お題:僕の嫌いな悲しみ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:233字
[削除]

僕の嫌いな悲しみ ※未完
喜怒哀楽、人生を彩るには欠かせないものだ
今まで感じてきた感情の多くに不満はない
しかし、中にはこれだけは体験したくなかったものもある
そんな僕の嫌いな悲しみ

それはある人との出会い
ネット上の匿名希望者、それ以上もそれ以下もない
そのまんまのある人だ
匿名の者と匿名の者が対話をする、そんな状況で
僕はただただ会話を読んでいた
匿名という状況を利用し多くの者が
言いたい事を言い放つ
人に使う言葉ではないと注意する少数
だが人は多数の位置にいると正義だとぬかす
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:僕の嫌いな悲しみ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:627字
嘘をつかれて、傷つけられて、それでも口に出さずに誰にも気づかれないように涙する。物理的な攻撃ではなくても、心理的に攻撃されてたちあがれなくなって、僕にもそれを言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいりんみたいな闇を抱えるプリン お題:僕の嫌いな悲しみ 制限時間:30分 読者:239 人 文字数:649字
「嫌い」という感情については語ることは、私はむやみにはできない。僕は昔、何もかもが嫌いになる攻撃的な性格だった。しかしある日、そう、高校生のころの話だっただろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:無意識の蕎麦 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1153字
「田崎くん、もうすぐお別れだね」 大幸福興業の会長・篠田は、会長室に呼び出した田崎に対し、こう切り出した。 田崎は大幸福興業一筋30年以上、60歳で定年を迎えた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:早すぎたユートピア 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:797字
ユートピアの収穫の時期が迫っていた。窓から見えるほどに成長し、理想と繁栄の予感を感じては、花開くのを今かと待ち望んでいた。開花予定は今年の夏。例年より長めの梅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:黒尽くめのロボット 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:744字
ばれないようにそっと、私は動く。右足を上げ、地面に下ろす。次いで左足を上げ、地面に下ろす。その繰り返しで、私は少しずつ前に進む。カクンカクンと、緊張で体が強張っ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:きのぼり お題:僕と夏 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:693字
「いや〜……あつは、なついね」…それ、今日みたいな涼しい時に言う奴じゃないですよ…沈黙が気まずいからって適当言わないでください…「きみは冷たいなあ。ま、ある意味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完成 ※未完
作者:きのぼり お題:東京の経験 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:781字
雨の中を傘もささず歩いている。都会のアスファルトは叩きつけられた雨粒を跳ね返してくる。俺もこの失意のままどこかへ弾け飛んでしまいたかった。○田舎者の俺にとって競 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
クズの鹿 ※未完
作者:南野 ツバサ お題:愛と憎しみの会話 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:369字
2時間程森を分け入っているうちに、目的の薬草は集まった。 そろそろ森を出ようかと考えた時、どこからか会話が聞こえてくる。 「ウサギちゃん……君はなんて美しいん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにもも愛好家 お題:鳥の四肢切断 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1205字
食事をするということは何かを奪うということだ。「……んん」「顔そらしちゃダメ」 今まさに僕は違った肉を食わせられそうで困ってた。「こういうのは恥ずかしがるから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:反逆の王子 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:817字
『そうか、お前は私の最高の友ではあるが、伴侶にはなれないのか』 碌でもない王がいた。本来王になるべき兄を殺し、私欲に塗れた人間ばかりを引き連れ国を顧みない、典型 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:無意識のふわふわ 必須要素:ゲ○ 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1221字
真っ白な雲の上に立っていた。 回りを見渡せばピンクや白のシャボン玉のような球体がふわふわと浮かんでいる。 足元は弾むような弾力で、1歩踏み込む度に体が宙へ飛ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の笑い声 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:513字
だいたい、僕はひとりで部屋にいるときでも、コメディなんか見ていたらひとりでげらげら笑うタイプなんだけど、姉は全くそういうことはないらしい。「独り言を言う人も、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛すべき別れ 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:882字
窓の外が抜けるように蒼い。追ってくる大勢の怒号が遠くに聞こえる。まだ声は遠い。相当な距離をつけたようだ。走って走って、脚がもつれ転んでも、青年はひたすらに走り続 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小さな新卒 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:591字
ふわっと、家の玄関を出たわたしに心地よい春風が吹く。今年大学を出たばかりの新米教師の私は良い1日を迎えられる予感がする、そんなことを考えながら勤務先へ向かう。生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:出来損ないの光 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:906字
2056年11月中旬。技術の発展とは目覚しいもので、某猫型ロボットが誕生する2112年を待たずして高性能AIを搭載した人形ロボットが完成されることとなった。もっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間のフォロワー 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:571字
私はその人のことをよくしらない。ただなんとなくSNS上で気が合って、時々リプライで会話しあうその程度の仲だ。その人がなんの仕事をしているのかも、どんな容姿をして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:子供の嘔吐 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:1008字
幼い頃,それは今よりずっとたやすく己の身に起きたのに,今よりずっと恐ろしいことだった。熱が出たとき,ちょっと泣きすぎたとき,お腹がいっぱいなのに欲張って食べすぎ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鳥の四肢切断 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:543字
狙いを絞った。 距離、角度、そこから予想される目標への弾道予測。 今まで何回、何万回と繰り返してきた事。 今回だってまったく同じ、今までと同じように狙いを定め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夜の思い出 ※未完
作者:匿名さん お題:夜のふわふわ 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:562字
夜の闇を何かが通り過ぎるのを感じた。物であるのかというと少し違う。感覚的に通りすぎたと感じただけで、実際に通り過ぎるのを目撃することはできなかった。まぁ暗すぎて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
お恵みを ※未完
作者:匿名さん お題:哀れな兄 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:503字
「悪い、少し恵んでくれないか」 嫌気が差すほど聞いた台詞だ。 振り返る。みすぼらしい格好をした男がへらへらした顔で私を見ている。媚びへつらったその様は見ているこ 〈続きを読む〉