お題:限りなく透明に近い男祭り! 制限時間:1時間 読者:1079 人 文字数:1376字

hellsing(ワイルドギース)
 実はライフルによる遠距離射撃は女性の方が向いている。癖が直しやすいからだ。実際ロシア――ソヴィエト連邦時代には女性スナイパー(ソナイベル)が多かったのは有名な話だ。
 所がどっこい、今は如何だ。激しくドンパチやっている相手にも自分側にも女の『お』の字も出てきやしない。
「何てまあつまらん事でしょうね」
 ジャムが多いM92Fの手入れをしながら(物資は限られている、大切に!)ベルナドットは嘆く。
「これで相手方に美人女性兵がいたのならば、あっちゅう間に殲滅して、『君がいるべき所はここじゃないだろう、俺の腕の中だ』とか何とか言えるのによう」
 それに参謀役のコンラッドが、
「言っていて脳味噌痒くなりませんか」
「何でだよ」
「ああじゃ、もう脳味噌喰われて空っぽなんですねそのヘルメットの下にある物」
 お前それが隊長に対する態度かよとアーマー・プレート(PCWC)装着し直していたコンラッドの背中を蹴り飛ばす。
「だから隊長、さっさと仕事終わらせましょうや」
 横合いから部下の一人が口を出す。
「俺もこんなむさ苦しい『どきっ!男ばかりの戦争祭り!手榴弾(パイナップル)ぽろりもあるよ!』とはオサラバしたいんですから」
「だったら敵の御大将に言えよ!」
 まるで駄々っ子のようにベルナドットは腕を振り回し怒鳴る。幾等弾入っていないからって銃振り回すのはルール違反ですよ、何人かの部下がブーイング。
「奴さんが出てこないからそっ首掻き切って終わらせられないんだろうが!」
「雇用主のお国の方からは『まだ陥落出来んのか』と言われていますけどね」
 アーマー・プレートを装着し直し、涼しい声でコンラッドが言う。アーマー・プレートも年季が入ってかなり瑕だらけ埃だらけだ。けっ、砂混じりの唾をベルナドットは吐く。
「だったら言っている奴等が前線出て来いよ。無能な上官が『謎の流れ弾』で良く死ぬって事が戦場では良く起きるって事身に沁みさせろよ」
 すると部下全員がベルナドットの顔をまじまじ見つめた。見つめられた方は隻眼を眇め、
「言いたい事あるなら言えよ」
「いえ」コンラッドが口を開いた「女性、女性と喚いているけど、隊長がこの内戦終わらせられていざ本命の戦いは敗北連戦って事にならないなと良いなと言う部下の暖かい真心で」
「だったら手前等、もっと優しい顔しろ!」
 いやああれはねぇ、ナンパ通り越してただのセクハラだしよ、見ていて気の毒になってくる、口説きならドライデンがが最高なんだから教えてやれよとまこと上司への想いがモロに出た囁きがさわさわ、さわさわと。
「だーっもうお前等!!Vate al infierno!Allez en enffer!Go to hell!クタバレ!」
「無駄に同じ意味の罵倒を複数言語で言わんといてください」
 コンラッドが冷静に突っ込みをした時、マンパック型無線機から声がした。如何やら一個団体が潜んでいる地区が近場にあるらしい。それを殲滅せよと。ったく、言うだけは簡単だよな、こちらは安月給で扱き使われているって言うのによ。
「よっしゃ、お前等、祭りだ祭りー。準備しろ、移動すっぞ」
 あいよー。部下達はそれに応じる。
 さあ祭りが始まる、男ばかりの、粉塵と爆煙と命が無造作に放り投げられる益体も無い祭りが。



作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:くのう お題:限りなく透明に近い男祭り! 制限時間:1時間 読者:662 人 文字数:2195字
12月も半ばに入り、身を切るような寒さを感じられるようになった頃。私のいる町ではある祭りが開催される。 とても騒がしい祭りでまだ小さかった頃の私はその迫力と大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:上一つー お題:限りなく透明に近い男祭り! 制限時間:1時間 読者:737 人 文字数:1471字
青空より少し濃い目の法被はおろしたてだ。使うのは年に一度のみだが、成長期の少年に三百六十五日の猶予が与えられれば服はすぐにきつくなる。突然の出費に母親ははじめこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:猫舌菜雲 お題:限りなく透明に近い男祭り! 制限時間:1時間 読者:383 人 文字数:6203字
僕が小さい頃、父さんとワカサギ釣りに行ったんだ。 ある、晴れた春の日、とてもぽかぽかと暖かい日差しが表情に反射して、キラキラと氷の粒が風に舞っていた。 例年な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れた性格 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1437字
僕の住んでる町は日本人の誰が見ても全ての人が口を揃えて、ど田舎と答えるだろう。この頃コンビニという建物が、都会には少し歩けばすぐ見つかり、そこで必要なものを買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:君の潮風 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1855字
葉桜の並木道をタナカは自転車で駆け抜ける。裏にあたる校門を飛び出し左折。家は右折して10分の所にある。少し走ると海岸沿いに着いた。それをまっすぐ走り抜ける。所 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻の吐息 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:1068字
雪がはらはらと舞い落ちていく。もう季節は12月。寒くて寒くてしょうがない。私は仕事を終え、缶コーヒーを飲みながら人を待っていた。指定された場所が公園。本当は暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黄身鳥 お題:計算ずくめの「うりゃぁ!」 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:3987字
「ちがう! お前の叫び声には魂がこもってねえんだよ! もっと! お前の中の熱い何かを呼び覚ませよ!」 先輩の怒号が響く。 俺は下っ端スーツアクターだ。大学のバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:意外!それは惑星 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:1544字
世の中、そうそう予想外の出来事というのは起こらないものだ。 仮に起こったと感じても、それは自分にとって“都合の悪い”展開になったというだけの事で、決して予想で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:残念な海辺 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1764字
「あちゃーこれは失敗したな」 夏。カンカン照りの中、タナカとヤマダは海水浴場の駐車場へ車を停めるところだ。幸い車は停められたが、助手席から降りたところでタナカは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イグモ@小説 お題:高貴な小説訓練 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1208字
起 何をやってもすぐに飽きてしまうお嬢様が小説の訓練を始める承 屋敷の者は誰も小説の書き方を知らない転 小説にハマったお嬢様が屋敷の者に小説を教え始める結 お屋 〈続きを読む〉

ポンコツ藍天色の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ポンコツ藍天色 お題:灰色の真実 制限時間:1時間 読者:950 人 文字数:1123字
何時だって明瞭にされない。それが現実。拭っても拭っても自分の手が汚れるばかりで視界はもやもやと晴れない。それが警察機構。ならば如何すれば良い?……叩き割るだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ポンコツ藍天色 お題:裏切りの不動産 制限時間:15分 読者:841 人 文字数:552字
それは無論、大学の安く近いに越した事はないけれども賢吾が受ける大学がセンター推薦がないのが災いし、良いアパートやマンションは全部他の大学の推薦組みやAO入試組 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ポンコツ藍天色 お題:簡単な凡人 制限時間:1時間 読者:2317 人 文字数:1211字
己は凡人である。三合会の参謀役である張維新は理解している。確かにロアナプラと言う最低と最悪と俗悪とありとあらゆる犯罪を煮詰めた街で香港のトップを務めていられる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ポンコツ藍天色 お題:昔の民話 制限時間:30分 読者:938 人 文字数:1067字
昔、この国には『四季』があったのだと言う。春夏秋冬、大きく分けて四つの季節が巡れ繰り返されたと。 今、そんなものはこの国には無い。ただあるのは永遠の夏だけ。真 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ポンコツ藍天色 お題:元気な食事 制限時間:15分 読者:3059 人 文字数:525字
彼女は何時も元気良く『いただきます!』と言ってから食べ始める。あれこれ一気に料理を頼むから、鳥皿には常に料理が乗っていて、箸の動きも早い。忙しい食べ方だ、職業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ポンコツ藍天色 お題:限りなく透明に近い男祭り! 制限時間:1時間 読者:1079 人 文字数:1376字
実はライフルによる遠距離射撃は女性の方が向いている。癖が直しやすいからだ。実際ロシア――ソヴィエト連邦時代には女性スナイパー(ソナイベル)が多かったのは有名な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ポンコツ藍天色 お題:僕が愛した税理士 制限時間:1時間 読者:1006 人 文字数:1678字
鳴海亜樹子曰く、『本当の師走は2月にやってくる』らしい。つまり確定申告、青色申告の時期なのである。 彼女からしてみると「お父さんの代だってマツさんがいなくなっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ポンコツ藍天色 お題:愛の踊り 制限時間:1時間 読者:932 人 文字数:1182字
求愛のダンスをいじましくしている蝶の姿をベルナドットは眺める。名も知らぬ青い綺麗な蝶だ。雌の方は地味な茶色だ。 こんな瓦解した街でも愛を育もうとする根性が凄い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ポンコツ藍天色 お題:コーヒーと四肢切断 制限時間:1時間 読者:1537 人 文字数:1639字
「ダルマ女の都市伝説って知っているかい?」 そう馬鹿な問い掛けをしてきたのはあの何を考えているか判らなさはファースト並みのフィフスだった。アスカは顔を顰める。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ポンコツ藍天色 お題:免れた克服 制限時間:1時間 読者:826 人 文字数:1428字
人を喪う事程恐ろしいものはないんだ。少年は最初、その意味が判らなかった、自分を連れ出した人が眼の前で逝き、それに泣いて縋る彼の姿を見ても何も感じなかった。地球 〈続きを読む〉