お題:煙草と町 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:373字

煙草と町
No smoking。
大抵の場所に貼ってある、煙草に赤丸斜線のイラストを避けて、コンビニの前にいたけれど。
これでは少々、絵面が悪いのかもな、なんて。
ーーだから、友だちは煙草を止めた。
肌も荒れるしお金はかかるし、ついでに邪険にされるのだから、どう世界が広がろうとしたって、私たちに煙草は許されていない。
最後の一本と決めて、はや一週間。
「それじゃ面白くないよ」
「悪いけど、面白さだけじゃ、お金は降ってこないんだよね」
私の前から景色が、またひとつ。
痩せきった姿を見ていたくて、つくりもののナチュラルを、私は視界から外した。
ビルの谷間の影を縫って、余興のために目から逃れて、そんな場所もいずれ失せるのかもしれなくても。
ストイックには興味がなかった。優しい世界ですね、と呟いた。
せめてもうひとり欲しかったけれど
火は、消えていない。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許されざる囚人 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:245字
悪魔は今日も暇だったので、人間界に来た。 やることはただ一つ、人間観察だ。 人間は愚かで、傲慢。自らの欲でしか動けない醜い動物だ。悪魔は人間を嫌っていた。そん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未熟な墓 ※未完
作者:匿名さん お題:未熟な墓 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:309字
それは金銀に光る魔法のようでした。狭い部屋のなかに、たくさんの不思議な道具や物が詰め込まれていて、幼い子供にはまるで宝石箱のようにきらめいて見えるに違いありま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:疲れた第三極 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:898字
私は友だちが少ない。 人付き合いが下手ということもあったけど、瞳の色が青い日本人というのは異質だった。 そんな中彼だけは私に手を差し伸ばしてくれた。 嬉しかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みかん(9/22砲雷は-21) お題:ゆるふわな医者 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:940字
風邪ですねぇ、と自分を診てくれているお医者様が言うのを僕は上の空で聞き流した。 いや、一応は「はい」とか「そうですか」などと返しはした。それもないのは流石に不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みかん(9/22砲雷は-21) お題:去年の草 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:788字
よくそんなに葉っぱばかり食べるね、と眼の前の彼が笑いながら言う。そう言ってからビールのジョッキを傾けるその喉元を、ぼんやりと見つめる。 口の中に詰め込んだサラ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:やば、モグラ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1214字
人間モグラ叩きをやろうと思ったのは、失敗だったと思う。なぜなら、よくよく考えたらずっと穴の下に籠もってしまえば良いから。僕は少々飽きっぽい。だからモグラ役を全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:激しい魔物 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1118字
平然と人を傷つける連中を殺した。ただ殺した。殺したかったらから殺した。憎いから殺した。愛しさから殺した。せつないから殺した。刃物で、鈍器で、自分の手足で、殺し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:激しい魔物 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:543字
往年の、高校野球ファンは、言う。 「甲子園には魔物が住む」 と。 センバツ優勝経験もある先発投手がこの試合も登板し、A高校は、試合を有利に進めていた。しかし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:最弱の野球 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:978字
夏の全国高校野球が炎天下の中行われているその裏で、もう一つの高校野球大会が毎年行われていることをご存じだろうか。 通称「裏甲子園」と呼ばれるこの大会は高野連( 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:千夜@小説家になろう お題:緑の食堂 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:510字
草の道を抜けよう。木の枝のトンネルをくぐって。さやさや鳴る木の葉のさえずりを浴びて。土の香りと、緑の新しい植物たちの匂いに包まれて。私たちは野原を駆け回る。「い 〈続きを読む〉

四葉美亜@夢百合草庵の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:四葉美亜@夢百合草庵 お題:殺されたぬめぬめ 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:384字
昨日、夜遅く、都内にてぬめぬめが殺されました。これで、殺されたぬめぬめは三〇となりました。現在、都内では連日のようにぬめぬめが発生しており、犯人はこれを殺害、死 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四葉美亜@夢百合草庵 お題:淡い伝承 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:401字
ところが私の一歩は小さくて、引き潮のタイミングを狙っても、このあたりで帰らなければいけなかった。その昔、神さまは、あの島とこの島との間とを一っ跳びに駆け抜けたら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四葉美亜@夢百合草庵 お題:私と姫君 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:393字
――姫。いつか、そんな単語を聞いた。何でも、後輩たちが、浅木のことをそう呼んでいるそうで。そりゃあ、ガワだけ見れば姫と言いたくなるかもしれない。「こら、寝るな」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四葉美亜@夢百合草庵 お題:煙草と町 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:373字
No smoking。大抵の場所に貼ってある、煙草に赤丸斜線のイラストを避けて、コンビニの前にいたけれど。これでは少々、絵面が悪いのかもな、なんて。ーーだから、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四葉美亜@夢百合草庵 お題:つらい終身刑 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:460字
囚われの、とくれば、お姫様がいい。罪人とすればその通りかもしれなかった。だから償っている。でも、それにしては自覚していなさそうに微睡んでいる。口を開かせれば文句 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四葉美亜@夢百合草庵 お題:生きている希望 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:512字
呑み込んだら、10分くらいで、肩が楽になる。控えめに言って限界だな、と思う。だけど、ここから逃げる訳にもいかない。少なくとも、逃げ道を確保しなければ。今は逃げる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四葉美亜@夢百合草庵 お題:素人の狙撃手 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:348字
「ーーッてぇ! この素人集団が!」引き金を引く。横目に散った閃光へ向け、.45弾がめいいっぱいにばら撒かれた。当たったか当たらなかったか、とにかく反撃はなかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四葉美亜@夢百合草庵 お題:恥ずかしいわずらい 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:216字
初の中間が終わった午後。テスト明けは早いらしかった。真実と別れ際だった。よく晴れていて。陽射しを遮っていた手が、髪をかきあげて、横髪を耳に引っ掛けて後ろに流して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四葉美亜@夢百合草庵 お題:少年の小説の書き方 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:363字
ともあれ先ず用意せねばならないものは、少しばかりの余裕と、たっぷりの狂気である。概ね間違っているのだとの自覚がなければ、そも、この個人は書けぬ。書くことそれだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四葉美亜@夢百合草庵 お題:平和と勝利 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:370字
「で、あんたはこんな為に戦ったのか」ありきたりの台詞を吐く。ひっそりと命懸けで戦った挙句、平和になった世界でのたれ死ぬなんて、まあそこら辺に溢れているくらい、よ 〈続きを読む〉