お題:ナウい闇 制限時間:2時間 読者:44 人 文字数:321字

海底、地の底、地獄の底
ゴボゴボとあぶくが落ちていく。
殺人の末の逃走だった、どうして逃げているのかすらわからなくなるほど擦り切れた私の、死の間際の小さな抵抗。
結局、延命じみた逃走劇は追い詰められた断崖絶壁で終わった。

7月終わりの夜の海は、思っているより冷たい。
柔らかな闇が眼下に広がっている。
海流に揉まれて崖にたたきつけられると思っていたが、海は優しく無慈悲に底へ底へと私を呑む。

そういえば、あの人を殺して捨てたのも海だった。
逃げるさなかも、今でさえ、私を苛んで止まないあの人。
今だって、見えているのに。
いつも通りの微笑みを浮かべたあいつ、何もかも持っていた、一方的に殺した宿敵、愛する天才。

私は、あなたを

声は届かず、闇に紛れて消えた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:セクシーな霧 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:2629字
仕事から帰ると、居間のテーブルの上に、弟が買った週刊少年ジャンプが置かれていて、僕はそれを見せてもらうのが日課になっていた。その中でも、毎回それはありえないだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い牢屋 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:851字
《ヴィスタル帝国第一王女》それが私の肩書。 帝国中の女子の中で誰もが羨む存在。それが私。 生活に一切の不自由はなく、ただし一切の自由もない。 決められた生活を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:男の星 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:1258字
星を見た。空に輝く、只人の手には届かぬものを。男の話をしよう。その男には何もなかった。ただ呼吸があるから生存しているというだけの、生きているか死んでいるかわから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大好きな豪雪 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:261字
昼夜を問わず、心身と振り続ける雪は辺り一面を真っ白に染めた。最初は、いつものように積雪数センチのはずだったのに、いつしかメートル、キロメートルと積もり続けた雪は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炉心 お題:きちんとした夜 制限時間:2時間 読者:40 人 文字数:2602字
「食いもんの恨みほど恐ろしいものはないーー昔からよく言うよな。でもさ、神名(かんな)。この言葉にはもっと、根本があるんだよ」葉月はそう言うと、うんうん、と自らの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:7さい お題:最強の冬休み 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:1724字
「夏休みから、学校行ってないらしいのよ奥さん!」「あれ? 夏休みって、まだ3日ぐらい残ってるんじゃなかったかしら?」「違うのよぉー! 去・年・の・夏休み明けから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:國政綾水と再会するまで絶対に生き続けるアカウント お題:わたしの嫌いなスキル 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:3275字
「もーほんと最悪。ねえ、私どうしたらいいと思う? やっぱり私から謝ったほうがいいかな?」そんなの私が決めることじゃないよ。私が隠した私は、冷淡にそんな言葉を放っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鋼㋨柚酉 お題:希望の人々 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:2440字
2年2組の教室でそれは起きた。 「誰も助けてはくれない……全員に復讐してやる」 生徒の名前は大兼 浩志(おおがね こうし)。 顔全体を黒い霧のようなものが覆い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:7さい お題:フハハハハ!それは経験 制限時間:2時間 読者:36 人 文字数:83字
インタビューアー: …はい、さまざまなことを聞いて参りましたが、ここで最後の質問。恋愛マスターの笹岡さんに唯一足りないものとは!?笹岡:フハハハハ! それは経験 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:小さな扉 制限時間:2時間 読者:19 人 文字数:1824字
「人の中には『 』があるのを知っているだろうか。ああ聞き取れなかったかい?『 』だ。 何、それでもわからない?困ったな、少し待ってくれ調べる。うーん、これが近い 〈続きを読む〉

夏風邪の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:愛と欲望の、と彼女は言った 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:475字
恋の先に愛がある、と彼女は言う。「愛というものは、相手のすべてが欲しくなるものだと思うんだ。愛欲だとか所有欲だとかでも、相手と一体になりたいとかでもいいんだけど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:彼と水たまり 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:456字
「なにやってんの。」降りしきる雨の中に、見知った男の顔があった。水たまりの中央に立ち、白むほどの雨粒に叩かれて濡れ鼠になっている。ザアザアと空気を裂き地を叩く音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:誰かは時雨 制限時間:2時間 読者:52 人 文字数:420字
あいにくの通り雨ですね、最近晴れの日が増えてきてたんですけど。まあしょうがないですね、梅雨がすぐそこにいるんですもの、雨も降ります。え、比喩かって?違いますよ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:阿修羅ネット 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:636字
精神を三分割することによって作業の効率化を図る阿修羅ネットワークが出来上がり1年後。分割した精神ごとに自我が産まれる、すなわち半強制的にネットワーク上で多重人格 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:うるさい暗殺者 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:357字
「お前、ここから脱しさえすれば、地獄から抜け出せると思ってただろ。」どろどろと足元に赤が広がっていく。破れたビーズクッションみたいになった眼下の人間が、投げかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:メジャーな傑作 制限時間:4時間 読者:45 人 文字数:1503字
「定番の傑作っていうのは、どういうものだと思う。」「……定番の傑作?」ずいぶんふわついた問いだった。「小説とかの?」「まあ小説でいい。小説や映画、演劇などの傑作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:天才の体験 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:767字
柔らかでサラついた生地に舌が触れる。噛みついた唇でちぎり切れなかったチーズが、するすると伸びた。ソースに籠った熱が歯に沁みたが、すぐ目の前に迫っている美味の前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:ダイナミックな電撃 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:487字
パリパリと皮膚が跳ねる、勝手に引き攣れる筋肉を無理矢理動かす。白く飛ぶ視界は一点のみ、一人の男を見つめている。今日こそは殺してみせる、今日こそは今日こそは今日こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:軽い光景 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:152字
ふと冬の景色を思い返す。重苦しくも乾いた冷たさを吸い込んだ時の、ピリピリとした鼻腔の痛みが思い起こされる。温かな室内にあがり、コートを脱ぎながら母のお帰りという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:ナウい闇 制限時間:2時間 読者:44 人 文字数:321字
ゴボゴボとあぶくが落ちていく。殺人の末の逃走だった、どうして逃げているのかすらわからなくなるほど擦り切れた私の、死の間際の小さな抵抗。結局、延命じみた逃走劇は追 〈続きを読む〉