お題:たった一つの悪魔 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:1242字

天使と悪魔の置物
 棚の上に置かれていたのは、10体ほどの白い置物だった。いずれもカールした髪で鳥の羽を背中にはやした男の子の姿をしていて、表情は柔和だ。手にはラッパや小さな弦楽器を持ち、楽団のようにも見える。
「ここに、12体の天使と1体の悪魔が並んでいます」
 置物を売る雑貨屋の店主は、棚を眺めるわたしの背後からそう声をかけてきた。
「これらには本当に天使と悪魔が宿っており、天使を買ったものには幸運がもたらされますが、悪魔を手にしたものには恐ろしいことが起こると言われています。天使が自分の持ち主にもたらした幸運の分、悪魔の所有者は不幸になるのだとか……」
 あの、とわたしは店主に尋ねる。卵のような頭で、びっしりひげを生やした店主は細いフレームの眼鏡をずり上げて、「はい?」と聞き返す。
「12体って、これ数えたら8体しかいないんですけど……」
 ふむ、と店主はうなずき、置物を「にのしのごの……」と指さし数える。
「……ここに7体の天使と1体の悪魔が並んでいます」
 何事もなかったかのように言い直した。
「ほかの5体はどうしたんですか?」
「売れました。実際は13体一組なのです。なのでついつい昔の口上を言ってしまうのです」
 それはともかく、と店主は咳払いをする。
「買われますかな?」
「……売れた5体の中に、悪魔はいなかったんですか?」
 店主は特にずり落ちてもいない眼鏡を直すしぐさをした。どういう意味のジェスチャーなのか、わたしはとらえあぐねる。
「あの、この中に悪魔、混じってるんですか?」
「……わかりません」
 店主はうつむいて応じた。
「買われたお客様の中に、悪魔が混じっていたかもしれません。それは最初に買われたお客様だったかもしれないし、昨日買っていったお客様かもしれません。あるいは、今この棚の上に残っているのかも……」
「売っているあなたにも、判別できないんですか?」
「残念ながら……。というか、判別できたとしたら、店に出すのはそのたった一つの悪魔だけにしますな、ハハハハハ」
 文字通りの悪魔的発想を述べ、店主は笑った。こっちの方がよっぽど悪魔だ。
「わたし、悪魔を判別する方法知ってるんですよ」
「おやおや」
 店主はわたしの顔を見た。真剣なまなざしだった。
「その方法、ぜひご教授願いたい」
「で、悪魔を見つけてどうするんです?」
「売ります。天使だけ引き上げます」
 いっそすがすがしい、と思ったので教えてやることにした。
「魚の胆汁をいぶすと、悪魔は嫌がるんです。これは聖書にも載っている伝統的な方法です」
「それは……臭いにおいがしそうですね」
 店主は店の中を見回す。趣味人が開いた個人経営の雑貨屋らしく、たくさんの品物がほかにも並んでいる。商品へのダメージを考えれば、おいそれとできない方法だ。
「だけど、試してみましょう」
 バルサンで。店主は奥からその殺虫剤を持ってきたのだった。
 結果、天使などおらず、残る8体がすべてあくまだというこt
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:地獄のオチ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1124字
通学路にはいたるところに地獄の入り口があって、先日保護者会でも注意喚起が行われた。50メートルにひとりの割合で出没する変質者と同じくらいの脅威となっている。登 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにばに お題:コーヒーと罪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1164字
「毎朝ドブ川の水飲んでて美味しいの?」「それはコーヒーに対する冒涜に近い言葉だぞ」「でも、甘くないコーヒーってすごく不味いじゃない?」「エナジードリンクの独特の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:思い出の空想 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:980字
「私とあの人は、なんとなく付き合って、なんとなくずっと長く居続けて、なんとなく歳をとって、なんとなく結婚することになって、なんとなく子どもと幸せになって、なんと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fur お題:幼い宴 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:906字
手から花が咲くのだそうだ。太陽を映すような少女の瞳は確かに綺麗だった。永遠と見紛うほど見とれていると目を焦がす。 宴の席、薄い酒、心許ない和装には慣れない。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:zaturon2ji お題:うわ・・・私の年収、失望 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:757字
「リアルなんじゃ!」 ベッドで寝っ転がってマンガを読んでいたのだが、そのマンガのとあるセリフに反応し、私はマンガを持ったまま飛び起きた。 やめろやめろ。現実を突 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:酸性 お題:左の交わり 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1072字
「あなたがもしそれを望むなら」たまたまバーで知り合った彼女はいいとこのお嬢様で、腰まで伸びたきれいな黒髪にぱっちりとひらいたキャンディ型の瞳はまるで人形みたいだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:酸性 お題:茶色い夜風 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:787字
白い部屋だった。窓はあるけれど鍵はあかなくて、扉もあるけれど外側から鍵をかけられている。一日の大半をその部屋で過ごし、呼ばれたら実験室に移動し、夜になれば眠る。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:誰かはクレジットカード 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1037字
必要なときだけつかい、気が付けば期限が過ぎ、別のところからツケが回ってくる。 そうやって考えると、教師なんて職業は、クレジット・カードなのかもしれない。 「嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつのパソコン 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:607字
今日は定休日。毎週あるのに久々の休みな気がする。コンビニバイトというのは基本的に忙しいものだが今週は特に忙しかった。主に新人のせいで。新しく入ってきたそいつはお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:maruboshi お題:調和したサッカー 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:239字
ポンッとボールを蹴る。 きれいにパスが通った。気持ちが良いくらいに。 ボールを受け取った少年のもとへ、敵のチームのディフェンサーがふたり走り寄ってくる。 その 〈続きを読む〉

雨宮ヤスミの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:思い出の快楽 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1317字
天使であるわたしの役目は、ロクでもない人生を送ってしまった人間に、生きることの楽しさを思い出してもらうことだった。 今日もその任務のために、わたしは一軒の古い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:すごい結婚 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1101字
結婚式は女性のためにあるものだ、とよく言われる。「そういう考えだと、これからの世の中駄目だと思うんですよ。人口減少が目に見えているのに、需要が半分しかないって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夜と冬休み 必須要素:ニュース 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:3757字 評価:0人
八月の東京に季節外れの雪が降り始めたのは、三日前のことだった。 雪に弱い都心は、それこそ日向の氷が解けるくらいに簡単に交通網がマヒし、経済に大きな混乱がもたら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:燃える作家デビュー 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1286字
すごい作家を見つけてきた。 小説家エージェント会社「スクランブル・エッグ」のエージェント・松前からの連絡を受け、わたしは急遽彼の下へ向かった。 わたしのいる出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:うへへ、太陽 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1084字
うちの小学校には、代々受け継がれてきた伝説の箱があるという。 その箱の中には、遠足や運動会といった学校行事の時に降るはずだった雨が閉じ込められていて、この箱が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:悔しい円周率 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1224字
僕のクラスに転入生がやってきた。「初めまして。円藤周夫です! 特技は円周率の暗唱です! 全部覚えています!」 小柄でメガネのガリ勉そうな円藤周夫は、見た目にそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昼間の海風 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1101字
「まだまだ暑いでしょう? だから怪談話がいいと思って」 大鷺高校文芸部部長の真倉エミリはそう言って微笑んだ。 エミリはクラブ活動の一環として、高校周辺の認定こど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:騙された動機 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1310字
同級生をナイフで刺し殺した少年が逮捕される、という事件が起きた。 少年は取り調べに対し、「人を○す経験がしたかった」と供述し、世間を震撼させた。「あー、昔あっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:疲れた殺人 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:993字
ロクなことがない人生、全部に疲れてしまった。 だから、人を殺してみよう。 そう思い立ってからは早かった。 包丁を三本準備した。全部別の店で買った。一本などは隣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:哀れな家事 必須要素:ケチャップ 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:3410字 評価:0人
玄関の戸を開けた時、わたしは「わぁ……」と言いかけてしまった。 それは、感動の「わぁ……」だった。チリ一つない廊下、秩序だって並べられた玄関先の靴、さりげなく 〈続きを読む〉