お題:8月の愉快犯 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:836字

思った以上に書けなくて慌てたような話。
 苦しんでいる人間、悲観している人間、怒りを溜め込んだ人間、負に包まれている人間は大勢いる。そんな心に隙間を持つ人間に『悪意』は顕在する。だからと言って簡単に予期出来る者でもない。表面上では平然としていても、心の奥底では悩んでいるのもまた人間だ。ならば無理矢理にでも暴き出せばいいのかと言うと、それもまた違う。その暴かれた時に現れるかもしれない。
 とまあ、『悪意』というのはそれだけ厄介なものである。それは顕在した直後から暴れ出す時もあれば、時限爆弾に潜んだあとに破裂する時もある。
 だからこそ、夜にこうして町を駆け巡るのが一番『悪意』にたいして対抗しやすい。人によっては『侵略者』とか『怪異』とか『怪物化』『魔女化』と呼んでいるその変化は、夜に起こることが多い。

 今日も今日とて変わらずに夜を飛び回る。『悪意』を見つけてどうにかするのが、力を持つ者の当然だと思っているから。しかし、八月になったからか、夜でも暑くてたまらない。これが一ヶ月もすれば今度は涼しくて戸惑う日々が続くんだろうが。
 と、そんなことを思っていると、何やらもめ事が起きているような声が聞こえてくる。これがただのじゃれあいであることが多いのが夏だ。それでも度を超えた喧嘩をしていたら、能力や『悪意』の関係無しに止めに入らなければならないが。
 ビルの屋上から、もめ事の見物をする。どうやら仲間内での出来事らしい。しかしどうにもわざとらしい、ということはやはり楽しかったことの余韻のようなことなのだろう。
 他にも大声を上げている集団を見かけるも、やはり楽しげな雰囲気が勝っている。良いことだ。極稀に殴り合いをしていて止めに入ったら嘘で~すと柔やかに言われたこともあった。どうやらそういう風に見せるのが趣味だったようだ。なんという愉快犯。夏だからこそ起きる愉快犯だろう。
 やはり夏は良い。暑さではスタミナは消費するが、心は摩耗しない。こうした日々が続けば、俺はこんな力を使わずに済むのだろう。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:8月の愉快犯 必須要素: 制限時間:4時間 読者:148 人 文字数:551字
8月のこの空気が俺は嫌いだ。町中では、夏休みだとはしゃぐガキ共,夏祭りに連れ添うカップル共。俺にとってこの光景は苦痛でしかない!やつらの話し声は、もはやセミの鳴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:我有一徹@カクヨムVtuber お題:熱い悲しみ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:779字
終戦直前だと通信が入る。 どうしても倒したい奴がいた。「あいつだけは!」 仲間から会敵の声があがる。「奴は!」「この先の陣地で籠城してる!」 副隊長が木の幹に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:消えた秘部 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:317字
「私には黒歴史があってな……」「うんうん、それで?」 今も十分未来の自分からしたら黒歴史じゃないのかな、と思いながら、口調が若干古い友人の言葉を待った。「……… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:戦争とピアノ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:546字
僕は戦争を知らない。知らないものは表現しようがないのだ。例え仕事として依頼されたとしても。耳成は嘆息し、それに指を滑らせた。ポロン、ポロンと描いた通りの音が触れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:空前絶後の耳 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:430字
「お前、変な物でも食った?」「食ってねーよ、起きたらこうなってたんだよ」山田が耳に手を伸ばすと、佐藤は耳をはためかせて阻止する。山田の体はいとも簡単に吹っ飛んだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:正しいカリスマ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1056字
ある日の放課後。 校舎から離れた部室の前に止まったパトカーから現れた数人の警官によって、野球部全員が取り調べを受けることになった。 この事を重く受け止めた高校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:燃える円周率 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:948字
師匠の書斎からはトイレットペーパーがどこまでも長く伸びていた。なぜトイレットペーパーかというと、あまりにも長い数列を書き記すのに、うってつけの細長い紙だったか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とりてん△しそたらこ お題:間違った土地 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:792字
「ここに〇△という者はいないか?」 早朝に戸を叩かれて開けてみたら、私は遠慮がちな問いに迎えられた。 知らないと答えると、相手は困惑気味に目線を巡らせる。 しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:zaturon2ji お題:凛とした借金 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:840字
「金なんて貸していないが?」 相手の言葉に、「ああ、いや」と言葉を濁す。 実際に金を借りた、という話ではない。心の借金とでもいうか、気持ちの問題だった。「確かに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:日本極刑 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:938字
死刑は国家による殺人であり、野蛮な風習なので撤廃せよ。 諸外国や人権団体からの度重なる「啓蒙」を受け、遂にその議論が始まった。「確かに、死刑への支持がわが国で 〈続きを読む〉

ダツ・ Ambroseの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:凛とした借金 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:883字
ニヤニヤと、男を見つめる少年。なんともかんとも、眩しさすら感じるその顔を向けられて、一体どういう反応を返すべきなのか困る。こんな世界と人生なのだから、これから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:朝のわずらい 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:906字
朝が騒々しい感じになることは、煩わしいことなのか、それとも喜ばしいことなのか。土曜日の朝、目が覚めて二階から一階へ降りていく。数年前までは音すらしなかったはず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:思い出の空想 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:980字
「私とあの人は、なんとなく付き合って、なんとなくずっと長く居続けて、なんとなく歳をとって、なんとなく結婚することになって、なんとなく子どもと幸せになって、なんと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:犬の顔 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1036字
ザドーさん(シベリアンハスキー系の交配種、二歳、モフモフ)の顔はとても凜々しい顔をしています。その凜々しさから、みんなザドーさんと敬称つきで呼ぶ。だからもしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:日本式の真実 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1000字
ジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックス、プロレスゲームで再現すると腕のロックが見えづらくてただ肩車しながら後ろに倒れているようにしか見えない。 あ、こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:楽しかったカラス 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:918字
カラスが黒くなった理由のお話。昔カラスは人間と一緒に暮らしていましたが、黒い絵の具で身体を汚してしまったあとは誰にも興味を持たれなくなってしまい、人間と枝を分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:白い私 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1064字
「強かな魔女がいるとは聞いていたが、こんなに美しいとは思わなかった」 その男が現れたのは、いつであっただろうか。私がまだ白い魔女として恐れられていた時代で、男が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:強い映画館 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:861字
ここは核シェルターの中にある映画館。地上でどんなことが起きても、映画を放映し続ける。例え世界が滅びようとも、映画は不滅である。 今日はこの強い映画館の一日を追 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:とてつもない栄光 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1269字
これはよくある話。魔王を倒した勇者が、何故だかわからないが、人類から否定されてしまう。世界で唯一のとてつもない栄光を手にするべき勇者が、世界で最も疎まれる存在 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:光の新卒 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1012字
新卒が光に包まれている。この光に包まれているというのは、色々な意味がある。それは人として素晴らしい輝を持っていると考えるのが健全であろう。しかし、これはどちら 〈続きを読む〉