お題:うわ・・・私の年収、フォロワー 必須要素:パチンコ玉 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:919字

思いとどまってセーフ
『うわ・・・私の年収、フォロワーの数と一緒アプリ』
というのができて、やってみたら当然のことながら、

「あなたの年収は114万です」
ってなった(2019/06/13現在のフォロワー数)。私がつぶやいたことにされた。タイムラインにも乗った。

「いや、そらそうだろ!」
イコールだろ?何かしらの±はないんだろ?だったらフォロワーさんの数が年収じゃないか。そのままじゃねえか。

しかもその114万ですの下には、もっと頑張りましょう。って書いてて、それが腹立った。

もっと頑張りましょうって何?
「何それ?」
ツイッターでもっと活動したりしろってこと?きれいな絵を描くとか?面白い動画をアップするとか?気の利いたコメントするとか?もっとお題とかに答えるやつをやるとか?頻繁に発言するとかか?他人のツイートにいいねとかリツイートするとかか?

いやあ、無理があるなあ。だって地がそうじゃないんだもん。地がそんなに何でもかんでもできるタイプじゃないんだよ。根暗なんだもん。あまり他人にも興味がないんだもん。でも、そうやってやってきたんだよ。今までずっとそうだったんだよ。そうやってやってきたからまだやってるんだよ。無理しないから続いているんだよ。

それなのに、まるで不幸をしょってるみたいなこと言われてもなあ。

困る。

また、そういうのをやった後、
「なんだよこれ!114万じゃ、暮らせんわ!」
とかツイートしないからなあ。

一言添えたらまた違って見えるだろうになあ。知らない人にも、
「もしかして明るい人?」
って思われるかもしれないのになあ。

でも、明るくないからなあ。素は。人見知りだし。根暗だし。根暗を悪いこととも思ってないし。たまに躁鬱の躁みたいな状態になることがあっても、大体は鬱みたいな感じだしなあ。

んで、結局「暮らせんわこの野郎!」的な添え物ツイートはしなかった。結構悩んだけどやらなかった。しかし後日、私よりもフォロワーさんが多少多い人が、

「年間150万じゃ暮らせんわ!」
って言って、叩かれてた。ゴイスー叩かれてた。

よかったつぶやかなくて。

パチンコ玉みたいに叩かれた。炎上してた。よかったなあ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
ロキとテトラ ※未完
作者:にぼし お題:うわ・・・私の年収、フォロワー 制限時間:30分 読者:153 人 文字数:1461字
「ちょっとそこの子、近くに行っていい?!」返事を待たずに女性は草を滑って降りてきた。二十代ほどのやせ型。様相が囚人服であることから殺人罪で捕まっていた犯罪者で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:同性愛の青春 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1169字
「お兄さん、これ」隣の席の男性に声をかけられ、横目で見てみると、一つのパチ○コ玉を俺に差し出していた。そのすぐにルーレットが止まり、俺は「ありがと」とだけ言って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
絶望の音 ※未完
作者:しらいわと お題:絶望的な螺旋 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:321字
静かな空間に、時計の音がうるさく響く。微かにガソリンのにおいがした。「そうだ。”アレス”のデータをこちらに渡せ。さもなくば、お前の娘の命はない」 時折会話とし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
パチ○コ玉 ※未完
作者:魔将軍・ヘクター お題:右の家 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:779字
俺ほど自堕落な生活を送るやつもそうはいまい。シェフの夢を抱いて、身一つで宮城から移り、東京のとある大きなホテルにつ雇われた。都会に出たは良いものの、理想と現実は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ジュウダ ※未完
作者:はろー お題:鈍い彼女 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:220字
「思ってるのの5倍は痛いよ」と彼女は言った。チンピラは何も言わなかったが少し怯んでいるようでもあった。「金がいるならあげる。君、バッグから出して。」彼女の両手は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:淡い夏 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:722字
うだるように暑い夏の日、パチ○コ屋の前を通ると道端にパチ○コ玉が一粒落ちていた。ひょいと拾い上げ(良い子は真似しちゃいけないぞ!)、エアコンで涼しい店内に入り空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:打算的な民話 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:949字
ある街に、パチ○コ玉がいました。間違えました。鉄砲玉がいました。 鉄砲玉は生まれたときから鉄砲玉でした。彼女には……そう、その鉄砲玉はおんなのこだったのですが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:不本意なぬくもり 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:640字
諸君はラッキースケベというものにあったことがあるだろうか?僕はある。忘れようにも忘れられない。僕が大学生のころの話だ。僕のサークルでの飲み会の帰りだった。飲み会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:女の小説家たち 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:349字
銀色の丸光りした玉弾いては飛び散る銀の雫私はずっと見つめていたいその先にあるものは金黄金の金を呼び起こす銀の玉彼は恥じることなく出てくるしかし、出ては弾かれる入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:団地妻の傘 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:549字
マンション下の公園で父から貰ったスリリングショットで遊んでいた少年がいた。貰うときにはよくよく注意をされていて、少年はそのことをよくよく覚えていた。注意したこと 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:死にぞこないの広告 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1054字
「どうせ炎上して、批判がされるからすぐ中止する予定です」というコピーが脇にあり、反対側には、「囚人だってたまにはおしゃれしたい」と書かれ、その真ん中にこわもての 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:恥ずかしい雲 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:846字
鬼退治が終わって、桃太郎氏が地元に凱旋し、姫と宝物についてどうするかという話になり、結構な大ごとになり、私達犬猿雉は多少の混乱がありました。桃太郎氏は連日、町の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:東京幻想 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1022字
「東京都民だけ、消費税8パーのままなんだって」「なんだそれ!」そらそうだろう。そらなんだそれって言われるよ。なんかどっかのタイミングで10パーに上がるのは知って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:アブノーマルなライオン 必須要素:ギャグ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1123字
「一撃で決める」「は?どうしたの急に?」「見てよ、これ」そういって見せられたのはパソコンの画面であった。画面には即興小説が映っていた。「何?」「何じゃないよ。読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:遅い小説練習 必須要素:骸骨 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:950字
「早く打てるようになりたい。もっとタイピングが上手になりたい」15分で1000文字をマストで書けるようになりたい。もうこの際内容はなんだっていいから、とにかく1 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うわ・・・私の年収、フォロワー 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:919字
『うわ・・・私の年収、フォロワーの数と一緒アプリ』というのができて、やってみたら当然のことながら、「あなたの年収は114万です」ってなった(2019/06/13 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:8月の接吻 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:942字
「8月はキス、接吻、ノー、NGだから」というようなことを言われた。どういうことだ?「8月にキス、接吻をしないと約束する?」「うーん」8月かあ、に、し、む、く、さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:気高い新卒 必須要素:高校 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1102字
「う、ううわー」異世界に飛ばされた。理由は割愛する。好きな理由でどうぞ。目を覚ますと大草原にいた。大草原の小さな家みたいな大草原。「ひく」ひくなあ。確かに。急に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:大きな祝福 必須要素:三角関係 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1086字
なんかお歳暮というか、お歳暮じゃねえな。時期的に。お中元!お中元だ。お中元に油をもらった。「油だ」大きい奴、小さい奴、高そうな奴、大小さまざまな油だった。油の詰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:凛とした反逆 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:904字
もうすぐ晩御飯だって言われた。「・・・」でも、今目の前にポテトチップスがある。たべたい↑のは心の声。「お母さん、これは違うんだよ」気が付くと右手がポテチのパッケ 〈続きを読む〉