お題:限りなく透明に近い整形 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:422字

兄の主張※ほんのりBL風味
 その変化はあまりにも小さく、俺はまったく気づいていなかった。
 十歳年下の友人の弟。
 出会いは高校の頃。子供はまだ小学生だった。男とも女ともつかない幼児らしい愛らしさは見ていて楽しかった。一人っ子で弟妹のいない俺に懐く様子は面映ゆく、お兄ちゃん、お兄ちゃんと慕われるのは悪くない気分だった。
 高校、大学、社会人と、年を経るごとに友人との付き合いは疎遠になったが、切れることはなく細く長く続き、その弟ともごくごくたまに会うことはあった。
 その日、混雑した電車内で弟を見かけた。
 俺の視線に気づいた相手と目が合う。その隣りには先輩らしき男子がいた。
 むかし俺にしたように懐いている様子に気を許している相手なのだと分かったが、なんとなく面白くない。甘えの中の媚態に気づいたのは俺が第三者の立場になったからだ。そしてそれに気づくということは
 いつか子供も大人になるのだと分かっていなかった。願わくはいままで通り俺だけを見ていてくれないか。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:もき お題:腐ったデザイナー 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:749字
まったくどいつもこいつも使い物にならない馬鹿ばかりだと、イライラしながら俺はオフィス街の一端にあるベンチに腰掛け、先ほど買ったばかりのサンドイッチを食っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ひよよんとかなみの子ども お題:腐ったデザイナー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:834字
色とりどりの世界がこの世。 一番綺麗だというのは、自分の血。流すのは簡単、でも痛い。少しずつ少しずつ針を通して、やっと出てくる。 もっとバッサリと切ってしまえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦争と修道女 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:392字
荒れ果てた草原の中に一人の純白い身を包んだ乙女が立っていた。どこまでも荒原は続く。かつてここには人々がたくさん住んでいた。今ではその純白の乙女がただ一人佇むの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺の駄作 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1192字
「駄作ですが、どうぞ読んでください」 とんでもない文面で来たな、と俺はSNSの画面を見て唸った。 この短文投稿SNSでは、ハッシュタグをつけて素人のWEB小説を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:打算的な解散 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:391字
追い詰めた、と思った。 止めをさせる、と思った。 それが、隙だった。 委任状は集めた、出席株主の数も去年と変わらない。 勝てる。 議案は、賛成多数で可決される 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:イギリス式の人体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:918字
本来ヘソがあるべきところあたりにネジがある。マイナスかプラスかと言えばもちろんプラスだ。漫画に出てくるみたいなヘソが金属になって腹に埋まっているみたいな見た目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:おいでよつるつる 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:609字
「おニイさん、オイデ、オイデ」 フィリピンあたりの訛りでそう呼び止められたのは、都心の繁華街の一角。 この辺り、客引きは禁止の条例があるはずだが、ちょいと裏通り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あにぃぃ お題:犯人は衝撃 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:625字
私は三十二才で、これまでに三度の誘拐と、交通事故が五回、銀行強盗に遭遇したことが二回、それぞれ死んだとして十回の死亡を経験している。十回の死亡を経験、などと言う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:ねじれた表情 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:403字
「あなたって、怒ったり、笑ったりすることあるの? いつも無表情でさぁ。」彼女が不機嫌そうにつぶやく。10分前に運ばれてきた食後のコーヒーにはまだ口をつけていない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大学シリーズ ※未完
作者:茂吉 お題:箱の中の大学 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:300字
大学2年のとき、一時期、プラモデルに嵌ったことがあった。戦闘機をよく作っていた。形の美しさに魅せられていたのだと思う。塗料を買って、色も塗って、本格的に仕上げ 〈続きを読む〉

恵利文萌の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:恵利文萌 お題:彼が愛した兄弟 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:278字
その二人は完璧な兄弟だった。 兄は弟を慈しみ、弟は兄を敬う。 僕は二人を視るのが興味深かった。 二人は完璧な一対に見えた。人間同士を結び付ける性愛という本能を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:恵利文萌 お題:疲れた夕方 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:562字
外回りから戻り伝票を書き上げるとフロアに残っているのは営業仲間ばかりだった。明日の朝イチで処理してもらおうと、付箋をつけて営業アシスタントの机に書類を置いてお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:恵利文萌 お題:限りなく透明に近い整形 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:422字
その変化はあまりにも小さく、俺はまったく気づいていなかった。 十歳年下の友人の弟。 出会いは高校の頃。子供はまだ小学生だった。男とも女ともつかない幼児らしい愛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:恵利文萌 お題:100の霧 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:452字
王子様はお姫様と幸せになりました。 そういう昔話が好きだった。 なんの迷いもない世界。 いつか僕を王子様が迎えに来る。そんな夢を見ていた。だって誰だって幸せに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:恵利文萌 お題:忘れたいセリフ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:550字
酔うとやたらとスキンシップが多くなるタイプがある。 俺の友人――仮にAとしよう――がそれだ。 明るい酒でスキンシップと言っても抱きつくだけ。同性である男に対し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:恵利文萌 お題:明日の夫 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:326字
結婚なんて興味もなかった。縁もないと思っていたし。遠いどこかの国では同性婚が認められたとか、パートナーシップがどうとかニュースになっても、自分とは関係ない話だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:恵利文萌 お題:昼間のつるつる 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:455字
「なんだよこれっ」「なにって、素麺やん」 今日の料理当番は俺だ。暑いからと素麺を茹でた。それは相方も納得のはずだ。「素麺は見りゃ分かる。オレが言いたいのはコレだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:恵利文萌 お題:もしかして体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:409字
夏の恋は秋が来れば冷める。そういう人が多いけど、僕たちは違うと思うんだ。きっとこれは運命の恋。「もう帰っちゃうのか」 日に焼けた素肌をシーツの上で惜しげもなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:恵利文萌 お題:混沌のヒーロー 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:381字
強くないと生き残れない。自然は残酷だ。 その仔は小さくひ弱そうに見えた。実際もう何日も餌にありつけていない様子だ。野宿をしている俺をずっと見ている。正しくは焚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:恵利文萌 お題:ありきたりな外資系企業 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:448字
長年共に暮らした愛犬が死んだ。捨て犬だったのを拾ったのが18年前。かなり長生きした方だ。 あの日は雨が降っていた。キュウキュウと哀れな鳴き声を耳にしたとき、俺 〈続きを読む〉