お題:煙草と殺し屋 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:413字

無題 ※未完
「今度の情報、どないですか。」

…(水たばこをふかしている)

「そんな出し渋りまいな。見返り弾んでおきまっから」

うるさいな。

「えらい冷たいな。わかってると思うけどわたし口は堅いで」

あんたに話すことなんか何もないよ。

「なんでえな。わたしらの仲やないの」

…(水たばこをふかしている)

「さっきから黙ったままモクモクと…あ。黙々とモクモクしなさんな。はは」

うるせえな1人で盛り上がって。あんた誰なんだよ

「ええ。何言うてんの今更。あんた情報屋でわたしは始末屋やろ。頭でも打って忘れはったんか?」

は?

「は、冗談はよし田寮よ。…え?ほんまに?」

いや、本当に…

「え、うそ、記憶喪失?」

いや、あの、おれ、情報屋じゃないし

「え。人違いですか?」

そうだと思うけど…

「いつもの水たばこ屋ににそっくりの人おったから完全にそうかと…」

はあ

「そうとわかれば…生かしてはかえしませ
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許されざる囚人 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:245字
悪魔は今日も暇だったので、人間界に来た。 やることはただ一つ、人間観察だ。 人間は愚かで、傲慢。自らの欲でしか動けない醜い動物だ。悪魔は人間を嫌っていた。そん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未熟な墓 ※未完
作者:匿名さん お題:未熟な墓 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:309字
それは金銀に光る魔法のようでした。狭い部屋のなかに、たくさんの不思議な道具や物が詰め込まれていて、幼い子供にはまるで宝石箱のようにきらめいて見えるに違いありま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:疲れた第三極 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:898字
私は友だちが少ない。 人付き合いが下手ということもあったけど、瞳の色が青い日本人というのは異質だった。 そんな中彼だけは私に手を差し伸ばしてくれた。 嬉しかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みかん(9/22砲雷は-21) お題:ゆるふわな医者 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:940字
風邪ですねぇ、と自分を診てくれているお医者様が言うのを僕は上の空で聞き流した。 いや、一応は「はい」とか「そうですか」などと返しはした。それもないのは流石に不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みかん(9/22砲雷は-21) お題:去年の草 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:788字
よくそんなに葉っぱばかり食べるね、と眼の前の彼が笑いながら言う。そう言ってからビールのジョッキを傾けるその喉元を、ぼんやりと見つめる。 口の中に詰め込んだサラ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:やば、モグラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1214字
人間モグラ叩きをやろうと思ったのは、失敗だったと思う。なぜなら、よくよく考えたらずっと穴の下に籠もってしまえば良いから。僕は少々飽きっぽい。だからモグラ役を全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:激しい魔物 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1118字
平然と人を傷つける連中を殺した。ただ殺した。殺したかったらから殺した。憎いから殺した。愛しさから殺した。せつないから殺した。刃物で、鈍器で、自分の手足で、殺し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:激しい魔物 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:543字
往年の、高校野球ファンは、言う。 「甲子園には魔物が住む」 と。 センバツ優勝経験もある先発投手がこの試合も登板し、A高校は、試合を有利に進めていた。しかし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:最弱の野球 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:978字
夏の全国高校野球が炎天下の中行われているその裏で、もう一つの高校野球大会が毎年行われていることをご存じだろうか。 通称「裏甲子園」と呼ばれるこの大会は高野連( 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千夜@小説家になろう お題:緑の食堂 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:510字
草の道を抜けよう。木の枝のトンネルをくぐって。さやさや鳴る木の葉のさえずりを浴びて。土の香りと、緑の新しい植物たちの匂いに包まれて。私たちは野原を駆け回る。「い 〈続きを読む〉

反射炉の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:反射炉 お題:残念なオチ 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1018字
「こらー、ちゃんとヘルメットつけて帰れよー」9月のある日、午後4時ごろ。わたしは、部活を引退した3年生たちが帰宅するのを見送りながら、自転車置き場に立って、こう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:反射炉 お題:彼と病気 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:575字
よー、大丈夫かよ倒れたって聞いてさ、久々に地元帰ってきたわメロン持ってきたぞえ?他の人にももらった?これで3個目?それはオモロイわ、お前友達多いもんなで、大丈夫 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:反射炉 お題:哀れな女祭り! 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:347字
いつの間にか、眠っていたのか。二日酔いの感覚。昨日も存分に騒いだ。女たちは、俺が眠っているうちに帰ってしまったようだ。1人でも、残っていてくれたら、また小遣いを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:反射炉 お題:計算ずくめの小説合宿 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:508字
私は行きませんよ。なんでって、行く理由がないでしょ。みんなで集まって小説書くなんて、効率悪いですよ。少なくとも、私には無理です。え、それも計算のうち?どんな状況 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:反射炉 お題:暗黒の家事 必須要素:書類 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:2305字 評価:0人
終わらない。あまりにもキリがない。朝、7時前に起き、朝食を作りながら大声でがなる。夫と息子がぼやぼやしながら起きてくる。急かしながら朝食を食べさせ、見送る。汚く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:反射炉 お題:夏のあの人 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:562字
「今の子、めちゃくちゃかわいくなかった?!」え?そうなん?見てなかったわ〜と答えつつも、僕はいまにも跳ね上がりそうだった。内臓のあいだを心臓が跳ね返っている。見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:反射炉 お題:穢された罰 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:592字
産みの苦しみ…という言葉がある。何かを作り出すとき、代償が伴うという経験則だ。しかしこの場合、どちらかというと'膿み'の苦しみというべきだろう…私は些細な罪で刑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:反射炉 お題:わたしの好きなババァ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:655字
さあ、今週も『自称○○さんに聞いてみた』のお時間がやってまいりました。司会のサコミヤです。そしてこちらは今回の主役、自称みんなのおばあちゃん、里山サトさんです。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:反射炉 お題:高い男祭り! 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:874字
ー はい、今週も始まりました『自称○○さんにインタビュー』のコーナー。今週のゲストは自称エコロジストの山谷さんです。よろしくお願いします。「よろしく。」ー エコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:反射炉 お題:僕と夏 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:693字
「いや〜……あつは、なついね」…それ、今日みたいな涼しい時に言う奴じゃないですよ…沈黙が気まずいからって適当言わないでください…「きみは冷たいなあ。ま、ある意味 〈続きを読む〉