お題:小説家たちの宗教 制限時間:4時間 読者:18 人 文字数:16字
[削除]

FanWX ※未完
小説家たちの宗教?俺は仏教だな笑
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:鋼㋨柚酉 お題:蓋然性のあるお天気雨 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:2862字
「この地域一帯では、もう何年も雨が降っていないのです」 エルダーは蓄えた白髭を撫でながら、長い年月を経て刻まれた皺をより深くする。 すっかり衰えてやせ細った体 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蟹@創作垢 お題:帝王のおっさん 制限時間:4時間 読者:16 人 文字数:5250字
《中編より》 荷車を引きながら、森を抜けて道へと出る。杭の内側に入るだけでそこを外れたのがはるか昔のように感じた。実際は大した時間は経っていないけど、集中と緊張 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蟹@創作垢 お題:帝王のおっさん 制限時間:4時間 読者:19 人 文字数:12331字
《前編より》 一番近い危険区域は王の都へと引かれている水路の保守整備を行なう地点の近くにある洞窟だという。王の都の東側の森の中に位置し、普段は通路近くの地表に穴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蟹@創作垢 お題:帝王のおっさん 制限時間:4時間 読者:20 人 文字数:14102字
砂漠の中ほどで二つ目の水筒に切り替え、それは王の都の直前で尽きてしまった。不満を訴える腹はなかなか泣き止まず、隙があれば声を上げている。ただ真剣に歩き続けてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:星蘭 お題:斬新な映画館 制限時間:4時間 読者:30 人 文字数:5020字
ゆっくりと、眼を開いた。ずきずきと頭が痛む。一体何が起きたのか、自分は何故眠っていたのか、理解出来ない。此処は何処だ、とルカは視線を周囲に巡らせた。見慣れた景色 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:モミジノアトリエ お題:赤いぬめぬめ 制限時間:4時間 読者:43 人 文字数:565字
気付けばいつも本を読んでいる。本の頁はいつまで経っても尽きることはなく、薄い紙片をめくりすぎたせいで、右手の人差し指と親指の先の感覚はほとんど残っていない。真白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モミジノアトリエ お題:遅い暗殺者 制限時間:4時間 読者:59 人 文字数:2312字
Ⅰ 民家 其の一……東側に面した窓のガラスから、新しい日が白く照り入っている。レースカーテンに丹念に刺繍された花々の姿が、新鮮な光にまたたき輝く。まだ夢のような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SPICE5 お題:2つの外側 制限時間:4時間 読者:44 人 文字数:1059字
頬に伝わる温もりは、知ってはいけないものでした。 色を留めぬ二つの虹は、見てはいけないものでした。 呼ばれてしまった言の葉は、何処まで知られているのでしょう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:星蘭 お題:素人の暗殺者 制限時間:4時間 読者:21 人 文字数:3191字
剣を握り直し、周囲に視線を巡らせる。そこら中から感じる魔力。本来一つであるはずの大きな魔力を隠すかのようなそれは恐らく、群れのものだ。ち、とフィアは小さく舌打ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:メジャーな傑作 制限時間:4時間 読者:35 人 文字数:1503字
「定番の傑作っていうのは、どういうものだと思う。」「……定番の傑作?」ずいぶんふわついた問いだった。「小説とかの?」「まあ小説でいい。小説や映画、演劇などの傑作 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと人々 必須要素:自殺エンド 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:283字
この世界は誰が主役か?胡散臭い慈善家どもがコピペのように言いやがるあの言葉は、いとも簡単に心を劈いていく。うるせえ、うるせえなあ。この世界はあなたが主人公です。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:間違った勝利 必須要素:全力のエロス 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:417字
俺は今まで一度も敗北したことがない。もちろんそれはすべての事柄においてではなくとあるジャンルにおいてである。そのジャンルとはとある二郎系においていち早く食べ終わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:計算ずくめの囚人 必須要素:岩塩 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:501字
「人の心の檻、なんて言葉を大層大袈裟に仰々しく、まるで崇めるかのようにいう人間がいるけど、その檻の鍵は果たして自分と相手のどちらについているのかしらね?」檻とは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許されざる囚人 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:245字
悪魔は今日も暇だったので、人間界に来た。 やることはただ一つ、人間観察だ。 人間は愚かで、傲慢。自らの欲でしか動けない醜い動物だ。悪魔は人間を嫌っていた。そん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
アフター ※未完
作者:匿名さん お題:くさい海 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:363字
どんよりした空の下、それは確かにあった。 ――嘘だろ。 良二は携帯の画像と目の前のそれを何度も見比べる。全く似ても似つかない。けれど、位置情報は確かに目的地と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未熟な墓 ※未完
作者:匿名さん お題:未熟な墓 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:309字
それは金銀に光る魔法のようでした。狭い部屋のなかに、たくさんの不思議な道具や物が詰め込まれていて、幼い子供にはまるで宝石箱のようにきらめいて見えるに違いありま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐふふ、蟻 必須要素:バーボン 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:673字
小さい頃に蟻を踏み潰した時にどんな感覚を覚えたか、そんなどうでもいいことを考えていると、彼女から酒をつがれた。「私と話している最中に別のことを考えるとは中々勇気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絵描きの保険 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1304字
あぁ今月もまた描けなかったな、と保険料の振り込まれた通帳を眺めて息を吐く。 そこに刻まれた数字は自分の命綱である。その一方で、自分の無力さと無価値さを淡々と告 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
深夜の誘惑 ※未完
作者:匿名さん お題:不本意な夜中 必須要素:豚肉 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:627字
ふと目を覚ます。いつの間にか寝ていたらしく、左手に握られていたスマホに目をやれば、午前2時過ぎ。なんとも微妙な時間だが、右頬に感じる机のひんやりとした温度が私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:美しい魚 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:4416字
「…なあ」薄暗い室内。黒く、所々破れたローブをまとった男が、私の目の前の椅子に腰かけている。テーブルの上のランタンに火を灯し、虚ろな目で窓の外の荒れた海を見なが 〈続きを読む〉