お題:死にかけの整形 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:442字
[削除]

※未完
夜の真っ只中僕は木片を集めたバラック小屋に立てこもっていた。
開拓者:「どうしよう…昼の時間にとった豚肉では腹が持たない…」
夜にゾンビが徘徊するこの世界では人間は無力な存在になる。
開拓者はこうしているうちにも腹が減って死にそうなので"狩り"に出かけることにした。
開拓者:「ゾンビが近くにいませんように…」
幸いにもゾンビはいなかった。
僕は近くにある洞穴から石炭をとるために歩き出した。
夜は深く、全く前が見えない。ゾンビはおろか洞穴さえどこにあるかわからない。
とりあえず進むしかないので進んでみることにした。
開拓者:「何も見えないなぁ…」
と思ったその瞬間、、
バヒューン!!
何かが爆発した音がした。
それと同時に察しがついた。
開拓者:「やばいっ!やつだ!」
頭ではわかっているのに思わず叫ぶ
地形がめちゃくちゃになっていて、自分を守る場所さえ無かった。
とりあえず今は地形を直さなくては自分が死んでしまう…!!
開拓者は必死になって整地するもやつは近づいてくる…!!
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:情熱的な男祭り! 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:971字
数年前になるが、ボブ・サップが流行った時期がある。まあ今もいるだろうし、たまに見るといい人そうだなって印象ですけども、ただとにかくその当時私が印象的だったのは、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:酒井Pは物書きモドキ お題:バイオ百合 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:773字
「私と付き合いなさい」「嫌ですけど」 先輩風の女子生徒が放った渾身の告白を、後輩風の少女は軽く受け流した。 その様子はあまりにも見事であり、責任受け流し選手権の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:死にぞこないの境界 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1065字
冷凍庫にうどんを常備しており、日ごろからよく食べている。家の近くにはなまるうどんやら丸亀製麺でもあれば、そういうこともしないのかもしれないけども、でもないので、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鯛焼さとかず☀️ お題:少女の私 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:625字
幼い頃、よく可笑しな夢を見た。怪獣に襲われたり、教室を泳いだり。そんな荒唐無稽なお話ばかりだった。 その中で私がよく見ていたのは、豚肉に乗って海を渡る夢。 い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:淡い勝利 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1074字
他人への罵声の一つに「豚があ!」っていうのがあるが、あれはあまり適した言葉ではないと思う。まず豚じゃないし。豚に対してそのようなセリフを吐くのは間違いじゃないけ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
一時 ※未完
作者:水來 お題:小説家のキス 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:421字
日が暮れ繁華街が騒がしくなる頃、俺は原稿が上がったばかりだからというそいつと2人で飲みに来ていた。「やっぱり豚肉より牛肉よね~」そう酒を飲みながらいう彼女の頬は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:R お題:君の極刑 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:468字
学食は混みあっていた。人が立ったり座ったり、動いたり止まっていたり。建物にこもる音、人波が苦手な私は、開け放たれた両開きドアの前で立ちすくんでいた。私の脇をすり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:灰色の魔法使い 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:449字
突然僕の目の前に現れた少年はこう言った。「僕は魔法使いだ」と。なんでも、彼は炎を出したり氷を出したり傷を癒したり、そんな魔法は一切使うことができないらしい。そん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:M氏 お題:求めていたのは小説 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:519字
代わり映えのしない毎日を過ごすなかで数少ない楽しみのひとつが、料理だ。おとといは休日だったので、豚の角煮を作った。昨日はしゃぶしゃぶ。今日は豚の生姜焼き。明日は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
闇の水 ※未完
作者:むぢから お題:闇の水 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:459字
幼い頃の事。幼馴染が病に伏した。医者も手を尽くしたがどうにもならず、教会の神父様でもどうにもならなかった。幼馴染が大好きだった私は、言い伝えをすがるように信じて 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れた性格 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1437字
僕の住んでる町は日本人の誰が見ても全ての人が口を揃えて、ど田舎と答えるだろう。この頃コンビニという建物が、都会には少し歩けばすぐ見つかり、そこで必要なものを買い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
私の湖 ※未完
作者:匿名さん お題:最後の湖 必須要素:扇風機 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:502字
私の見たかった湖はここにある。あの人はそう言って、私の目を覗き込むと満足そうに微笑んで、この世を去った。おいで、いずみ。今日は絵本を読もうか。果てのない旅に出た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
フラット ※未完
作者:匿名さん お題:恥ずかしいロボット 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:589字
まっ白な、工場の無菌室。最上級の清潔さが保たれたその部屋に、一体のロボットが安置されている。「……またか」 宮里は何度目ともしれないため息を漏らす。 他のロボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恋の闇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:252字
恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:人妻の吐息 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:1068字
雪がはらはらと舞い落ちていく。もう季節は12月。寒くて寒くてしょうがない。私は仕事を終え、缶コーヒーを飲みながら人を待っていた。指定された場所が公園。本当は暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
屋根裏 ※未完
作者:匿名さん お題:トカゲの悲劇 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:691字
この家に住み着いてから、今日でちょうど2年が過ぎようとしている。家、と言ってはみたが、実際に俺が住んでいるのはホコリにまみれた、薄暗い屋根裏部屋だ。そこで2年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
火の元商事 ※未完
作者:匿名さん お題:騙された川 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:404字
「本当によいんですか?」「ええ、私共も子供が大好きでしてね。是非とも協力させていただきたい」 柔和な笑みを浮かべる社長。初めて顔を合わせた時は警戒心を抱いたが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
乾ガラス ※未完
作者:匿名さん お題:早い妄想 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:299字
四畳半のこの部屋は、どこかの熱帯雨林の様に湿り気を帯びていた。実際に熱帯雨林に行ったことがあるわけではないが、そう感じた。 こんな日は、酷く諧謔的になる。 カ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:阿修羅抜け毛 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:283字
妻が「もう耐えられない」出て行ってしまった。もうすぐ銀婚式で、お祝い用に高級レストランだって予約したのに。 彼女が一体何に「もう耐えられない」と言ったのか、な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと消しゴム 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:550字
「拙者が運転者です。では授業を始めます」晋平太講師による効果的ボディタッチ実践の講義はこの学科の人気授業だ。受講している生徒は帽子を逆さに被っている人が多かった 〈続きを読む〉