お題:同性愛の体 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:280字

メジャーリーガー
「おーっと!ホームランです!」

男に生まれたなら、一度は誰しもは憧れるだろう。

念願のメジャーリーガーという夢を叶えたボク。

今日もホームランを、かっ飛ばしてしまった。

そんな僕でも実は悩みがあるのだ。

肩に爆弾を抱えているのだ。

今日、明日にでもホームランを打てなくなるという恐怖に怯えながら、毎晩打席に立っている。


そんなある日のことだった。

「今日は不調じゃない?」

パートナーに言われてしまった。

確かに自覚はあった。

そして確信した。

僕のバットは、もう使い物にならなくなったのだ。

やはりハッテン場に通うのは良くないな。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:ティエン@vtuber お題:同性愛の体 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:514字
私の体には爆弾が埋まっている。体の問題?いや、そうではない。ああ、もしかしたらそうかもしれないね。心のほう?いや、それでもない。あなたから見たら、そうかもしれな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:同性愛の体 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1300字
どうして僕は彼が好きなのだろうか。なぜ男である彼で性的な興奮を覚えてしまうのだろうか。わからない。わからないけれども、それを彼に伝えたらこう言うだろう。「好き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ようひ お題:男同士のあそこ 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1210字
「なあなあ」「どうした」机に座る彼女が、窓の外を眺めながら言った。ゾゾゾと飲み終わりに達した紙パックのヨーグルトを吸っている。表面には「三日分の鉄分!」と書かれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:康一君 お題:くさい宿命 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:987字
宿命。 既定路線。 確定している未来。 そうなることが、決まり切っている運命。 外れることのできないレールが敷かれている。 個人の力では抗えぬ、到底逃れること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 お題:くさい宿命 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:718字
目の前のグランドピアノに手を置くと、程よく空調で冷えた感触が心地良い。私は目を閉じ、小さく息を吐いた。緞帳の向こうでは聴衆がざわめく声が聞こえ、自ずと開幕の時 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:はろー お題:恐ろしい目 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:605字
恐ろし気な目が3日前から僕を背後から見ている。トイレに行っても風呂に入っても買い物に行ってもそれは背後にある。しかし僕が後ろを見てもそれを見ることはない。しかし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:ラストは御曹司 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:1265字
魔法少女になりました。 本名は伏せさせていただきますが、年齢は二十八歳、身長は百七十八、体重は去年の健康診断のときの書類を探して確認したらわかるかも知れないけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:恥ずかしい映画 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:679字
俺に『ザ・ロード ファイナル』の話はしないでくれ。恥ずかしさで去にたくなる。あの頃の俺は若かった。さしてカッコよくないのに、髪もボサボサのほうがいい、ヒゲはでき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緩やかな恨み 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:754字
なぜそこまで恨むのかとあのとき誰かに聞かれれば「分からない」と答えてしまうくらい、僕が奴に抱いた恨みは緩やかで出所が不明なものだった。 きっかけくらいはあるだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:生きている団欒 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:803字
家々に団欒がいる。団欒というのは、家族で集まってテレビなどを見ながら楽し気に食事をすることだと思われがちだが、実はそれは正しくない。正しくないという事もないんだ 〈続きを読む〉

洞窟竜ゴージル@Vのものの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:洞窟竜ゴージル@Vのもの お題:同性愛の体 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:280字
「おーっと!ホームランです!」男に生まれたなら、一度は誰しもは憧れるだろう。念願のメジャーリーガーという夢を叶えたボク。今日もホームランを、かっ飛ばしてしまった 〈続きを読む〉