しかけられても無視をしようと、俺は決心したのである。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れたぬくもり 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:298 人 文字数:752字
あなたのことが私は好きなの。彼女はそう言って僕に笑っていた。僕はそれを信じて彼女の事を愛したけれど、彼女は僕と同じ気持ちではどうやらなかったようだ。「あなたのこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トホホ工作員NTK お題:免れたぬくもり 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:664 人 文字数:719字
寒い。寒風吹きすさぶ、雪国である。しかも初めての土地である。なんでこんな所にいるのかというと、出張とか言う奴である。目の前に広がるのは、荒れに荒れた真冬の日本海 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゴハ お題:免れたぬくもり 制限時間:15分 読者:277 人 文字数:843字
不意に目が覚める。枕元の携帯電話を起こす。6時59分だった。目の前で、間もなく、7時になる。自動的にアラームが起動して、いつもの音楽が流れる。(なぜ人間は、とき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れたぬくもり 制限時間:15分 読者:269 人 文字数:374字
ひらり、と体を躱す。特に意識はしない動作だったが、拒否にも見えたかもしれない。あるいは。あるいは、実際に拒否だったのかもしれない。この時期の接触には、温もりより 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れたぬくもり 制限時間:15分 読者:277 人 文字数:729字
好き。という言葉にも2つの言葉がある。LikeとLoveだ。私はいわゆるLikeの方なのだろう。むしろ「愛してる」だったら困る訳だが抱かれたり、撫でられたり。実 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れたぬくもり 制限時間:15分 読者:264 人 文字数:757字
私は温もりと言う物が苦手だ。他人の体温を感じる事から始まり、仕舞いには太陽光の熱でさえ不快感を覚える始末。おかげで私は温もりと言う物をいまいち知らないのだ。私が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れたぬくもり 制限時間:15分 読者:376 人 文字数:675字
その手を何故振り払ったのか。私には分からなかった。何のことはない。ただ諸事情により、泣きそうだっただけである。泣くと言っても別に大したことではなくてちょっと上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚯蚓 お題:免れたぬくもり 制限時間:15分 読者:308 人 文字数:741字
15分で無茶ぶりなお題で小説を書けと言われた。しかも、お題は「免れたぬくもり」というなんだかパッと見でよくわからないお題でだ。一体こんなお題でどんな即興小説を書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:俺の天国 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:1165字
Now, are you a leisured person? I'm different. 今やそう、私は心にささやかな爆弾を抱えているのです。決して男なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
捕食寄生 ※未完
作者:匿名さん お題:昼の殺し屋 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:139 人 文字数:529字
今回の依頼人は、少し特殊な人の様だった。 ある人物を殺してほしい―—―ここに依頼に来る人物はいつもそう言って金を置いていく。 今回もいつも通りだとタカを括って 〈続きを読む〉

水菜の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:水菜 お題:黒い真実 制限時間:15分 読者:317 人 文字数:1472字
「なぁなぁ知ってる?」始まった。いつだって俺の唯一無二の友達であるこいつは、"都市伝説"の話をする時にこの切り出し方をする。もう慣れっ子だ。「お前がこれから話す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水菜 お題:ぐちゃぐちゃのパラダイス 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:15分 読者:534 人 文字数:1598字
「ちょっといいかな、目隠しして欲しいんだ」そういうと彼は、私に目隠しをさせた。少し不安だけども、私は彼のことを信用していたので、抵抗をしなかった。それに、彼は笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
バッドエンド ※未完
作者:水菜 お題:刹那の即興小説 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:661 人 文字数:2132字
俺は小説を書いています。毎日即興小説を書いています。嘘つきました、毎日ではありません、時々書いています。思い立ったら書いています。思いっ立った日というのは、大抵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水菜 お題:免れたぬくもり 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:369 人 文字数:1045字
突然の出来事だった。俺は、とある男に狙われている。妄想などではない、本当に狙われているのだ。遡れば30分ほど前……。「おい」「え?」低い声で話しかけてきたのは、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
本当のGoogle ※未完
作者:水菜 お題:嘘の弔い 必須要素:グーグル 制限時間:15分 読者:341 人 文字数:1542字
「悔しいか少年」俺は屈していた。目の前に立つ男は俺が恨み続けた男だ。しかし、どうあがいても勝てない。何故か、それは圧倒的な情報量だ。「ぐっ……」「お前は俺には勝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
嘘つき少年。 ※未完
作者:水菜 お題:嘘の事件 必須要素:iPhone 制限時間:15分 読者:334 人 文字数:1648字
「嘘ついたの?」女の子にそう言われた。俺は嘘なんてついたつもりは無かった。しかし、事が進むにつれて嘘をつかざるおえない状況になったんだ。罪悪感なんていうものはな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水菜 お題:せつない天国 必須要素:あげぽよ 制限時間:15分 読者:316 人 文字数:54字
「あげぽよ~wwwwww」「あ」「俺」「死んでた、けど天国だからあげぽよ~wwwww」終わり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水菜 お題:闇のいたずら 制限時間:15分 読者:329 人 文字数:1464字
そこには小さな子供が居ました。子供はただただ立っているだけでした。何故そこに立っているのでしょうか、それは子供にも分かりません。子供が立っているのは暗闇の中でし 〈続きを読む〉