お題:進撃の音 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:432字

ロストハンド・グローリー
 ──夢を見る。
 馬が鳴らす蹄の音を聞く。巻き上がった土煙の匂いを嗅ぐ。次々に流れていく風景を、見る。
 馬の動きにあわせて鎧が鳴る。怖気立つほどの殺意を身に浴びる。相対する敵と目が合う。
 剣を抜く。雄叫びをあげる。馬を鞭打ち、突進する──あぁ、なんと血の滾ることだろう!己の生存に、名誉に、武勲にまさしく身命を賭して競争するこの感覚!振るった刃が相手の喉元を今にも裂こうとする。勝利を確信して叫ぶ──
 目が覚めた。興奮のために流れた汗がじっとりと肌着を濡らしていて、煩わしい。
 呼吸を整えて、次に唇を噛み締める。かつて浴びるほど聞いた戦場の音が耳にこびりつく。かつては悪夢そのものだったあの戦争は、いまでは恋焦がれるものになっていた。
 こらえきれず、少し笑う。噛み締めた唇の間から、軋むほど合わせた歯の間から、苦渋とも滑稽ともつかない低い音が漏れる。
 作り物の右腕を、もはや剣を握ることのないその右手を痛いほど握りしめながら、私はその日久々に笑った。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:無意識の蕎麦 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1153字
「田崎くん、もうすぐお別れだね」 大幸福興業の会長・篠田は、会長室に呼び出した田崎に対し、こう切り出した。 田崎は大幸福興業一筋30年以上、60歳で定年を迎えた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の笑い声 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:513字
だいたい、僕はひとりで部屋にいるときでも、コメディなんか見ていたらひとりでげらげら笑うタイプなんだけど、姉は全くそういうことはないらしい。「独り言を言う人も、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:早すぎたユートピア 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:797字
ユートピアの収穫の時期が迫っていた。窓から見えるほどに成長し、理想と繁栄の予感を感じては、花開くのを今かと待ち望んでいた。開花予定は今年の夏。例年より長めの梅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:黒尽くめのロボット 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:744字
ばれないようにそっと、私は動く。右足を上げ、地面に下ろす。次いで左足を上げ、地面に下ろす。その繰り返しで、私は少しずつ前に進む。カクンカクンと、緊張で体が強張っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間のフォロワー 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:571字
私はその人のことをよくしらない。ただなんとなくSNS上で気が合って、時々リプライで会話しあうその程度の仲だ。その人がなんの仕事をしているのかも、どんな容姿をして 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:きのぼり お題:僕と夏 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:693字
「いや〜……あつは、なついね」…それ、今日みたいな涼しい時に言う奴じゃないですよ…沈黙が気まずいからって適当言わないでください…「きみは冷たいなあ。ま、ある意味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完成 ※未完
作者:きのぼり お題:東京の経験 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:781字
雨の中を傘もささず歩いている。都会のアスファルトは叩きつけられた雨粒を跳ね返してくる。俺もこの失意のままどこかへ弾け飛んでしまいたかった。○田舎者の俺にとって競 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
クズの鹿 ※未完
作者:南野 ツバサ お題:愛と憎しみの会話 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:369字
2時間程森を分け入っているうちに、目的の薬草は集まった。 そろそろ森を出ようかと考えた時、どこからか会話が聞こえてくる。 「ウサギちゃん……君はなんて美しいん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鳥の四肢切断 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:543字
狙いを絞った。 距離、角度、そこから予想される目標への弾道予測。 今まで何回、何万回と繰り返してきた事。 今回だってまったく同じ、今までと同じように狙いを定め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにもも愛好家 お題:鳥の四肢切断 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1205字
食事をするということは何かを奪うということだ。「……んん」「顔そらしちゃダメ」 今まさに僕は違った肉を食わせられそうで困ってた。「こういうのは恥ずかしがるから 〈続きを読む〉

SHYTARNの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:SHYTARN お題:進撃の音 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:432字
──夢を見る。 馬が鳴らす蹄の音を聞く。巻き上がった土煙の匂いを嗅ぐ。次々に流れていく風景を、見る。 馬の動きにあわせて鎧が鳴る。怖気立つほどの殺意を身に浴び 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SHYTARN お題:愛の挫折 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:944字
メッセージを送れなくなったことを確認した俺は、深いため息をついた。白い息が眼鏡を曇らせたので、適当に拭いた後に、適当な場所に置きなおす。 「今回も壁は破れず、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SHYTARN お題:純粋な栄光 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1386字
こんなに高い位置から、朝焼けを見たのはいつぶりだろうか。摩天楼から望む来光は思いのほか眩しく、少し目を細めた。欄干の上に慎重に立ち、バランスを取る。 最後に見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SHYTARN お題:遅い罰 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:747字
その日、私は名も知らない幼子を抱えて逃げた。冬がやっと終わるかという頃の、しかしまだ角は取れずに鋭く肌を突き刺す空気が漂う夜の街を走って。 本当に気まぐれであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SHYTARN お題:うるさい天井 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1168字
「だからさぁ、ここはこの式を代入するんだって」「いいや違うね、その式は最後に変形して使うんだよ」 やかましい声が降ってきて、それで目が覚める。 うつ伏せになった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SHYTARN お題:小説の中の奈落 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1069字
どのような物事にも山や谷があり、当然落とし穴もある。 キーボードを叩く指が止まった。文字の続きが書けない。思考がまとまらず、自分が何を書いているのかさえもわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大狼 ※未完
作者:SHYTARN お題:100の狼 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:720字
夕焼けが地平線の彼方に消えると、寒々しい冬夜の空気が辺りを包んだ。 雪深い森の中で、男は1人焚き火を前に座っている。蛍光色が目立つ登山用のパーカーにニット帽、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SHYTARN お題:女の躍動 制限時間:30分 読者:100 人 文字数:960字
摩天楼の頂上から、夜の街を見下ろした。 彼女は黒いパンツスーツに身を包み、葉巻の煙で自らを武装する。鈍い銀色を放ち、スーツの内へ仕舞われたライターは、どこかナ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SHYTARN お題:明るい流刑地 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:991字
やる気のない拍手が身を包んだ。「はい、では改めてね。こちら捜査1課より配属してきた、本郷くん。」 初老の男性に促され、軽く会釈する。「本郷里美です、よろしくお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SHYTARN お題:男のラーメン 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:923字
「醤油ラーメン、おまちどう様」 コトリ、と丼が目の前に置かれた。ほかほかと湯気のたったラーメンを手に持つと、冬も間近になった、晩秋の寒さに冷やされた両手に血の巡 〈続きを読む〉