お題:愛、それは光 必須要素:サッカーボール 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:1561字

光源装置
 あてもなく逃亡生活を送っていた私はとある噂を知った。今の私達の生活に欠かせない、情報認識ゴーグルにノイズが発生するエリアがあるというのだ。肉眼で見るとなにもない。現代の人間は店や道、あるいは街歩く人の情報を得る手段に、情報認識ゴーグルというものを使っていた。行き先を指定すれば矢印が表われ、食事したければ意識するだけで嗜好が合う店を知ることができたし、会話したり、見たことのある人にはマーカーが付く。だから知り合いを見逃すこともない。
 私達は今巨大なコロニーに住んでいる。地球から少し離れた人工的な惑星だ。人類で三個目になる人工惑星。1号機、2号機で地球由来のより自然に近い食物が高騰し、問題となった。栄養価ごとに粉末状にされ見かけも人間が好む完全食より不完全な自然食が売れたのである。その問題を解決するために、コストを理由に今まで見送られてきた、農業地帯や漁業地帯など地球にある自然をより多く再現したコロニーである。
 しかしこのコロニーには大きな問題があった。利権である。当初の計画では生産管理者と区画管理者に4:6の割合で金銭が割り振られるはずだった。生産管理者は農業をするシステムの管理、区画管理者はその土地を自然に近づける空間の管理をしていて、それぞれに組織を持つ。
 このコロニーはサッカーボール状の五角形と六角形で物理的に区画わけをしていて、五角形が人の住む空間で六角形が自然区画となっている。この区画を作る設備投資を区間管理者側がしているため、区画管理者側に利益を還元する形だった。立ち上げ当初は利益もそこまでではなく、設備投資をした区間管理者側は実質赤字だった。しかし1,2号機にそれらを輸出するようになってから大きな売上を出し、それは一転し、農業管理者側が不満の声を上げた。
 区間管理者と農業管理者とで大きな派閥争いが繰り広げられた。私と元妻は区間設備を開発する科学者だった。しかし区間管理者側の状況がよくないことを察した私は、元妻と子供を農業管理者側にいわば亡命する形で逃がすことにした。元妻と激しい口論の末、離婚。離婚が結果としては成功し、農業管理者側に捕まる形で妻と子供を農業管理者側に逃がすことに成功した。
 予想通り区画管理者は派閥抗争に負けた。反抗的でない人員はそのまま使い、そうでない人員は最悪殺される事態となった。私達は逃げた。そのうち仲間とも離れちりじりになった。
 今私の身元は買った物であり、本物の身元がバレると命の保証はない。人を管理するため、手には人認識装置が埋め込まれている。その機械が光を発し、読み取り機械で認識をする。私は発する光の上からさらに買った別人の認識装置をつけている。またそれ以外に区画管理者である証明の、筒状の形をした光印を持っている。
 ノイズは区画管理器具と何かしらの認識装置が干渉していることが多いことを職業柄知っていた。それにまぜる形で、農業管理者側の傘下になった区画管理側が逃げた私達にメッセージを送っていることもあった。おそらく農業管理者側も知っているため、罠の可能性もある。しかし見に行かないわけにはいかなかった。
 私はノイズが発生と噂されているところに来た。人通りはほとんどない裏道である。ノイズは何かの情報映像がモザイクの形で崩れていた。モザイクを解析すると光という文字が見えた。なんのことかはわからない。が、私達にとって光といえば自分の身元管理装置、もしくは区画管理者の光印くらいしかなかった。
 自分の身元管理装置をモザイクに当てる。何かの映像がゴーグルに流れ始める。モザイクが崩れはじめ現れた映像は、大きくなった子供と少し老け込んだ妻の姿だった。
 音声はない。ただ妻の口元が動いているのが確認できた。
「わたしたちは元気よ」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛、それは光 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:422字
あの頃の僕は、毎日が憂鬱だった。ただ与えられた仕事をこなし、家に帰って食事をし、眠る。変わり映えのしない毎日に嫌気が差していた。そんな生活を送っていた僕に、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Jane doe お題:愛、それは光 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:1087字
試練の塔、後編これは、白の騎士"ユリウス"と黒の剣士"アルボス"による戦いの記録を残した叙事詩である…side:H10層の扉を開くと、今までとは異なる威圧を感じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:どこかの電車 必須要素:サッカーボール 制限時間:1時間 読者:145 人 文字数:89字
どこかの電車。少年がサッカーボールを胸に抱えている。 サッカーボールには、少年に向けたメッセージが書かれていた。 その時、サッカーボールが光る。 ドォォォォォ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悔しい祖父 必須要素:サッカーボール 制限時間:1時間 読者:176 人 文字数:687字
「お前という奴は……」祖父のこめかみに青筋が浮き出した。苦虫を噛んだような口元がプルプル震えている。そろそろ来るか。塩崎誠之助は覚悟した。「己の本分も弁(わきま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:家葉テイク お題:複雑な水たまり 必須要素:サッカーボール 制限時間:1時間 読者:321 人 文字数:3831字
雨上がりだった。 ぬかるんだ大地に二人の男女が向かい合って佇む。 二人に面識はない。 名前くらいは聞いたこともあったが、根本的に知り合いではないし、当然ながら 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:azusa_n1111/P/少将/社畜 お題:小説家たちの医者 必須要素:サッカーボール 制限時間:1時間 読者:421 人 文字数:2602字
小説家、というのは、発想力、文章力の勝負である。売れている期間が短い人もいれば、一部の人のように長い期間売れ続ける人もいる。 何が必要なのだろう、と考えたこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ブリング お題:疲れた朝日 必須要素:サッカーボール 制限時間:1時間 読者:425 人 文字数:2114字
河原で始めたばかりのサッカーの練習をしていて、壁に向かってポーンと蹴ったボールが良い感じの放物線を描いたなーと思った時、ぼくは突然自分が神の子であることを悟っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真上犬太 お題:疲れた朝日 必須要素:サッカーボール 制限時間:1時間 読者:375 人 文字数:2478字
「バックミンスター・フラーを知っているかな?」 本当は禁止されているってのに、毎回奴は何気ない調子で、秘匿回線を使ってきたもんだった。 体にぴったりと吸い付くよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:挟まっちまったハムスター『ビビ』 お題:疲れた朝日 必須要素:サッカーボール 制限時間:1時間 読者:404 人 文字数:2170字
一時間ほどのやすらぎの時間は、あっという間に消し飛んでいった。 昨晩ほとんど使われることのなかったシーツのすべすべとした肌触りが、恨めしいほどに眠気を誘ってく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しこく お題:疲れた朝日 必須要素:サッカーボール 制限時間:1時間 読者:379 人 文字数:465字
朝が暗くなり始めたのはつい最近の事で、それでも夜が長く昼が短くなった訳ではないらしい。太陽は空にある。満足に空を照らす事ができずに宙ぶらりん。薄暗い空の中、雲に 〈続きを読む〉

なんかやるの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:同性愛の秋 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1751字
空を見上げると黄色に覆われていた。イチョウ並木のベンチにタナカとヤマダは座っていた。約束していたお昼を食べ手持ち無沙汰だった。付き合い始めて一ヶ月、恋愛経験も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:愛のにおい 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2158字
何かの夢を見ていた気がする。起き抜けで働かない頭で思い出そうとした時、鼻孔を甘い匂いが擽った。これはヤマダの匂い…。匂いで頭の中が整理され、タナカは何かに気づ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:今日のゲストは傑作 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2578字
「しかしこんなところ借りてレクリエーション活動なんてうちの映研は豪盛ですね」 マリは階段を降りながら玄関ホールへとサトコに言った。サトコは2年上の先輩で21才。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:可愛い悲劇 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:2632字
祖母が買い与えた市松人形は娘のマリに大好評だった。タナカはこのスマートフォンやらユーチューブやらが流行ってるこの時代にどうなのと祖母に少し抗議をしたが、普段は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:限界を超えたドア 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2272字
車椅子が乗っているというマークが付いたワゴンが車が一台研究所に入っていく。その前後には警察車両、左右には白バイという厳戒態勢の元、ワゴン車は研究所の敷地内をゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:冷たい孤独 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2337字
意識がぼんやりと戻るとタナカの視界に太い鉄格子が映った。2mほど先だろうか。視界には自分の足もあり半身を起こした状態で寝ていたらしい。背中を預けている壁は硬く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:ぐちゃぐちゃの電話 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:2155字
「こりゃひでえや」 タナカが部下を引き連れ現場に入った時の率直な感想である。1Kの家の中はめちゃくちゃに壊されていた。入ってすぐの台所は水浸し、電子レンジが冷蔵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:たった一つの罪 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1609字
「なあ本当にこんなとこで見たのか?」 鬱蒼とした人気のない雑木林をヤマダとタナカは歩いていた。時間は20時を回ったくらいだろうか。街灯は無く月明かりは背の高い木 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:汚れた決別 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1380字
ヤマダの妻マリからの連絡をタナカが取ったのは会社の喫煙室だったと記憶している。ヤマダとは高校時代からの付き合いで7年間一緒に山を登った仲だ。お互い仕事が忙しく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:苦しみの稲妻 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1399字
中南米のある国にタナカは居た。10年前に来た時よりはるかに国が豊かになったのをタナカは実感した。酒より水の値段が高いなんてことはなく、ホテルは水洗式のトイレが 〈続きを読む〉