お題:やば、大学 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:337字
[削除]

こねこね。
こねこね。

きな粉と水飴なかなか上手くまざってくれない
やばいぐらい、力がいる作業。

こねこね。こねこね。こねこね。

子供の頃から駄菓子屋さんにいけば必ず買っていた、あんこ玉と、きな粉棒。
素朴な味がして今でも大好きな駄菓子

こねこね。こねこね。こねこね。

大学の授業で、伝統駄菓子としてきな粉棒の作り方を習った。
自分の好きな駄菓子が実は伝統駄菓子と知った時は感動すら覚えた。

こねこね。こねこね。こねこね。

後もう少しで出来上がりだ。
お菓子作りはやばいぐらい無心になれるのがいいね。

こねこね。こねこね。こねこね。

たん、たん、たたたん。

きな粉棒が出来上がった。

濃い緑茶を入れてゆっくり食べよう。

やばっ、台所きな粉まみれだ…。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:正しい小説の書き方 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1178字
夜。100円ショップで買ってきた駄菓子をつまみながら、生徒達から提出された課題をPC画面越しにチェックしている。「なんだこいつ、形容詞が多すぎるってこの前注意し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:たすけ お題:ひねくれた稲妻 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:226字
彼、新妻雄二は困っていた。 休日の昼下がりに行きつけの定食屋から出て、食後の散歩として、定食屋近くにある公園で散歩をしていた時のことだった。それはまるで稲妻のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クロイ≠レイ お題:とてつもない使命 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1818字
その男は、白いスーツを着ていた。 オールバックの金髪は、太陽の光を浴びて本物のみが見せるであろう輝きを放っていて。 そのバーガンディーの革靴は、鏡として使える 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:絵描きの傘 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:131 人 文字数:1885字
私の地元にももうずいぶんとシャッターが下りている店舗が増えた。「あらあ、ここもですかあ・・・」以前、そこではおいしいキムチが買えた。私と私の両親が人生で初めて食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:んりん お題:わたしの好きな育毛 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:343 人 文字数:1038字
「あっ」 起き抜けに洗面所の鏡を見て、わたしは思わず声を漏らした。生えている。わたしの頭の上に。わたしの頭皮に根を張り、毎晩与える薬品を養分にして、すくすくと生 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ジェイ お題:ひねくれた凶器 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:233 人 文字数:850字
やるしかなかろう、ということになった。 N氏の息の根を止めるほかに手はない。しかし、いつ、どこで、何で、やるべきか。 地元の名士であり、有力県議員でもあるN氏 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:私の口 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:312 人 文字数:1191字
赫赫と照りつける太陽の下、私は彼に同行して外へ出た。ひと昔、物理的な移動なしではどこへも行けなかった時代のように。わざわざ人工の過密地帯に住居を構えずとも、電子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:朝野欠月 お題:悲観的な悪人 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:288 人 文字数:1267字
この世の中で一番悪い事はなんだろう。僕は授業で芥川龍之介の羅生門を読みながら思った。あの下人は悪人なんだろうか。あの老婆はいけない事をしたのだろうか。どうみて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ずいさん お題:生かされた窓 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:289 人 文字数:3029字
駄菓子が好きだというのは、別に変な話じゃないだろう。駄菓子は、安いし、おいしいし、決してバカにしたものじゃない。 それを、いくら言って聞かせても分かってくれな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もりくず お題:生かされた窓 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:475 人 文字数:1072字
蒸し暑い部屋の中に兄と妹がいた。 「今日はオヤジもおかんも出かけてるから俺とカシコのふたりだぜ!やったな!」 「うん、やった~」 「喜んでいるところ申し訳ないが 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦争と修道女 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:392字
荒れ果てた草原の中に一人の純白い身を包んだ乙女が立っていた。どこまでも荒原は続く。かつてここには人々がたくさん住んでいた。今ではその純白の乙女がただ一人佇むの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:緩やかな痛み 必須要素:TOEIC 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:582字
さあ、今週もやってまいりました。誰かを実験台にしてなんかするコーナー今回は、丸瀬昭典さんです。丸瀬さん、気持ちはどうですか。「Gatagagatagtagaga 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鈍い王子 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:474字
「王子、今日も市民よりたくさんの要望書が届いています」と侍従長が言った。 王子は城にある展望台から外を眺めたまま、まゆをひそめただけだった。 「今日こそは、何か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:幸福な春 制限時間:4時間 読者:0 人 文字数:3228字
失敗した。失敗した。失敗した。私は失敗した。大学受験が終わり、晴れて進路も定まらずに高校を卒業することになった。笑顔が溢れる教室の中で私にだけ幸福な春は訪れなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
中東ライオン ※未完
作者:匿名さん お題:あいつのライオン 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1290字
あいつのライオンが憎くてたまらない。隣に住んでいるムジャヒディンがライオンを飼いだしてからというものの、家の愛犬のトムハンクス、愛称ミッポが怯え切って隅で丸まっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:イギリス式の人体 必須要素:MD 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:488字
英式人体新書著者 Albert D 人体とはなんであろうか、その問いは私の心を掴んで離さない。私たちは脳からの信号をもらって人体を動かしているが、我々イギリス人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺と耳 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:491字
ある日俺の耳が分裂した。白トリュフを彼女と食べに夜景の綺麗な高級レストランに行き、プロポーズをしようとした瞬間であった。夜景が綺麗だと話をし、少し話があると彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけの希望 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:249字
キャンディ・スキャンティがヨーロッパ・ロマネスク様式の部屋の宝石箱を開くと今日はそこに大学があった。スキャンダル好きなスキャンティはひとたばのギーク・ボウイたち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の血 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:216字
左手首をかしげると、薄青い静脈が、すうと浮かび上がった。月明かりだけが窓掛け越しに照らす寝室で、ぼくは顔も知らぬ母親について思った。彼女のことは何も知らないのに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な神様 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:398字
この世のありとあらゆるものに神は宿る。太陽にも、月にも、海にも、山にも、その辺の歪な石ころにだって宿る。車にも、机にも、携帯電話にも、トイレにも、何を伝えたいの 〈続きを読む〉