お題:うるさい天井 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:648字

友だちのキノコ
僕の部屋の天井には白トリュフが生えている。
黒じゃないぞ。白だ。真っ白だ。それがうじゃうじゃ生えてる。
毎晩寝るたび、天井を見上げるとキノコがたくさん生えている。
しかもたくさん。磯の香が僕の降りかかってくる。
おかげで僕の見る夢は海で父さんがおぼれる夢とか、海岸で砂浜に埋まってる父さんを潮干狩りする夢とか、海辺でエチゼンクラゲと漂う父さんを海の家まで回収してくる夢だとか。
そして家の外では毎晩野良犬が吠えて、パーティしている。近所迷惑だからやめてほしい。
そもそもどうして天井からこんなに白トリュフが生えてきたのか。
あまり記憶がない。あいまいなのだ。
たしか記憶をたどれば、それは僕が友だちからもらったキノコを食べてからだ。
あのキノコを食べてから天井からトリュフが生えはじめたのだ。
あの日から僕の天井はトリュフパーティだ。昼は目がチカチカするし、エキセントリックな光景が広がっている。色とりどりの七色の世界にクジャクが羽を広げて舞っている。そういう世界に、トリュフだ。トリュフが僕の天井が騒いでいる。キノコだ。あいつの持ってきた粉末キノコが原因だ。絶対だ。だが気分はいいし、毎晩犬は騒いでるが近所迷惑にはなっていなし、大丈夫だ。
「あ?」
外からチカチカが近づいてきた。犬のおまわりさんだ。逃げたほうがいいだろう。いけるか。足がボルゾイやホイペットになればなんとかなるかもしれない。
ドンドン。僕の部屋の扉が叩く音が聞こえる。

天井にはいまだ白トリュフが隙間なくびっしり生えていた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい天井 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:777字
俺の舌は肥えている方だ。ネットで話題になっている店にはとりあえず足を運ぶし自身でもよく料理をするし、その腕にも自信があった。そんな訳で今日はキノコのパスタを作る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SHYTARN お題:うるさい天井 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1168字
「だからさぁ、ここはこの式を代入するんだって」「いいや違うね、その式は最後に変形して使うんだよ」 やかましい声が降ってきて、それで目が覚める。 うつ伏せになった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おぴゃん@ハーメルン お題:うるさい天井 必須要素:グミ 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1661字
「雨漏り直ったんだ。よかったね」 雨のしずくがガラスを叩く。部屋の主は私に答えず、相変わらず、軽く突けばはち切れてしまいそうなくらい血走った目でワープロの画面と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うるさい天井 制限時間:30分 読者:153 人 文字数:254字
「おーい」唐突だが。「ちょっと聞いてる?」天井がうるさい。「返事しなさいってば、黙って見上げてても何も伝わらないの。あんた口っていう便利なもんついてるんだから開 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と耳 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:491字
ある日俺の耳が分裂した。白トリュフを彼女と食べに夜景の綺麗な高級レストランに行き、プロポーズをしようとした瞬間であった。夜景が綺麗だと話をし、少し話があると彼女 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:墨鴉 お題:かっこ悪いダンジョン 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:1088字
この街には、何千人と冒険者たちがいる。 ある者は弱いスライムと、ある者は炎を吐く巨大なドラゴンと戦い、黄金と名声を求めて戦っている。 だが、物事にはなんでもピ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:臆病な暴走 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:105字
「白トリュフ」「臆病な暴走」 画面上に小さく表示された文字を見つめ、僕はしばらく呆然としていた。 いや、書けるわけない。 なんだ、白トリュフで臆病な暴走って. 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未来のこだわり 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:213字
過去では、現代の様に料理は多くない中でも白トリュフあぁ、白トリュフは最高の料理未来がどうなるかは分からないだが、白トリュフはこだわり尽くされるだろう過去には過去 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完成 ※未完
作者:練習用 お題:未来の痛み 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:380字
今の最大のピンチは財布に金がない事だ。 分かっているのは給料日までまだ2週間以上も先であること、そして目の前に置かれた段ボール箱の存在だ。 昨日一人酒に酔った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:私が愛した言い訳 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:608字
彼はずるい。なぜなら、背が高いから。私の身長は155cmくらい。図書館で高い本棚の上の方の本を取ることができない人種だ。私が取れずに困っていると、彼は何のことも 〈続きを読む〉

犬狂い✒の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:犬狂い✒ お題:うるさい天井 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:648字
僕の部屋の天井には白トリュフが生えている。黒じゃないぞ。白だ。真っ白だ。それがうじゃうじゃ生えてる。毎晩寝るたび、天井を見上げるとキノコがたくさん生えている。し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:犬狂い✒ お題:急な衝撃 必須要素:三島由紀夫 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:540字
ひどい。ひどい話だ。こんなこと、あるんだなあ。三島由紀夫が割腹自殺した当時の人々が受けたショックもこんな感覚だったのだろう。俺たちが受けたのはその何万倍もの驚き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:犬狂い✒ お題:限界を超えた小説 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:596字
リアルというのは我々が住んでいるこの世界のことを言う。いくら創作をリアリティがあると表現しようと、それはリアルではないのだ。我々が住んでいる世界だけをリアルと呼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:犬狂い✒ お題:高貴な小説訓練 必須要素:文を動詞の現在形で終わらせない 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:627字
この俺に弟子入り志願してきた馬鹿な野郎がいた。なんの弟子って聞いて驚け小説家だ。小説家の弟子だって。馬鹿馬鹿。小説なんて習って、誰かの教えを乞うて、先輩の背中を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:犬狂い✒ お題:愛と死の会話 必須要素:文豪 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:559字
先生はよく死について語っていた。人はなぜ死ぬのか。死とはなにか。人は死ぬとどうなるのか。先生の話は陰鬱というよりかは、陽気でともすると幼稚で稚拙な下世話な話題を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:犬狂い✒ お題:天才の冬 必須要素:全身脱毛 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:485字
ブリザード氷牙の失意の失墜はある日突然やってきた。世界一の天才である彼の知性はすべて蒸発してしまったように、まったく知性を感じさせない単細胞になってしまった。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:犬狂い✒ お題:ダイナミックなカリスマ 必須要素:ラストで死ぬ 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:610字
上司の命令は唐突で、かつ理不尽なものだった。「若者を一目でひきつけるような、燦然と輝くダイナミックな商品開発をせよ」意味がわからない。なんだその抽象的な表現は。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:犬狂い✒ お題:日本同性愛 必須要素:CD 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:408字
私は頸椎に接続された電子機器にCDを挿入した。最近流行りの睡眠学習装置だ。そして私ははるか昔の日本文化についての学習を開始した。眠りの中で私の頭には無数の言語ベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:犬狂い✒ お題:コーヒーと学校 必須要素:バラン 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:656字
私は学校の教師をしている。私はコーヒーが好きだ。そして私は教室でお昼ご飯を食べていた。お弁当中身をあらかた食べ終わり、バランと箸だけを弁当箱に残してごちそうさま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:犬狂い✒ お題:つまらない猫 必須要素:山田が犯人 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:568字
その猫をつまらない猫にしてしまったのは山田が原因だ。山田が犯人だ。なにがそんなにつまらないといえば、私も困ってしまうがとにかくつまらないのだ。そもそもその猫は私 〈続きを読む〉