お題:私と性格 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:422字
[削除]

神託 ※未完
「もっと明るくなれますように」
 不意に声が聞こえた。寝ぼけ眼を擦りつつ屋根から下を覗くと、一人の少女が一心にお祈りをしていた。
 両手を合わせ、ぎゅっと目をつむって。見れば、その腕や脚は包帯でぐるぐる巻きにされている。素肌は顔だけでしか見えない。願いは切実に違いない。
 ただ、
 ――あれは無理ね。
 少女の周りには暗いもやがかかっている。あれは今年の彼女が背負う今年の定めだ。もはや義務に近く、私にはどうすることもできない。
 自分にはどうしようもない、それだけでも分かればいくらか気持ちは晴れるだろう。けれど、ヒトの身で気づくのは難しい。性格と気質は別物だと、中々悟れないヒトには。
 ――ちょっとは元気づけてあげたいけど……。
 せっかくお参りに来てくれたのだ。少しだけでもその甲斐はあったと思わせてあげたかった。
 私は思案しながら何の気なしに近くの道に目を向ける。
 ――おっ。
 これ幸い。私は早速行動に移した。
「ちょっと」 
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:私と性格 必須要素:う○こ 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:670字
「またうん〇こがいらしたぞ」十五分の部、いざ挑戦。押したら必須要素がうん〇こだった。こないだも、昨日だったかな?うん〇こだった。「Twitterに上がる際に、〇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:わんこ お題:彼の幻覚 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1024字
荒れ果てた草原の中に一人の純白い身を包んだ乙女が立っていた。どこまでも荒原は続く。かつてここには人々がたくさん住んでいた。今ではその純白の乙女がただ一人佇むのみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:漆黒の闇に包まれし抜け毛 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:428字
基本的にあまり現実を見たくない俺は、自分の部屋のレイアウトを黒一色にしている。厨二病とかではなく、黒が何においても一番好きな色なのだ。このあいだ初めて俺の部屋に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:あいつの社会 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:2191字
引き続き、猫の話。 俺がしばらく家を出た話を書いたと思う。その頃にメイちゃんは死んでしまった。 もし、この即興に目を通している人がいたら、俺のことを冷たいと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:素人の栄光 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1289字
人通りの少ない道に面する路地裏、そこに一人の少女が蹲っている。「………」 出来ることなら見て見ぬふりをしたかった。けれど、太一には見過ごせない事情がある。 知 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:犬の姫君 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1036字
「俺は、絶対あれは何かの化身だと思うぞ。例えば犬だ。人前で顔を隠すってことは後ろ暗いことがあるに決まっている」 安酒しか提供することのない、王宮から遠く離れた貧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:めっちゃにおい 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:2179字
いつもの猫の話、目標2000字 猫に上げる餌を百円ショップで購入していた父親と母親であったが、しばらくしてから真っ当な値段の猫用餌を購入するようになった。 ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やる夫スレ作家のアライさん お題:凛としたエデン 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:972字
そこは楽園と呼ぶにはあまりにも整いすぎていた。 50メーター区画で正確に整備された4メーター幅のアスファルト舗装路が作り出す碁盤の目状の都市には、これまた正確 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森辺学 お題:凛としたエデン 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:582字
「すみません、この近くに『凛としたエデン』が入荷していると聞いたのですが」 男の言葉に女が答える。「お客様はここのご利用は初めてですか?」「ああいえ、『砂漠の端 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:三角葦(サンカク アシ) お題:いわゆる善意 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1255字
それは、いわゆる善意だった。霞は特にお人好しなわけでも、ひととの関わりを避けるわけでもない。ごくごく普通の女の子。何かが起きれば人並み程度に、何かしたり、何も 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦争と修道女 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:392字
荒れ果てた草原の中に一人の純白い身を包んだ乙女が立っていた。どこまでも荒原は続く。かつてここには人々がたくさん住んでいた。今ではその純白の乙女がただ一人佇むの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緩やかな痛み 必須要素:TOEIC 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:582字
さあ、今週もやってまいりました。誰かを実験台にしてなんかするコーナー今回は、丸瀬昭典さんです。丸瀬さん、気持ちはどうですか。「Gatagagatagtagaga 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鈍い王子 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:474字
「王子、今日も市民よりたくさんの要望書が届いています」と侍従長が言った。 王子は城にある展望台から外を眺めたまま、まゆをひそめただけだった。 「今日こそは、何か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:幸福な春 制限時間:4時間 読者:0 人 文字数:3228字
失敗した。失敗した。失敗した。私は失敗した。大学受験が終わり、晴れて進路も定まらずに高校を卒業することになった。笑顔が溢れる教室の中で私にだけ幸福な春は訪れなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
中東ライオン ※未完
作者:匿名さん お題:あいつのライオン 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1290字
あいつのライオンが憎くてたまらない。隣に住んでいるムジャヒディンがライオンを飼いだしてからというものの、家の愛犬のトムハンクス、愛称ミッポが怯え切って隅で丸まっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:イギリス式の人体 必須要素:MD 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:488字
英式人体新書著者 Albert D 人体とはなんであろうか、その問いは私の心を掴んで離さない。私たちは脳からの信号をもらって人体を動かしているが、我々イギリス人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と耳 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:491字
ある日俺の耳が分裂した。白トリュフを彼女と食べに夜景の綺麗な高級レストランに行き、プロポーズをしようとした瞬間であった。夜景が綺麗だと話をし、少し話があると彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけの希望 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:249字
キャンディ・スキャンティがヨーロッパ・ロマネスク様式の部屋の宝石箱を開くと今日はそこに大学があった。スキャンダル好きなスキャンティはひとたばのギーク・ボウイたち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の血 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:216字
左手首をかしげると、薄青い静脈が、すうと浮かび上がった。月明かりだけが窓掛け越しに照らす寝室で、ぼくは顔も知らぬ母親について思った。彼女のことは何も知らないのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な神様 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:398字
この世のありとあらゆるものに神は宿る。太陽にも、月にも、海にも、山にも、その辺の歪な石ころにだって宿る。車にも、机にも、携帯電話にも、トイレにも、何を伝えたいの 〈続きを読む〉