お題:神の許し 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:179字
[削除]

禁忌 ※未完
 国を治める教会から国民へ、あるお触れが下された。
『本日○月○日より翌日の同時刻まで、あらゆる行為を神の名の許に是とする』
 最初、国民は困惑した。教会はこれまで法で以て彼らの生活を縛り付けてきた。そんな中での突然の方針転換だった。
 しかし、ある一人が禁忌とされていた行動をとった。道の中央の歩行。そのことに対して衛兵が何の動きも見せないを知った国民は、
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:のら お題:神の許し 必須要素:夏目漱石 制限時間:15分 読者:293 人 文字数:1257字
「ヒロインに魅力がありませんね」 ほら来たぞ、それだよ、それ。と、彼は思った。目の前の担当編集者さまは良い学校を出てらっしゃるので、だからまあどうと言う事も無い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モフモフうさぎ お題:君と俺 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1920字
覚えているだろうか? 君と俺が昔、仲が良かった時のことを。 いや、覚えていなくても良い。むしろ覚えていないことのほうが自然だ。 女は別れた相手のことをさっさと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モフモフうさぎ お題:楽しい正月 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1859字
新正月朗は楽しい男として有名だった。 彼はいつも明るい男だった。苗字の「新正」の「正」と名前の「月朗」の「月」が、フルネームだと「正月」に見えるので、友達は彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:でぴょん お題:宗教上の理由で祝福 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:735字
ガタハタ様。日本のある田舎町で奉られている守り神である。一年間に一度ガタハタ様を祝うお祭りか商店街主導開かれ、屋台や花火など祭りを賑やかす出し物も存分に行われ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モフモフうさぎ お題:煙草と嘘 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1960字
――これは偽物の煙草なんだ。だから体に良い。 そう言って彼は煙草を吸っていた。「煙草に偽物も本物もあるものか」と私は思っていたが、それを顔にも口にも出さずニコニ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:でぴょん お題:もしかして紳士 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:759字
ある変態がいた。その男は極度の学生服フェチで「街中で中学か高校の制服を着て歩いている女子は裸で歩いているのと変わらん」と友人に言い張る程の強者であった。だが変 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さとりっく お題:簡単なダイエット 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:634字
私が視界に入れるのがいやになるぐらい、ものの見事にでっぷりと太っていた父親が、最近話しかけてもいいかぐらいには痩せ始めた。老いるとはなんとも恐ろしいことですねと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モフモフうさぎ お題:光のカリスマ 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1482字
全世界の富の半分を所有すると噂される超巨大ネット通販その他サイトの創業者にして国際的コングロマリットの会長・ジャスティン猿渡は「光のカリスマ」として知られてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:でぴょん お題:光のカリスマ 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:773字
蝋燭が灯り石造りで囲まれた不気味な部屋に日本人男子である泰弘は召喚された。宇宙に無限にある異世界に召喚された泰弘は辺りをきょろきょろと見回し「ようやく俺が活躍 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おゆみ お題:彼女が愛した奈落 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:453字
雨が降った。傘をもって家を出る。覚悟していた蒸し暑さはなく雨の音に相応しい涼しさがあった。もて余した茫漠とした時間をもて余しやることがないなら出てしまえと家を出 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
なし崩し ※未完
作者:匿名さん お題:君と俺 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:711字
「俺たちってどんな関係?」 尋ねてみたが、どうせ答えは返ってこないだろう。なにせ俺にとって一番答えに困る質問だ。「別にいいんじゃない、どっちでも」 案の定、気の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:煙草と恋 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:357字
日々募る息苦しさとつらさに耐えきれなくなり、友人に電話を掛けた。今電話して大丈夫?と尋ねると、『タバコ吸おうとしてたんだけど』と返事が返ってくる。それでも友人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこいい体 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:416字
ゴーレム技師の友人の工房で、最新型のゴーレムを見せてもらった帰り。錬金術師の親友はひどく機嫌が悪かった。「ゴーレムが人間の作り出した中で最も役に立つ最高の創造 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:かっこいい体 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:201字
昔からバッキバキの筋肉と言うものに憧れがあった。とりあえず、腹筋を割ってみたい。結局今までぷにぷにのお腹のままなのだ。「ふおおお…………ふんっ」 やる気満々で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
壊れた無駄口 ※未完
作者:匿名さん お題:初めての言い訳 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:1210字
目の前に死に体の人間が転がっている。周りは血の海。多少まだ動きはあるものの、この状態では到底助かりそうにない。 手には血のついたナイフが握られている。すぐ近く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:苦し紛れの幻覚 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:851字
耳を塞ぐと、周りの音が聞こえなくなる代わりに、ぼーっというなんだか不思議な音が聞こえるようになる。それがなんでか分からないから、僕は何度も耳を塞いだ。 後にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あきれた口 必須要素: 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:260字
そこにある液体を飲んでください。中身は片方が水、もう片方が 酢 となります。匂いはしません。もし、これを飲み干さななかった場合は罰ゲームとなります。尚、制限時間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:静かな君 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:380字
清らかな水がこんこんと溢れ出す。木々に囲まれた泉は今日も透き通った青色で満たされている。 そんな泉の前で膝をつく青年。彼の目線の先にいたのは一人の美しい女性。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:消えた秘部 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:317字
「私には黒歴史があってな……」「うんうん、それで?」 今も十分未来の自分からしたら黒歴史じゃないのかな、と思いながら、口調が若干古い友人の言葉を待った。「……… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄金の小説 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:2時間 読者:18 人 文字数:1843字
大変なものと居合わせている。「黄金の小説」である。己の人生の中で、一冊出会えるかどうか、というあの黄金の小説である。反して、現在の私自身は「駄作」それもだしうる 〈続きを読む〉