お題:蓋然性のある愉快犯 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:680字

ある天才の取り調べ記録
 ねぇ、刑事さんの一番古い記憶はいつ? 赤ん坊の頃かな、それとも学校に行く前かな。年齢も、いつ頃かもハッキリしないような記憶なのだろうか。
 僕の一番古い記憶は、1歳の時に母さんに抱かれて眺めた星空なんだ。空に沢山の星が輝いていて、横で父さんが星の話をしていたんだ。当時の僕には、さっぱり内容はわからなかったけれどね。
 何を怒っているんですか、ちゃんと話してますよ、動機の話ですよ。あまりに星が綺麗で、未だにその時の星空を思い出せるんです。こうして瞼を閉じれば、今でも浮かびます。次の記憶は、2歳になったばかりの頃だと思います。父さんが買ってくれた絵本に、地球が載っていました。汚いなぁって驚きましたよ。青いんですよ? 嫌いなんです、青色って。宇宙の綺麗な星空に、こんな青い星なんていらないって思ったんです。
 残念だなぁ、本当に残念だなぁ。こうして捕まらなければ、僕は地球を宇宙から消せていたのに。僕は、別に人を助けたかったから医者になったんじゃないんですよ。なのに、皆が神医だとか、天才だとか。鬱陶しいんですよ。また怒っているんですか? 小さい頃に、一生懸命考えたんです。地球の壊し方を。その第一歩に、生き物を全て殺そうと考えて、じゃあ命を研究をしないとなぁって。壊し方を知るには、その物を理解しないと。実験も上手く進んで、後少しであのウイルスが実用化って時に、なんで実験がバレて捕まっちゃったんだろ?
 酷くないですか? 僕の世界的な発見を皆が褒め称えておきながら、僕を人殺しだと非難するなんて。僕が青色を嫌いじゃなければ、違っていたんでしょうけどね。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:無意識の蕎麦 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1153字
「田崎くん、もうすぐお別れだね」 大幸福興業の会長・篠田は、会長室に呼び出した田崎に対し、こう切り出した。 田崎は大幸福興業一筋30年以上、60歳で定年を迎えた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の笑い声 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:513字
だいたい、僕はひとりで部屋にいるときでも、コメディなんか見ていたらひとりでげらげら笑うタイプなんだけど、姉は全くそういうことはないらしい。「独り言を言う人も、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:早すぎたユートピア 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:797字
ユートピアの収穫の時期が迫っていた。窓から見えるほどに成長し、理想と繁栄の予感を感じては、花開くのを今かと待ち望んでいた。開花予定は今年の夏。例年より長めの梅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:黒尽くめのロボット 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:744字
ばれないようにそっと、私は動く。右足を上げ、地面に下ろす。次いで左足を上げ、地面に下ろす。その繰り返しで、私は少しずつ前に進む。カクンカクンと、緊張で体が強張っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間のフォロワー 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:571字
私はその人のことをよくしらない。ただなんとなくSNS上で気が合って、時々リプライで会話しあうその程度の仲だ。その人がなんの仕事をしているのかも、どんな容姿をして 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:きのぼり お題:僕と夏 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:693字
「いや〜……あつは、なついね」…それ、今日みたいな涼しい時に言う奴じゃないですよ…沈黙が気まずいからって適当言わないでください…「きみは冷たいなあ。ま、ある意味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完成 ※未完
作者:きのぼり お題:東京の経験 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:781字
雨の中を傘もささず歩いている。都会のアスファルトは叩きつけられた雨粒を跳ね返してくる。俺もこの失意のままどこかへ弾け飛んでしまいたかった。○田舎者の俺にとって競 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
クズの鹿 ※未完
作者:南野 ツバサ お題:愛と憎しみの会話 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:369字
2時間程森を分け入っているうちに、目的の薬草は集まった。 そろそろ森を出ようかと考えた時、どこからか会話が聞こえてくる。 「ウサギちゃん……君はなんて美しいん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鳥の四肢切断 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:543字
狙いを絞った。 距離、角度、そこから予想される目標への弾道予測。 今まで何回、何万回と繰り返してきた事。 今回だってまったく同じ、今までと同じように狙いを定め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにもも愛好家 お題:鳥の四肢切断 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1205字
食事をするということは何かを奪うということだ。「……んん」「顔そらしちゃダメ」 今まさに僕は違った肉を食わせられそうで困ってた。「こういうのは恥ずかしがるから 〈続きを読む〉

谷矢チカフミ【萌えアカの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ【萌えアカ お題:死にぞこないの愛人 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:918字
穏やかで、静寂であるべきホスピスだというのに、昨夜から多くの足音と泣き声が止まない。随分と昔に入院したある老人が危篤となっただけなら、ホスピスという場所柄あり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ【萌えアカ お題:同性愛の御曹司 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:622字
今の世にも政略結婚はあるという事にまず驚き、次に政略結婚が我が身に降りかかった事に驚いた。なんでも、どこかの御曹司が同性愛者であると偽る必要があるらしく、なぜ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ【萌えアカ お題:苦し紛れのゲーム 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:544字
天才、天賦の才、神童、鬼謀。それらが、まだ幼い彼女に与えられた人々の賞賛の言葉だった。いつも本を片手に難しそうな顔をしている彼女は、人々の賞賛に耳を貸す事もな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ【萌えアカ お題:蓋然性のある愉快犯 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:680字
ねぇ、刑事さんの一番古い記憶はいつ? 赤ん坊の頃かな、それとも学校に行く前かな。年齢も、いつ頃かもハッキリしないような記憶なのだろうか。 僕の一番古い記憶は、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ【萌えアカ お題:冬の真実 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:584字
いつも穏やかで、朗らかで、笑顔で、怒っている姿など決して想像出来ない人。万人が彼女に抱く印象は、それ以外にはないだろう。でも、その日は違っていた。記録的な寒さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ【萌えアカ お題:やわらかいラーメン 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:661字
真っ暗な夜道を抜けてたどり着いた廊下を歩き、汗と化粧が混ざった匂いにうんざりしながら玄関を開ける。適当に脱ぎ捨てた靴に目もやらず部屋へと一目散に歩く最中、鏡に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不器用な嘘 ※未完
作者:谷矢チカフミ【萌えアカ お題:賢い嘘 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:446字
不審そうな視線に笑顔を返せば、結局は誰も口出しをしない。忠義だの恩だのと言う者達は、主のお気に入りである参謀の私に口出しは出来ない。笑いながらお決まりの言葉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ【萌えアカ お題:オチは信仰 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:689字
高校帰りの散歩道で、夕陽に照らされながら二人は初々しいキスをした。彼にとっては昨日の事のような青春の一幕だが、彼女が都会の短大へ進学してしまった事で、そのあり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ【萌えアカ お題:明日の食器 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:584字
スマホで様々な料理のレシピを見ていると、お腹が切ない悲鳴をあげる。空腹を感じ、外食も面倒だから何か作ろうかと、冷蔵庫に残った材料だけで簡単に作れるレシピを探し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ【萌えアカ お題:犯人は息子 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:611字
眼鏡がないという彼の顔を、家族が不思議そうに眺める。闇雲にいたるところを探す彼の顔には、いつもと同じ眼鏡が鎮座していた。「いや、かけてるし!」 きっと、堅苦し 〈続きを読む〉