お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:886字

トラブル回避 ※未完
 真正面から歩いてくる男と目が合ったとき、喧嘩をふっかけられると直感した。血に飢えているやつは目でわかる。そして大体、野獣のような顔つきをしている。幅の狭い道だというのに、脇に避ける素振りもなく、そのまま歩けば衝突は免れないのに、速度を緩めもしない。これから、ベタに肩がぶつかったのを理由に因縁をつけてくるはずだ。
 未来予知並みに正確に想像することができたのは、これまでの人生で同じような経験をしたことがあるからだ。人の多様性など、そう多くない。同じような顔をしたやつは、同じ行動をとる。
「おい――」
 フライングぎみに因縁をつけてきたそいつが口にしたと同時に、こちらも動いていた。
 僕は流れるような動きで懐に手を入れ、常時用意している万札を抜き取って、意表をつかれた相手の眼の前に突き出した。熟練の銀行員のような手際で、扇形に開いてみせる。反射的に相手の目が枚数を数える。一、ニ、三、四、五……五万円を大金としないような金持ちには、少なくとも相手は見えない。
「これで見逃してくれるか」
「いや、まだなにも」
「ぶつけた肩の治療費に使ってくれ」
「まだぶつかっていないんだが……」
 僕はマジシャンのような手慣れた仕草で札を振り、金額を二倍に増やした。相手が息を呑む。
「金持ちだな」
「昨日が給料日で、さっきATMで一ヶ月分の生活費を引き出してきたばかりだ」
「え。なんか悪いな……」
 と言いつつ、野獣のような顔つきをしたそいつは、見た目どおりの悪人なので、遠慮することはなく全額受け取ってポケットに押し込む。人間性は顔に現れる。血に飢えた喧嘩っ早いやつが、金で手を打たないということはない。
「じゃ、そういうことで」
「おう」
 起こるはずだった喧嘩は起きず、和やかなカツアゲが済んで、狭い路地ですれ違って別れる。軽くなった懐と逆に、生活費を失って足取りは重い。路地の水たまりに映った、自分の顔。ゴリラのような顔つきで、血の気の多い連中には同類と見られ、すぐに喧嘩を売られる。人の顔が内面を映し出すのなら、自分にだってそういう部分はあるのだろうが、怪我をs 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱いゴリラ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:396字
威嚇された一頭のゴリラがすくみ上って、こちらに向かってきた。「今回も、失敗ですね」「うーん、ちゃんと自分を主張できれば、他のゴリラに引けは取らないはずなんだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:無意識の蕎麦 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1153字
「田崎くん、もうすぐお別れだね」 大幸福興業の会長・篠田は、会長室に呼び出した田崎に対し、こう切り出した。 田崎は大幸福興業一筋30年以上、60歳で定年を迎えた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の笑い声 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:513字
だいたい、僕はひとりで部屋にいるときでも、コメディなんか見ていたらひとりでげらげら笑うタイプなんだけど、姉は全くそういうことはないらしい。「独り言を言う人も、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:黒尽くめのロボット 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:744字
ばれないようにそっと、私は動く。右足を上げ、地面に下ろす。次いで左足を上げ、地面に下ろす。その繰り返しで、私は少しずつ前に進む。カクンカクンと、緊張で体が強張っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間のフォロワー 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:571字
私はその人のことをよくしらない。ただなんとなくSNS上で気が合って、時々リプライで会話しあうその程度の仲だ。その人がなんの仕事をしているのかも、どんな容姿をして 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:きのぼり お題:僕と夏 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:693字
「いや〜……あつは、なついね」…それ、今日みたいな涼しい時に言う奴じゃないですよ…沈黙が気まずいからって適当言わないでください…「きみは冷たいなあ。ま、ある意味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完成 ※未完
作者:きのぼり お題:東京の経験 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:781字
雨の中を傘もささず歩いている。都会のアスファルトは叩きつけられた雨粒を跳ね返してくる。俺もこの失意のままどこかへ弾け飛んでしまいたかった。○田舎者の俺にとって競 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
クズの鹿 ※未完
作者:南野 ツバサ お題:愛と憎しみの会話 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:369字
2時間程森を分け入っているうちに、目的の薬草は集まった。 そろそろ森を出ようかと考えた時、どこからか会話が聞こえてくる。 「ウサギちゃん……君はなんて美しいん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鳥の四肢切断 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:543字
狙いを絞った。 距離、角度、そこから予想される目標への弾道予測。 今まで何回、何万回と繰り返してきた事。 今回だってまったく同じ、今までと同じように狙いを定め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにもも愛好家 お題:鳥の四肢切断 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1205字
食事をするということは何かを奪うということだ。「……んん」「顔そらしちゃダメ」 今まさに僕は違った肉を食わせられそうで困ってた。「こういうのは恥ずかしがるから 〈続きを読む〉

にいの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:早すぎたユートピア 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:797字
ユートピアの収穫の時期が迫っていた。窓から見えるほどに成長し、理想と繁栄の予感を感じては、花開くのを今かと待ち望んでいた。開花予定は今年の夏。例年より長めの梅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:セクシーな夜中 必須要素:太宰治 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:2498字 評価:3人
母は寝込みを淫魔に襲われてぼくを孕んだらしい。父親のいない理由をそんなふうにごまかしているのだと子供の頃から思っていたが、「お前の父親はそこらの人間なんかより 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:誰かは決別 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:844字
「ではこれで、私はお暇します」 他人行儀に丁寧な礼をすると、女はこれ以上なくショックを受けたようだ。おろおろと辺りを見渡し、周りもみんなおろおろしていて当てにな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:オチは決別 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:915字
大学を卒業後、共同経営者と一緒に立ち上げた会社は今、破滅の危機を迎えていた。もともと飲み会の席でノリで思いついた起業だった。昔から駄菓子屋が好きだった。不況の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:オチは自動車 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:938字
自殺志願者は今日も道路の真ん中に寝そべっていた。誰かが車で通りがかって轢いてくれればいいと望んでいたのである。彼はこれまで、自殺に失敗してばかりいた。首を吊れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:贖罪の道のり 必須要素:パスタ 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:3044字 評価:0人
郵便受けにこれでもかとパスタの束を突っ込んでいるところを住人に見られた。深夜の二時である。そんな時間に起きている家人は夜勤労働者か不眠症の病人、それと今、目を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:日本式の償い 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:819字
ある貧乏な家に生まれた娘が、色恋のいざこざによって殺された。町の誰もが犯人を知っていたが、警察は捜査をしようとせず、事故死として処理した。娘と付き合っていた恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:うへへ、狐 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:969字
予期せぬ通行止めには困ったものだが、急いでいるときならともかく、時間に余裕があれば回り道を探すくらいは手間でもない。バイト終わりの帰り道、ご丁寧に三人くらいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:誰かの視力 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:860字
眠気に負けて机に突っ伏したとたん、自分の後頭部が見えた。教卓からの視点で、ずる賢くも立てた教科書の影に隠れて居眠りしようとする生徒の姿を捉える。視線の主は怒っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:アルパカの正義 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:996字
アルパカに乗って旅をしていた男は、ある日、道端に行き倒れを見つけた。冷え込んできた夕方に上着も持たず、寒そうに自分の肩を抱いている。「旅の人、そのアルパカの毛 〈続きを読む〉