お題:見知らぬオンラインゲーム 必須要素: 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1254字

蝉とオンラインゲーム
私の仕事、ですか。所謂なんでも屋、といった所でしょうか。格好良く言うと『よろず屋』なんて言ったりもするそうです。なぜ私がこのような仕事をしているかといいますと…何でだと思います?何でなんでしょうね?これでもまがりなりにも大学は出ておりますし、言われた事は大体こなせるので、さぞや企業に引く手あまただと思うのですが、何故か落とされるんですよねぇ私…。そんな私が唯一面接で受かったのがここなんです。さて、今日の依頼はと申しますと、
『オンラインゲームをクリアするのを手伝って欲しい。』との事でした。そして、期間は7日間。…どうやらよほどの暇人または世間で言う所の『廃人』というやつでしょう。…いや、『廃人』ではなさそうです。だって曰く『オンラインゲーム』には大体『クリア』という概念はありませんし。私にとって見知らぬオンラインゲームですが、まぁ良いでしょう。オンラインゲームなんてだいたいおんなじようなもんで、だいたいおんなじ様に簡単ですし。
「いやー!!!助かった助かった!!!さ、さっそくやろう!金ならあるし!!!!!早くルルカちゃんに会いに行こうぜ!!!!!!」
たかが1GBにも充たぬデータに魂を奪われてしまったらしい依頼人は、見るからに頭の軽そうな若者でした。頭の中身も軽そうですが、頭髪自体も明るく軽そうな茶髪です。
規約違反があっては困るので、一応オンラインゲームにはクリアの概念が無いという事を伝えておきます。それを聞くと彼は少しだけ悲しそうな顔をしましたが、
「じゃあいいや!!今からできる限りルルカちゃんの出るイベントやっからそれ手伝って!!!!」
と、フットワークも軽くやかましく切り替えました。
それからの私の活躍といったら、なんと素晴らしかった事でしょう!依頼人はゲームの腕は素人以下と言っても過言じゃありませんでした。あれでは生まれたての赤子にプレイさせた方がまだマシといった所です。
私達は、食事・睡眠・排泄etc…の他はほぼ画面にかじりついていました。

「やー良かった良かった!!!!!ルルカちゃんはやっぱし最高だなあ!!!!!!そんでルルカちゃんの冒険はまだ続く訳っしょ!!?やべーじゃん!!!!!いやーよろず屋さんもほんとあんがとー!!俺、一生…いや、生まれ変わってもわすれねーわ!!!!!!マジでありがと!!!!!!こんなバカな俺につきあってくれちゃつわてさ!!!!!!」

七日目の最後に、彼はそんな事を言ってさっていきました。本当に、最後まで騒がしい人だったな。なんて思いながら指定場所から出ました。
…空がいつもより遠いようです。もうすぐ夏も終わりでしょうか。靴の爪先に蝉の死骸があたりました。
とても邪魔だったので、拾い上げて、公園の片隅に埋めておきました。ついでに、そこらへんのコンビニフェアの景品であたったルルカだかなんだか言うオンラインゲームのキャラのキーホルダーを、墓標がわりに刺しておきました。
これで、私の依頼も終わりでしょうか。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:七淵 お題:12月の本 必須要素: 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:581字
…もうすぐ、もうすぐであの本が出る。あと何十ヶ月、あと数ヶ月…と数えてあの本が出る。この本を何年待ったことか…ずっとずっとお金を貯めて、毎日のようにその本のこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:打算的な目 必須要素: 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:688字
蝉は交尾するためだけに成虫になる、と聞いた事がある。全ての生物の成熟は概ね生殖のためでしかないと思うが、まあストイックさをバズりやすく表現するとこうなるのだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きぬ@通販はプロフ参照 お題:許されざるオンラインゲーム 必須要素: 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1220字
あれはいつの夏だっただろうか。蜘蛛の巣を見ていた。蜘蛛の巣に捕まる虫は本当にいるのか確かめたくて。朝露に濡れてきらきら輝く銀の蜘蛛の巣は美しく、長く眺めていても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:書店員 お題:愛の耳 必須要素: 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:912字
カーテンの隙間を眺めると街灯の明かりが薄っすらと見える。隙間に人影が映ったら、こちらを覗く目と目が合ったら、など考えると怖くてそっと目を閉じる。 私は眠る前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:群馬の彼女 必須要素: 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:1536字
「うがんば、でこ、ばばば」目の前の男から急に話しかけられた我々撮影隊は恐怖していた…!男の服装は腰みのに動物の頭蓋骨を加工した首飾り、そしてその右手には黒曜石の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
無味乾燥 ※未完
作者:朝野欠月/みちのくコミティアありがとうございました お題:宗教上の理由で流刑地 必須要素: 制限時間:30分 読者:96 人 文字数:1606字
僕は「隠れキリシタン」という奴だ。いや、キリシタンではないけど。僕が信仰しているのはもっと別の宗教だ。 今は秋、と言っても夏が終わったばかりで、まだ蝉は泣いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恐ろしい裏切り 必須要素: 制限時間:30分 読者:289 人 文字数:2885字
ブタクサが泣いています。ああ、いえいえ、当然の如くこれは比喩です。ブタクサは植物でありましたので、撒き散らせるものといえば花粉ばかり。泣きたくっても泣けない悲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小学時代 ※未完
作者:waterjacket お題:軽い子犬 必須要素: 制限時間:30分 読者:220 人 文字数:924字
ひぐらしの声が茫洋とした意識の中にも美しさを感じさせるような子供時代の夏。そろそろ帰ろうとしていた私達は放課後の校庭で、子犬と出くわすことになった。「わー可愛い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ノエル可愛いbot_キモチコネクション お題:昨日の教室 必須要素: 制限時間:30分 読者:391 人 文字数:1278字
「・・・暑い。」彼は陽のあたる高校の教室で自身の机に突っ伏しながらそう呟いた。今は9月の中旬、蝉の声響く教室の中、彼は窓際の席で暑さと格闘していた。まだまだ残暑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ビスコ大帝 お題:僕と内側 必須要素: 制限時間:30分 読者:361 人 文字数:811字
「うん!やっぱりキミが、ウチの店で一番だよ!!」「ホント、貴方が居ると何かあっても対応できて安心よ!」今日もバイト先で褒められた。褒め言葉に「いやー、そんなこと 〈続きを読む〉

ハチマルの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:見知らぬオンラインゲーム 必須要素: 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1254字
私の仕事、ですか。所謂なんでも屋、といった所でしょうか。格好良く言うと『よろず屋』なんて言ったりもするそうです。なぜ私がこのような仕事をしているかといいますと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:あいつと酒 必須要素:じゃがいも 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:878字
オレには十年来の友人が居た。ソイツはこの世の何よりもアルコールが好きだった。「皆もっと酒を飲めば良いんだ。たった一口飲むだけで、頭ん中に花が咲いて、目にはいる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:女のユートピア 必須要素:川端康成 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:939字
トンネルをくぐると、そこは何事も無い町だった。ただ、そこにいたのは、女、女、女、女…。 ワンピースで自転車に乗った女、ジーパンに縞模様のシャツを着た女、ゴツい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:孤独な悲劇 必須要素:○ックス 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:812字
その少年は、足が速かった。『足が速い』というのは、ことに小さな子供達の間では重要な事であった。少年は学業の方のはイマイチだったが、足の早さだけだったら、学校一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:漆黒の闇に包まれし抜け毛 必須要素:テレビ 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:969字
画面の中では、美味しそうなステーキがじゅうじゅう音を立てて焼けていた。『さぁ、スタジオの皆さんにも特別に食べていただきましょう!』 高らかに司会者はそう告げる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:きちんとした声 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1021字
高校に進学したオレは『放送部』とやらに入った。理由は簡単。恥ずかしながら、『向いてる』って思ったからだ。だってオレが普通に話しているだけで、周りから『声大きい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:輝く魚 必須要素:携帯 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1022字
物心ついた時から、私の視界には、他人には見えないきらきらと輝く魚がうようよしていた。他の人にいっても適当にあしらわれたり、酷いときには適当な事をいうなと怒られ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:うるさい蕎麦 必須要素:トランプを武器にして戦いそうな男 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:896字
その男は比類なき暗殺者だと言われていた。少年漫画やアニメには、トランプを武器にして戦う伊達男がよく出てくるが、彼は恐らくその場にトランプがあったら、それを武器 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:人妻の信仰 必須要素:バナナの皮 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1135字
私には、神さまがついてるって、思っていた。 だって、私をあの日いじめたあの子は次の日学校休むし、私に吠えかかったあの犬は次の日車にはねられて獣医行きになった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:美しい孤島 必須要素:豚肉 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:714字
僕はひとりだ。と、いうか、何でご飯時に他人と一緒にいなくちゃあならないのかが、とんと理解できない。 誤解なきように言うが、僕は別に友達がいないわけじゃあないの 〈続きを読む〉