お題:隠された汁 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:541字
[削除]

親子丼
秘伝の出汁。
関東で1番旨い親子丼を作る父が昔から使い続けている秘密のレシピなのだが、彼のもとで修行を続けて3年経った今でも教えてもらうことは叶っていない。
「そりゃ、俺が教えたらうめぇもんが出来るに決まってるからな」
確かにその通りで、料理というのは作った人間の創意工夫があるからこそ新しい旨さが生まれるものである。教えて貰ったレシピで作ったのであればそれは自分の料理ではない。「見事な再現」に他ならないのである。
しかし、「学ぶ」ことの真髄は「真似ぶ」ことにあるともいう。まずは父の秘伝の出汁の製法を少しでも知り、真似て、それを手掛かりに試行錯誤するのも良いのではないかと思う。

今日もお得意から一見まで来る客は全て満足そうに店を後にしていった。
「なあ、手掛かりだけでも知りたいんだけど。あの出汁の甘さは何から出してるんだ?」
「んなもん、食ってみりゃわかる」
目の前に親子丼が差し出される。
今まで散々食べているから、その味は脳に完全にインプットされている。しかし再現出来ないのだ。
「今すぐ真似なんて無理だぜ。30年はかけねぇと、だから絶対にこの味を忘れるなよ」
親父は多分最後まで出汁のことは教えてくれない。
だから自分はこの味を忘れることは永遠に許されないのである。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:地獄のオチ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1124字
通学路にはいたるところに地獄の入り口があって、先日保護者会でも注意喚起が行われた。50メートルにひとりの割合で出没する変質者と同じくらいの脅威となっている。登 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにばに お題:コーヒーと罪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1164字
「毎朝ドブ川の水飲んでて美味しいの?」「それはコーヒーに対する冒涜に近い言葉だぞ」「でも、甘くないコーヒーってすごく不味いじゃない?」「エナジードリンクの独特の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:思い出の空想 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:980字
「私とあの人は、なんとなく付き合って、なんとなくずっと長く居続けて、なんとなく歳をとって、なんとなく結婚することになって、なんとなく子どもと幸せになって、なんと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fur お題:幼い宴 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:906字
手から花が咲くのだそうだ。太陽を映すような少女の瞳は確かに綺麗だった。永遠と見紛うほど見とれていると目を焦がす。 宴の席、薄い酒、心許ない和装には慣れない。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:zaturon2ji お題:うわ・・・私の年収、失望 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:757字
「リアルなんじゃ!」 ベッドで寝っ転がってマンガを読んでいたのだが、そのマンガのとあるセリフに反応し、私はマンガを持ったまま飛び起きた。 やめろやめろ。現実を突 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:酸性 お題:左の交わり 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1072字
「あなたがもしそれを望むなら」たまたまバーで知り合った彼女はいいとこのお嬢様で、腰まで伸びたきれいな黒髪にぱっちりとひらいたキャンディ型の瞳はまるで人形みたいだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:酸性 お題:茶色い夜風 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:787字
白い部屋だった。窓はあるけれど鍵はあかなくて、扉もあるけれど外側から鍵をかけられている。一日の大半をその部屋で過ごし、呼ばれたら実験室に移動し、夜になれば眠る。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:誰かはクレジットカード 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1037字
必要なときだけつかい、気が付けば期限が過ぎ、別のところからツケが回ってくる。 そうやって考えると、教師なんて職業は、クレジット・カードなのかもしれない。 「嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:思い出の快楽 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1317字
天使であるわたしの役目は、ロクでもない人生を送ってしまった人間に、生きることの楽しさを思い出してもらうことだった。 今日もその任務のために、わたしは一軒の古い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:maruboshi お題:調和したサッカー 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:239字
ポンッとボールを蹴る。 きれいにパスが通った。気持ちが良いくらいに。 ボールを受け取った少年のもとへ、敵のチームのディフェンサーがふたり走り寄ってくる。 その 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの冬休み 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1177字
私は自分がどこにいるのかわからなかった。 幼い頃に故郷の涼しい草原からこのどこなのかもわからないような檻の中に入れられ、毎日毎日頭だけに毛の生えた後ろ足だけを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:右の嫉妬 必須要素:チューペット 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:479字
「おいらは右がいいんだ。」少年は、ひんやり凍ったチューペットの片方を手に、姉に誇らしげな表情を見せる。生まれて初めてそれを食べて以来、チューペットの右の方。最後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつのパソコン 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:607字
今日は定休日。毎週あるのに久々の休みな気がする。コンビニバイトというのは基本的に忙しいものだが今週は特に忙しかった。主に新人のせいで。新しく入ってきたそいつはお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:複雑な映画館 必須要素:グミ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:861字
彼女の手をしっかり握って、本当に映画館か疑うほどの人混みに突入する。なんてったって今日はマンガ、ノベライズ、ドラマでも成功した「宇宙ファビュラス」の公開日。だか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い牢屋 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:851字
《ヴィスタル帝国第一王女》それが私の肩書。 帝国中の女子の中で誰もが羨む存在。それが私。 生活に一切の不自由はなく、ただし一切の自由もない。 決められた生活を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:とてつもない粉雪 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:603字
春が好きだ。どうして好きかって? そんなものは決まっている。過ごしやすいからだ。適度な温度で、適度な気候で、酷く暑かったり、酷く寒かったりと、斗出した何かがを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:男の星 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:1258字
星を見た。空に輝く、只人の手には届かぬものを。男の話をしよう。その男には何もなかった。ただ呼吸があるから生存しているというだけの、生きているか死んでいるかわから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
沈没 ※未完
作者:匿名さん お題:破天荒な哀れみ 必須要素:東京湾 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:395字
身体を指の先まで絡ませて眠りにつこうとす…自分の心臓の音だけが大きく聞こえてくる 気づけば午前3時を回っていた「ねえ…ねた?」なんて言って寝ていないのが自分だけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠されたスキル 必須要素:バッドエンド 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1614字
生まれた時から今の今まで、ずっと幸せだ。胸を張ってそう言える。それなりに裕福で優しい両親の元に生まれて、容姿もまずまず。頭の出来も悪くない。際立って目立つこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:箱の中のエデン 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:753字
男にとっての幸福は、周囲を大きな壁で囲まれたこの地にはなかった。その地は、見かけ上は平穏な場ではあった。外敵の心配もなく、天候も穏やかで作物も安定して育ち、食料 〈続きを読む〉