お題:10の電話 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:310字
[削除]

一晩で、世界を動かすメッセージ
アルファベースからの着信だ

「10の電話の指令を君に預けよう」

これは、私が反乱分子としてスパイ活動をしていた頃の話。この僅か10回の電話が世界を変えた。

「新世界創造の報せ、各国の長10名にこの伝言を届けろ。さすれば世界が一変する。」

翌日、畳み掛ける様に世界は変容した。暴動、権力争い、億万長者の失落、地位の変化

これで良かったのか?世界から、階級と経済が消滅した。

真の自由が訪れた。

アルファベースとは我々人類を解放する組織。もう一つ、オメガベースという組織も存在する。彼等は人類を脅かする組織。
二つと力に操作され我々は存在する。

二つの組織は共通の者からの指令を聞く。

神と呼ばれる存在だ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ【萌えアカ お題:10の電話 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:509字
深呼吸をし、ダイヤルに指をかける。丁寧に確認し、最初の番号を押す、小さなプッシュ音が周りに響いた。 息を飲み、次のダイヤルへ。再び確認をして、間違いはないと何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:アルパカの夢 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1288字
先週末までに出さないといけない書類があった。で、もう週末終わってんぞ!ってなって焦って探して、ペンとかも探してハンコとかも探して、テーブルの上にあったものを「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:彼女の病気 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1054字
僕の彼女は、活字症候群だ。そういう病気が実際あるのかどうかは知らない。申告制のたぐいなのかもしれない。高所恐怖症みたいな感じで。「私活字症候群です。病気です」彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:苦しみの火 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:415字
「ここにサインを」半透明の今にも破れそうな頼りない紙が、ウッディなテーブルに張り付いている。目を泳がせながら、うるさい店だなあとオレは思う。ナチュラルおしゃれイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:私の本 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1167字
本は好きなんだけども、どうしても置き場所が限られてくる。「多い。地震の時死ぬかもしれない」部屋の一角を陣取る本の山。それを見ながらそう思った。そのため遅ればせな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:走るドロドロ 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1092字
夜中まで、会社で書類の整理をしていた。一応言っておくけどもブラックという事ではない。自分の勤めている会社がブラックという事はない。残業代も出るし。空調もフロア全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Aという友人 ※未完
作者:つくのきひめ@再開します お題:僕の好きな友人 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:981字
その人物は名前をAと言った。Aはいつも古びた一冊の本を手にし、決まってブラックコーヒーを飲んでいた。例えばそれが幕の内弁当のような和風の食事だったとしても彼は決 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:コーヒーと小説練習 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:409字
俺は会社に提出する書類をカフェのテーブルに広げた。いつも出勤前に俺はここで朝食をとる。そしてちょっとした仕事のうえでのタスクを確認したりするのだ。結構な厚さの書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:セクシーなサラリーマン 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:1063字
市役所に戸籍謄本をもらいに行くのと、住民票の控えのを提出する用事があったため、私は歩いて市役所に向かった。その日は春の陽気に満ちていて、日差しは暖かく、自転車で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:ワイルドな川 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:440字
目覚まし時計が壊れていた。すべての災難はそこから始まった。「次に遅刻したらクビだ」と宣告されてしまった以上、僕は会社を遅刻した時点で無職になってしまう!走った、 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:消えた秘部 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:317字
「私には黒歴史があってな……」「うんうん、それで?」 今も十分未来の自分からしたら黒歴史じゃないのかな、と思いながら、口調が若干古い友人の言葉を待った。「……… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄金の小説 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:2時間 読者:17 人 文字数:1843字
大変なものと居合わせている。「黄金の小説」である。己の人生の中で、一冊出会えるかどうか、というあの黄金の小説である。反して、現在の私自身は「駄作」それもだしうる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:地獄結末 制限時間:4時間 読者:3 人 文字数:4101字
☆「アマトくーん。ちょっといいかい」「はーい。なんですか部長」 とある天界にシャツとパンツをクールビズスタイルでしゃきっと着こなし働く者がいた。その名は界間アマ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天才の木 必須要素:セリフのみ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:929字
「君は知っているかい?」 「俺が知っているのはここにお前がいちゃ行けないことだ」 「この木の下には僕のご先祖様が居たんだ。天才、秀才、逸材。いろんな言葉で褒め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天国の希望 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:334字
天国って美しいところなんて思ってない?そりゃあお間違いだね。美しい心は天国に行けるなんて言われてるけど実際はギスギスした世界さ。何の汚れのない魂が来ることなんて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天国の希望 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:808字
俺はそろそろ自○する。なんでかって?そりゃもちろん死にたいからだよ。それ以外理由なんてないじゃん?え、なんで死にたいかって?お前、生きるって言ってるやつになんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:おいでよ曲 必須要素:ラーメン 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:888字
ズルズルズルズル!!彼女は豪快に麺をすする、一滴も残さんばかりに。彼女は先程審査に落ちたばかりであった。1人狭く冷たい部屋の中でぶくぶくと沈んでいたのだが、息が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な視力 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:434字
「あれ?センパイじゃん。なにしてんの?」空き教室の一角で呆然としている僕の前に現れたのは、一つ下の後輩、有野優衣だった。一度、優衣に目をやるが、再び机の上の壊れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ゲノマダス ※未完
作者:匿名さん お題:東京の暴走 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:656字
その知らせは唐突だった。 「はっはっはっはっ!」 路地裏を走る影。 月の光を反射している帯刀が、影が走る度にその光かたを変えていた。 複雑に絡まる路地裏を走っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:早すぎた計算 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:1029字
諦めるのが遅すぎた。 という書き出しで小説を書き始めてすぐ諦めた。 遅いほど長く諦めなかったことなどない。 今、こうやって君に詳細を手紙で書き送る為に机の前に 〈続きを読む〉