ユーザーアイコンDDT
お題:青い信仰 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:406字

青い信仰
光りながら回るねずみのロボットが壊れた時、兄は「お墓をつくろう」と言った。

わたしたちはいつも電子音で流れていたメロディを口ずさみながら、公園脇の椿の木の根元を掘った。
拾ってきた棒が何度か折れたが、わたしたちはあきらめなかった。

プラスティックの肌に剥げかけたフェルトの毛が貼ってある。
くたびれて動かなくなったねずみをそっと穴の中に置き、兄はつんできたカタクリの花を高いところからパラパラと落とした。
「よしいいぞ、まいこ」
わたしは頷いてかがみこみ、神妙に土をよせた。

ねずみの上にかかる土は変だなと思った。
電池で動くロボットだから外に持ち出すことはなかったし、土まみれになることなんて今まで一度もなかった。
手がかじかむように止まって、胸がずきりと痛んだ。

死んだんだ、もう動かない。さようならなんだ。

何度も何度も聞いて空耳になるくらいのメロディを、また繰り返し歌いながらお葬式は終わった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:野上屋亜弥@プププランドに移住したい お題:青い信仰 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:2時間 読者:337 人 文字数:1203字
青い空。青い海。青々とした植物。きっと青は、全ての命の始まりの色。 目の前に広がる大自然を前に機械少女は笑う。その呟きを魔法少女は嗤った。「よく言うよ。色彩な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:我有一徹@カクヨムVtuber お題:熱い悲しみ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:779字
終戦直前だと通信が入る。 どうしても倒したい奴がいた。「あいつだけは!」 仲間から会敵の声があがる。「奴は!」「この先の陣地で籠城してる!」 副隊長が木の幹に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:消えた秘部 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:317字
「私には黒歴史があってな……」「うんうん、それで?」 今も十分未来の自分からしたら黒歴史じゃないのかな、と思いながら、口調が若干古い友人の言葉を待った。「……… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:戦争とピアノ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:546字
僕は戦争を知らない。知らないものは表現しようがないのだ。例え仕事として依頼されたとしても。耳成は嘆息し、それに指を滑らせた。ポロン、ポロンと描いた通りの音が触れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:空前絶後の耳 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:430字
「お前、変な物でも食った?」「食ってねーよ、起きたらこうなってたんだよ」山田が耳に手を伸ばすと、佐藤は耳をはためかせて阻止する。山田の体はいとも簡単に吹っ飛んだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:正しいカリスマ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1056字
ある日の放課後。 校舎から離れた部室の前に止まったパトカーから現れた数人の警官によって、野球部全員が取り調べを受けることになった。 この事を重く受け止めた高校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:燃える円周率 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:948字
師匠の書斎からはトイレットペーパーがどこまでも長く伸びていた。なぜトイレットペーパーかというと、あまりにも長い数列を書き記すのに、うってつけの細長い紙だったか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とりてん△しそたらこ お題:間違った土地 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:792字
「ここに〇△という者はいないか?」 早朝に戸を叩かれて開けてみたら、私は遠慮がちな問いに迎えられた。 知らないと答えると、相手は困惑気味に目線を巡らせる。 しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:凛とした借金 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:883字
ニヤニヤと、男を見つめる少年。なんともかんとも、眩しさすら感じるその顔を向けられて、一体どういう反応を返すべきなのか困る。こんな世界と人生なのだから、これから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:zaturon2ji お題:凛とした借金 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:840字
「金なんて貸していないが?」 相手の言葉に、「ああ、いや」と言葉を濁す。 実際に金を借りた、という話ではない。心の借金とでもいうか、気持ちの問題だった。「確かに 〈続きを読む〉

DDTの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:永遠の略奪 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:634字
満ち満ちた甘い香り、アクセントはちょっとスパイシーなシトラス。はちみつ色にとろける夢見心地な午後は、眠くて眠くて今にもまぶたがくっついちゃいそう。きらきらのガラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:消えた稲妻 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:404字
兄は16歳の誕生日当日に免許を取った。そうして速やかに地元の暴走チームに参加した。愛車は取りあえずの原付だったが、先輩に改造してもらったので、走らせるとそこそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:進撃の惑星 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:462字
あれ、マグカップが縮んでいる。いつの間にか机に突っ伏して気を失っていたらしい。寝静まった家のしんしんとした気配と、蛍みたいにスタンドの灯りが点いたオレの部屋を全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:ゆるふわ愛され顔 必須要素:うまい棒 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:298字
膝に彼女ができた。皺だと思っていたら、ぱっくり割れて話しかけてきた。「あなたのこと知りたいの」これが人面瘡というやつか。うああああ。えーーっと。まずはデイトから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:空前絶後の地下室 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:340字
兄ちゃんが地下の貯蔵庫にりんごを取りに行ったまま帰ってこない。裏庭の並木に鈴なりになった真っ赤なコックス。抱えきれないほど収穫して、あけびのつるでできた頑丈な籠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:DDT お題:元気なオチ 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:282字
「私宛のダイレクトメッセージは下駄箱へ。ご意見、ご感想、その他提案、不満、罵倒、中傷、憧憬、恋文、俳句、手作りクッキー、呪いの人形等々なんでも。公に設置しました 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:空前絶後の宴 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:480字
耐久レースとは聞いていたが。従妹がモンゴルで結婚することになり、鉄道の最寄駅から乗り合いバスに乗って山をふたつ越えた谷間にある寒村にたどりついた。もう宴は始まっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:愛と死の悪役 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:389字
バン、と撃つ真似をしてみせる。人差し指をすっと誰かに向けながら、その左手を右手で支えて、素早く片目をつぶりゆっくり小首をかしげる。いつもの従妹のかわいい癖だ。ほ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:魅惑の失踪 必須要素:右膝 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:614字
逃げられないように右膝の腱を切られた。男はそう言った。聞こえないくらいの小声だった。その上かすれて半分くらい空気が漏れている感じだった。だけど今まで歩いてきまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:過去のゴリラ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:492字
腕をぶん回したら隣の席の間宮さんに当たって鼻血垂れた。鼻血は鼻の下からぬっという感じで浜辺の生き物みたいに現れた。やっちゃったな、という気持ちばかりが濃く煮ださ 〈続きを読む〉