お題:8月の接吻 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:942字

佐藤ヌルスとかいう絵みたいに
「8月はキス、接吻、ノー、NGだから」
というようなことを言われた。どういうことだ?

「8月にキス、接吻をしないと約束する?」
「うーん」
8月かあ、に、し、む、く、さむらい・・・8月は31日あるじゃないか。31日キスができないというのはどうなんだろう?大丈夫なんだろうか?どうしてもしたくなったりしたらどうすればいいんだろう?産後クライシス的な感じになるんだろうか?産後、夫が体を求めてくるのが嫌になった的な感じになるんだろうか?

「8月に接吻のたぐいをしたら、離婚」
「離婚!?」
そんなことになる?

「離れる婚」
「離れる婚ですか・・・」
しかしその時ふと、脳内である昔話のことを思い出した。

「鶴恩だ」
「え?何?」
「鶴の恩返し」
「猫?」
「ジブリじゃないよ」
「鶴の恩返しは知ってるけど、それが何?」
「いやだから、鶴も私がはたを織っているときは決して覗かないでくださいって言うでしょ?」

「ああ・・・」
「あれのロングだ、ロング版だ」
「ロング版っていう感じかわからないけど私は」
「8月にキスしなかったらなんかあるの?」
何かしらのこう、マージンというか、バックはあるの?
「離婚しない」
「え?それだけ?」
「それだけだけど何か?」
口調が怖くなってきたので、それで黙った。

「まあでも、8月に限って言えば、風俗に行ってもいい」
「ああ・・・」
「お金も出す」
「え?マジすか?」
「だからとにかく結婚するなら8月にキスしないで」
「うーん・・・」
どうなるんだろうかなあ。不意に酔っぱらってキスしたりしたらどうなるんだろう?鶴になって帰ってしまうのだろうか?あるいはぐおおおおおとか唸り声をあげて、獣人とかになるんだろうか?八つ裂きにされるんだろうか?わが子を喰らう佐藤ヌルスとかいう絵みたいにかぶりつきチキンみたいにされるんだろうか?

「・・・それでもまあ、僕は」
「・・・」
「君と結婚したいと思うなあ・・・」
たとえわが子を喰らう佐藤ヌルスとかいう絵みたい食べられたとしても、それはもう仕方ないかなあ。

「ありがとぅ」
彼女はトゥースみたいなことを言った。

あと、一応怖かったので、入籍は9月に入ってからした。新婚だし、キスするだろうし。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:碧依 お題:綺麗な朝日 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:642字
深夜に、嫁が出て行った。 俺にとってはあまりにも唐突な出来事だったが、俺達夫婦を見てきた友人に電話をすると「まあ、そうだろうなあ」とあきれたような声で返してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:【読書家Vtuber】書三代ガクト お題:理想的な作家デビュー 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:881字
「先生の作品大好きなんです」 文庫本にペンを滑らせ、ファンと握手したところ、そう言われた。少しだけうつむいていた顔を上げる。彼女は頭を振りながら熱っぽく語った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:コディアック緋熊@創作試験問題メンバー お題:僕とギャグ 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:518字
僕とギャグは切っても切れない間柄にある。どんな状況においても笑いを欲し、周囲の人々を笑わせることに生き甲斐を感じるからだ。時には、ふざけてはいけない場所でおどけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:バイオ何でも屋 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:442字
俺、バイオは何でも屋を経営している。日々色々な用件が我が店へと飛び込んでくるのだが、今日は中でも一線を画していた。「うちの夫が浮気しているかもしれないの!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:熱い小説家たち 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:775字
僕たちには、これといった収入がない。自分が書けば、お金が儲かる。そういう仕組みの仕事をしているんだ。でも仕事をしなければ、何も収入がないわけだ。しかし、認められ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:真実の列車 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:661字
全ては計画通りだ。離婚を承諾しない夫を葬るための手段。このために結婚当時16歳の頃から私は下準備を重ねてきたのだ。財産目当ての夫との愛のない生活などこれでおさら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:めっちゃ超能力 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:1327字
お父さんが出て行って、しばらくしていつの間にか僕の苗字は変わっていた。ああ、これがいわゆるリコンっていうやつなんだなって子供心に分かった。ただ、理由に関しては 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:めっちゃ超能力 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:810字
離婚届に判を押させるのにここまで「力」を使うとは。夫は50数年のしょぼくれた人生のどこで蓄えていたのか、決死の表情をしながら印鑑を持たされた右手を押さえつけてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:間違った出会い 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:322字
やっぱり離婚しよう。僕達このままじゃ腐っちゃう。そもそもおかしかったんだよ、プロホーズした場所が居酒屋でしかもその場のノリでなんて。ていうかなんで君もOKしてる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黒いドロドロ 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:182 人 文字数:474字
「ねえ、あなた、天井からなんかはみ出してるんだけど」「・・・・・・」信夫はそれどころではなかった。離婚届が机の上にある。(なぜ? 幸せな家庭だったのに・・・・・ 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:振り向けばそこにいたずら 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1090字
今にして思えば、子供のころは多少なりとも無理をしていたのかもしれないと思う。人付き合いとか、元気さとか、子供ってそういうもんだと思っていたが、やはり今の生活の自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:青い幻覚 必須要素:1000字以内 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1286字
白黒写真の中に一部だけ色がついてるのがあるじゃない?ああいうのかっこいいよねって思っていたら、自分の視覚がそういう事になって、そういう事じゃない。ってなった。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:今年の私 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1041字
トドの話が書きたくなったが、実際のトドを見た事が無い。「日本だったらどこで会えるんだろう?」検索してみると北海道と出た。北海道の水族館にいるらしい。ショーも見れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:贖罪の抜け毛 必須要素:美容整形 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1149字
ちょっと美容整形に手を出して、鼻を高くしたら、「お前何してんだ、この野郎!」ってなんか天から怒号が聞こえてきて、「これから先お前の人生贖罪の人生な」って言われて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:楽しかったパラダイス 必須要素:やかん 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:875字
ちょっとしたバカンスに異世界に行った。ロンバケ。ちなみにバカンスに異世界を選んだのは、地球はどこに行っても人がいるだろうなと思ったためでもあるし、秘境と呼ばれる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:ドイツ式の同性愛 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1081字
愛に国境はないらしいが、妖怪に告白されたのは初めての事だった。家に帰っている途中突然前方に壁が出現して、それがなんとぬりかべだった。しかも私と同じ性別だった。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:つらい祖父 必須要素:節分豆 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1075字
祖父は戦争で死んだため、私は会った事が無い。仏壇のサイドの天井の近くに白黒写真があって、私はそれを見て育った。詳しくは知らないが、戦争に行くときの姿のように見え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:とてつもない傑作 必須要素:イヤホン 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1087字
マナー違反かとは思うが、散歩するときイヤホンをつけて散歩する場合がある。外で耳をふさいで歩くということがどれほどに危険な行為か、屋外にはスマホを見ながら自転車を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:夜と冬休み 必須要素:ニュース 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1874字 評価:0人
足元からざくざくと音がする。雪を踏みしめる音だ。あたりは一面の雪面。雪の上には自分の足跡しかない。昨日の昼から雪が降っていた。上り坂には誰の足跡もない。人も車も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:メジャーな祖父 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1067字
昔だったら近所のうわさの種、人々の貴重な時間の利用のされ方をしていたであろう、痴呆やらアルツハイマーやらに関する症状の類も、昨今だいぶ脚光を浴びて不可思議やら摩 〈続きを読む〉