お題:名付けるならばそれは誤解 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:1947字

博愛転じて恋と為す
 長い髪をしな垂れさせて彼女は微かに鼻で笑った。寝起きでも彼女は変わらずに美しい。僕もベットから体を起こし、まだ微かにぼんやりとしている彼女の顔を見つめる。僕らは恋人ではない。ましてやパートナーでもない。ただ、僕は彼女のことを愛していて、彼女は僕を愛してくれない。その縁で僕らは共に暮らしている。
 彼女はいわばアセクシャル、無性愛者。要するに性的欲求も恋愛感情も持たない人だ。彼女の「愛している」の前には「人間的に」という言葉が隠れているし、ある程度親しくなれば誰の頬にもキスをする。彼女にとってみればそれは親が子供に与えるような思いを篭めているだけなのだろうけれど、もう成人になってしまったノーマルの僕は(正確には僕「たち」なのだけれど)見事に勘違いをしてしまった。
 そもそも、彼女はその態度のせいでよく勘違いをさせ易い人だ。最初は酷い人見知りで、無口で無表情、おまけにミサンドリストでもある。その所為でまるで氷の女王であるかのように冷酷であると思われがちだ。でも、本当の彼女は麗らかな春の木漏れ日のように優しい人だと僕だけが知っている(と、きっと沢山の人が思っている)。
 時間を掛けて仲良くなれば彼女はよく笑う人だと知るだろう。彼女の小粋なジョークを聞いて、その頭の良さに思わず呻る日が来ることを知るだろう。そして時間を掛けて互いをよく知り合えば、彼女は自分を「男」としてでなく、一人の「人間」として見てくれることを知るだろう。彼女のボディタッチの触れ方の優しさを、一つ一つの言葉を選ぶときの丁寧さを、そして頬にキスをされるその瞬間に、いつしか胸が高鳴るようになっていたことを知るだろう。そして最後に、その関係は、僕らが「性愛」を見せたその瞬間に崩れ去っていくことを知るんだ。
 彼女は性愛を持たない。彼女は恋愛感情を持たない。だから、彼女の持ちえる限りの親愛の術を僕らが性的に片付けようとしたとき、彼女は僕らともう友人でいられなくなったことにようやく気づくんだ。相手が例え男でも、女でも、どちらでもなくても。
「おはよう」
 彼女の瞳が僕の視線を絡め取って離さない。この瞳に写る僕はまるで恋する乙女、ティーンエイジャー、ロミオを想うジュリエット。それでも彼女は気づかない。僕らにとって当たり前なこの記号は、彼女にとっては抽象絵画そのものなのだ。
 僕のジェンダーは歪で、人に理解され難い。そんな僕の人生の悩みを彼女は笑い飛ばしたんだ。「私からすれば、君たちは全員同じなのに」と。
「おはよう」
 僕は彼女の頬に頬を摺り寄せる。これが僕に許された最上限の愛の示し。彼女は好意に鈍感だ。だけど、性的に思われる事には敏感だ。女性性という先天的な鎖が他者からの性愛という歯車で彼女を締め上げるその痛みを、好意を寄せていない相手から向けられたその感情の不快さを、彼女は誰よりもよく知っている。だからきっと気付いてしまう。僕の唇が頬に触れた瞬間に、僕が思う以上に、僕が彼女を想っていることに。
 彼女は僕をそっと抱きしめる。ペットの猫や犬にするみたいに、そっと頭を抱き寄せて囁く。
「君は、ずっと私の友人でいてくれる。本当にありがとう」
 その優しい言葉は僕の心のやわらかいところへ突き刺さって、僕は悲鳴を上げたくなった。
 あぁ、ちがうんだ。ちがうんだよ!僕は君の思うような聖人君主じゃない!君を想い、君の知らないうちに君で耽るような、ただの浅ましい普通の人間なんだ!叶うならこのまま君を抱きしめて、白いシーツの海に倒れこんで、この叶わぬ想いをすべて君の中に吐き出してしまいたいんだ。
 愛と性愛の狭間で揺れる僕を知ってか知らずか、彼女は愛おしそうに言葉を紡ぐ。
「今日、酷い夢を見たんだ……君がいなくなる夢だ。私に愛を告げて、私が応えられないというと、もういいと言って去っていってしまうんだ。今までの人たちのように」
 彼女が僕の髪に指を通す。何度も、何度も、存在を確かめるように。
「私は今まで沢山理解しようとしてきた。でも、駄目だった。よくわからないんだ。愛というものが。……でも、皆私にそれを押し付けてくる。押し付けて、受け取れないと言えば立ち去ってしまう。どうして?私は、みんなと仲良くしていたいだけなのに」
 彼女はまた僕の頭をそっと抱きしめる。震える僕の吐息に気が付かないまま、または、気づかないふりをしながら、優しく、優しく抱え込むようにして抱きしめる。
「でも、君は違う。私を理解してくれる。私の友人でい続けてくれる」
 彼女は僕の頬にキスをする。最上限の友愛を示した、柔らかな真綿。
 背中で絡められた指を感じて、僕は、この関係をどうすれば壊さずにいられるかを考えていた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:名付けるならばそれは誤解 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:219字
「明日、また会いにきますね」それが、彼女……木古内楓が僕に残した最後の言葉だった。その「明日」は、猛吹雪という天候で訪れた。まるで、襲いかかるように吹き付ける雪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:早すぎたババァ 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:2742字
婆さんや、諦めるにはまだ早いよ何をおっしゃるお爺さん、そんならお前と駆け競べタタタタタタッゼハーゼハー…婆さんや、それだけ元気だったら若い芽も楽々摘めるじゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:ナウい闇 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:321字
ゴボゴボとあぶくが落ちていく。殺人の末の逃走だった、どうして逃げているのかすらわからなくなるほど擦り切れた私の、死の間際の小さな抵抗。結局、延命じみた逃走劇は追 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:孤独な成熟 制限時間:2時間 読者:17 人 文字数:667字
中学校は一駅先の町にある所を受けた。幼稚園来の親友とはしばしば思い出したように旧交を温めたが、やがて中学校で出来た友人との仲が深まるにつれ疎遠になった。 中学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:去年の沈黙 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:904字
夏、息子と母の家のある田舎でザリガニを釣った。今年は1匹だけ。というのも去年は複数取って大変なことになったのだ。去年、泣きわめくどころを通り越して黙り込んでしま 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:⭕ランド お題:最弱の時雨 制限時間:2時間 読者:43 人 文字数:1268字
あいつは雨が嫌いだった。雨がっていうよりこの世のすべてがってくらいで、何にも触れないあいつが俺は心配だった「圭吾、帰ろうぜ」「…あ、うん…」圭吾が捜査資料を片付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最弱の時雨 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1265字
あいつは雨が嫌いだった。雨がっていうよりこの世のすべてがってくらいで、何にも触れないあいつが俺は心配だった「圭吾、帰ろうぜ」「…あ、うん…」圭吾が捜査資料を片付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
逃避行.if ※未完
作者:⭕ランド お題:近い絶望 制限時間:2時間 読者:23 人 文字数:1866字
赤は嫌いだ血、炎、命…僕を傷つけて、ローズを奪った絶望の色。人が争うと、その色が沢山になるねぇ、戦争が近いんだってさ僕の住む国は、隣国との仲がよくない。いや、よ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた霧雨 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:1431字
今日もこの町には、霧雨が降る。 ここを初めて訪れたとき、作家である私は、スランプに陥っていた。どうしても書けない。それどころか、書くべき物語、その取っ掛かりす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藍色の何か。 お題:昨日の独裁者 制限時間:2時間 読者:16 人 文字数:2238字
「・・・昨日は大変だったね。」「・・・そうだな。」‘はぁ・・・’と吐息を吐くおれ達は単なる中学生だ。中学三年生。そう。科学が一番難しくなるときだ。時は昨日の三教 〈続きを読む〉

葛 文香の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:名付けるならばそれは誤解 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:1947字
長い髪をしな垂れさせて彼女は微かに鼻で笑った。寝起きでも彼女は変わらずに美しい。僕もベットから体を起こし、まだ微かにぼんやりとしている彼女の顔を見つめる。僕ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:薄汚い空 制限時間:2時間 読者:19 人 文字数:1366字
「ピアノよ」「ピアノ?」「そう、ピアノが聴こえるの」灰色に霞掛かる青い青い空の下で、彼女は僕に言った。「拙くて、でも耳に残るの。誰も居ないのにその音だけが聴こえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:見憶えのあるぷにぷに 制限時間:2時間 読者:39 人 文字数:901字
「猊下」「何だ」「ぷにぷにしております」「そうだな」「猊下」「何だ」「これは何でしょう」「養殖カイルだ」「養殖カイル」「主立って、私の世界線に存在する生き物…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:女の稲妻 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:783字
鋭い雷が落ちた、と思ったら、どうやらまた彼女を怒らせてしまったらしい。注がれた熱い拳骨は僕の頭に吸い込まれ、じんわりとした痛み、もとい「愛」を残して離れていっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:緩やかな職業 制限時間:2時間 読者:52 人 文字数:1943字
電子の紙に枠を作り、その中に絵を書いていく。丸い吹き出しを書いてその中に台詞を打ち込んで、最後に印刷所に送信して私の仕事は終わる。 私は漫画家ではなく、同人作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:でかい銀行 制限時間:2時間 読者:81 人 文字数:1097字
鈴虫の声が聞こえる。蒸し暑い夜を一人で越えるのは何度目だろうか。 あの人は今日も仕事で家を空けている。自分で選んだ人のはずなのに、これは間違った結婚だったので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:哀れな嫉妬 制限時間:2時間 読者:76 人 文字数:850字
私は、貴方の事をずっと見てきた筈なのですけれど。辛苦を共にして、同じ道を歩んできた筈なのですけれど。確かに、ほんの少し道は違えたかもしれませんが、それでも見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:2つの火事 制限時間:2時間 読者:62 人 文字数:2641字
炎が捻れている。唸りうねり、私の部屋を侵していく。一階はもう駄目だろう。今日は偶々父母が居なかったのが唯一の救いか。 歪んだ窓は動かず、もう割るだけの力も残っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛 文香 お題:茶色い出会い 制限時間:15分 読者:130 人 文字数:753字
「僕と結婚してください」 枯葉舞う秋の終わり、そう初対面の人に言われた。「一目惚れしたんです」 私の手を両手で握りながら、公園のベンチでひたすらに愛を囁こうとす 〈続きを読む〉