お題:悲観的なヒーロー 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1070字

最後下ネタじゃないです
知り合いに一人ヒーローがいるんだけど、悲観的だ。
「ああ、怖い。死ぬ、次は死ぬかもしれない」
っていう感じで悲観的。これが悲観的かどうか私には正確なところはわからないけども、でもまあとにかくネガティブ?ネガティブって多分悲観的っていう意味合いも含めているよね?

ちなみに私もネガティブだけども、でも他人にそんなネガティブなことを言ったり口に出したりはしない。だって嫌がられるじゃん。それに私のネガティブは私だけのものだから。人にあげようとは思わない。それがお話のネタになることがようようあるし。即興バトルとかで火種として使えるし。

「怖い、いきなりスーツが壊れたりしたらどうしよう」
その知り合いは会うとそんなことを言ってくる。ネガティブを口に出して、それを空気中にばらまいて、霧散させようとしているように私には見える。濃度を少しでも薄めようとしているように感じられる。でもそうなると他の人も酸素と一緒にそれを吸い込んでしまう。

私はため込み型。ため込んで、それを何かどこかで使えないかと狙っている。

彼は放出型。で、おそらくだけど、ネガティブって最初はみんな放出型だったと思う。もちろん私も放出してたけど、でもそれが高じて他人から嫌がられたからため込み型になった。人はそういう告白を受け付けないようにできているらしい。私の場合はそれをお話にしているが、お話にするとそこに一個フィクションっていうのが噛むから、それがいいらしい。

リアルな告白は好まれないようだ。教会の告白室にでも行ってこいみたいな感じがあるのかもしれない。

そう考えると、今でもナチュラルに、
「怖いいよお。腕とかちぎられたらどうしよう」
って、常に放出している彼はすごいと思う。

私がたまたま、そういうのも全部ため込んで、お話にしてポイ投げしているからいいようなものの、私だってこういうことをしてなかったら嫌に違いないだろうな。

「毒とか注入されて、泡とか拭いて死ぬの怖いよお」
何でヒーローになったんだろう?この人。

ある日いつものように告白を受けている最中そんなことを思った。

で、後日知り合いに遠回しに彼の事どう?

って聞いてみたら、

「彼かっこいいよねえ。いっつも自信がある感じでいるし、立ち振る舞いがかっこいい」
って言われて、

え?マジで?ってなった。

もしかして彼のあの態度は私の前だけ?

えええええwww?

草生える。

一人になってからにやにやが止まらない。

そんでテンション上がって魚肉ソーセージを食べたりした。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:壊れかけの喪失 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:649字
人間が失うことを失って、久しい。 まずさいしょに人間は、感情を失った。ソーセージがおいしくて喜ばしい。蛸さんウインナーの足が四本しかなくて怒りを覚える。ひっく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【読書家Vtuber】書三代ガクト お題:生かされた食事 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:744字
食事はコスパが悪い。そう独りごちながら目の前の皿を眺めた。真っ白な陶器の上に、真っ赤なソーセージ。生々しい色に吐き気を感じて、目をそらす。隣で楽しそうに笑うサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:忘れたい笑い声 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:283字
ソーセージが嫌いだ。幼い頃の僕の家はとても貧しくて、ソーセージはご馳走だった。一噛みすれば口内に肉汁が溢れるそれは、僕が口にできる数少ない肉料理だった。夕飯にた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
カラスの朝 ※未完
作者:青木 誠 お題:免れたカラス 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:316字
アスファルトの上。一本のソーセージが、湯気を立てながら横たわっていた。道端に、ソーセージ。どうも普通は見ることのない組み合わせであるし、それが道路に至った経緯も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:nur155 お題:たった一つの悪 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:525字
「あ、またお弁当忘れた!」私は、忘れ物の多い子供だ。毎日、忘れ物をしている。今日はお弁当、昨日は傘、一昨日は書道セット。1年中忘れ物をする。学校が始まってから、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めてのこだわり 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:1字

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:フニャフニャのサラリーマン 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:1354字
バイトで通っていたソーセージ工場が原因不明の事故で爆発した。魚肉ペーストが飛び散った町内は、腐敗した加工前の魚肉の匂いと、それにむらがる多量の害虫、それらを複 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エノモト ルイ(過去の残滓) お題:漆黒の闇に包まれし使命 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:1392字
朝、泊めてもらった彼の家から出発して、どれくらいバイクを走らせただろうか。 昨晩は随分と夜遅くまでダラダラと夜更かししてしまった為、随分と眠たい。 このままで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:朝野欠月 お題:鈍い借金 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:919字
「今日は三百円」子供には毎日毎日溜まっていく借金があった。物心ついたときからだった。いつか返せるように、いつか返すんだ。そう思って、すくすく育っていった。 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:evening お題:昨日のつるつる 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:137 人 文字数:1801字
ドイツの食べ物といえば? ――ソーセージ、キャベツ、ジャガイモ、バウムクーヘン、ビール。 母方のおじいちゃんがドイツ人、というあたしでさえもこのステレオタイプ 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:振り向けばそこにいたずら 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1090字
今にして思えば、子供のころは多少なりとも無理をしていたのかもしれないと思う。人付き合いとか、元気さとか、子供ってそういうもんだと思っていたが、やはり今の生活の自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:青い幻覚 必須要素:1000字以内 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1286字
白黒写真の中に一部だけ色がついてるのがあるじゃない?ああいうのかっこいいよねって思っていたら、自分の視覚がそういう事になって、そういう事じゃない。ってなった。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:今年の私 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1041字
トドの話が書きたくなったが、実際のトドを見た事が無い。「日本だったらどこで会えるんだろう?」検索してみると北海道と出た。北海道の水族館にいるらしい。ショーも見れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:贖罪の抜け毛 必須要素:美容整形 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1149字
ちょっと美容整形に手を出して、鼻を高くしたら、「お前何してんだ、この野郎!」ってなんか天から怒号が聞こえてきて、「これから先お前の人生贖罪の人生な」って言われて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:楽しかったパラダイス 必須要素:やかん 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:875字
ちょっとしたバカンスに異世界に行った。ロンバケ。ちなみにバカンスに異世界を選んだのは、地球はどこに行っても人がいるだろうなと思ったためでもあるし、秘境と呼ばれる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ドイツ式の同性愛 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1081字
愛に国境はないらしいが、妖怪に告白されたのは初めての事だった。家に帰っている途中突然前方に壁が出現して、それがなんとぬりかべだった。しかも私と同じ性別だった。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:つらい祖父 必須要素:節分豆 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1075字
祖父は戦争で死んだため、私は会った事が無い。仏壇のサイドの天井の近くに白黒写真があって、私はそれを見て育った。詳しくは知らないが、戦争に行くときの姿のように見え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:とてつもない傑作 必須要素:イヤホン 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1087字
マナー違反かとは思うが、散歩するときイヤホンをつけて散歩する場合がある。外で耳をふさいで歩くということがどれほどに危険な行為か、屋外にはスマホを見ながら自転車を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:夜と冬休み 必須要素:ニュース 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:1874字 評価:0人
足元からざくざくと音がする。雪を踏みしめる音だ。あたりは一面の雪面。雪の上には自分の足跡しかない。昨日の昼から雪が降っていた。上り坂には誰の足跡もない。人も車も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:メジャーな祖父 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1067字
昔だったら近所のうわさの種、人々の貴重な時間の利用のされ方をしていたであろう、痴呆やらアルツハイマーやらに関する症状の類も、昨今だいぶ脚光を浴びて不可思議やら摩 〈続きを読む〉