お題:茶色い幻覚 必須要素:イタリア 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2404字 評価:0人

茶色っていうかオレンジ
「茶色・・・オレンジ色かな?はじめはそういう感じに見えた」
国際興業バスに乗っていると、そういう話が聞こえてきた。後ろから。普通の感じの会話だ。聞くこともなかったけど、でもなんとなく聞いていた。
「うちの近くにあれ何だっけ?バイバスっていうのかな、走っているんだけど・・・」
バイパス、首都高速大宮線、私もその近くに住んでいる。
「そこに居た」
夜、車窓の風景はすでに暗くなっていた。いつもよりもちょっと遅くなったなあ。バスの車内ももう、そんなに混んでいない。帰宅ラッシュの時間は過ぎていた。

「初めて見た時は遠くにいて、だから後ろ姿が見えた」
どうやら話しているその人は、バイパスで誰かにあったらしい。
「バイパスってほら、夜になるとオレンジ色の光が灯るでしょ?」
確かに。心の中で相槌を打つ。首都高速大宮線は高速だけに空高いところを走っている。埼京線みたいに中空を走っている。そんでその下を走る道もあって、そこは普通の道路で、片側何車線かあって、夜になると上の高速の底にオレンジ色の光が灯る。その人はその道の話をしている。私もたまに自転車でロヂャースに行くときとかある。確かに夜になるとオレンジに光る。

「オレンジ色ってなんか安心する色だよね」
オレンジ色ってそうなんだよねえ。知りもしない人の会話に同意する。心の中で。
「で、初めて見た時、後ろ姿が見えて、こっちは自転車に乗ってたんだけど、とても遠くに見えた」
その道は、とてもまっすぐになっている。たまに曲がったりはあるけども、基本的にまっすぐの道だった。まっすぐだったから上に高速ができたのか、高速がまっすぐだから下にまっすぐの道ができたのか知らないけども、私は話を聞いていて、知りもしない人が自転車をこいでて、遠くに誰かの後ろ姿を想像した。さらにその姿がオレンジ色になっていたということも考慮して、背景は夜。ちょうどバスの車窓の風景のような感じ。遠くに時たま天空を走っているバイパスが見えた。オレンジ色の光が点々と灯っていた。

「で、最初は遠かったから、あまりよく見えなかった。あ、あそこに誰かいるなって感じ。オレンジ色に見えるなって感じ。かろうじて後ろ姿かなって感じ」
遠いし、夜だし、大体の感じで見えることもあるだろうな。私も目がよくない。眼鏡をかけている。だからそういうなんとなくのニュアンスは知っているつもり。

「で、こっちは自転車だったんだけど、少しづつ近づいている感じがあった。まあ、そらそうなんだけどね。こっちは自転車、あっちは歩きに見えたから。遠目で見た時からなんとなく歩きに見えてた。そうなると当然スピードが違うじゃない?近づいていくじゃない?自転車なんだから」
うんうん。

「ただ、すこし近づいたあたりから、なんか違和感があって」
ん?違和感?なんだ?

「なんかなあ、自転車のこっちと同じ方向に向かっているはずなんだけど、だから自転車から見ていた時その後姿を見ていたはずなんだけど、背中だよね。最初荷物かなんか、リュックでもしょっているのかなあって思ったんだけど、オレンジ色、全部オレンジ色に染まっている感じで、動いているんだけど、全部オレンジ色に染まっていて、でもなんかねえ、動きがなんかいびつな感じがあって」
いびつ?

「最初夜で、オレンジ色に染まっていて、だから不思議に見えるかもって思った。こっちだって自転車こいでるし、そうまじまじ見たわけじゃないよ。止まって、まじまじ見てたわけじゃない。自転車こいでるし、早く帰りたい感が自分にあるから、ちょっと違和感を感じるのかもしれない。たまたま、マジック的な感じで。でも近づけば近づくほど、なんか違和感があって、オレンジ色に染まっている背中、その背中がいびつに動いているみたいに見えて、まっすぐじゃなくて、なんだろうな、微妙にでこぼこしているというか、曲がっているというか、そうしている間にも自転車でそれに近づいて行っていて」
私は、後ろは振り返らずに、バスに乗っているほかの人を見ると、皆イヤフォンをしていた。後ろの方はどうだかわからないけども、皆イヤフォンをしているように思えた。運転手はさておき、その時そのバスにのっている人の中で私とその話をしている人だけが、イヤフォンをしていないように思えた。

「そうしている間にも自転車でどんどん近づいて行ってる。近づいてみるとやっぱり動きがおかしい。かくかく、かくかくというよりはくねくねしているように思える。夜にオレンジ色の光に灯されて、オレンジ色に染まってて、でもいつまでも通り過ぎるわけでもなく、だからきっと同じ方向に進んでいるはずなんだけど、自転車にも乗っていないのになかなか通り過ぎれない。長いこと視界に入っている。あんまり見ない方がいいとは思うんだけども、自転車の進行方向だし、突然横に飛びのいてひいちゃったりしても大変だからだから視界に入れないわけにはいかない」

「そうしているうちにもどんどん近づいて行ってる。一回自転車を止めて確認しようとは思わなかった。止まったらやばいと思っていたから。止まるっていうのはつまり、気が付いているっていうことだから。だから知らないふりして通り過ぎようと思った。あれだって進行方向を向いているし、そっちに動いているし、だから止まらないでいたら大丈夫だろうって、もうそれしか考えてなかった。それでやっとそのオレンジ色を通り過ぎるってなったとき、見たら、そのオレンジは顔をずっとこちらに向けてた・・・最初から・・・ずっとこっちを見てたみたいで・・・」

ピンポーン。
私はバスの降車ボタンを押した。

次止まります。
機械的な音がしてバスが止まり、私は知らない場所でバスを降りた。

その後は知らない。私は歩いて家に帰った。ずっと気が気じゃない状態だったけど何もいな
作者にコメント

対戦作品一覧


ユーザーアイコン
作者:にい お題:茶色い幻覚 必須要素:イタリア 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:3003字 評価:1人
先日の人間ドックで血糖値の高さを指摘されてから、甘い物禁止令が職場に発令された。同僚と揃って同じ結果を出たのが上司に知られたのだ。客が差し入れる菓子折りの箱が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:茶色い幻覚 必須要素:イタリア 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:3111字 評価:1人
スーツケースを片手に電車内に一歩入り込んだ途端、茶色の景色が広がった。野球場だった。中腰の、すぐに動ける体勢から、私はそのグラウンドを見た。守備側、バッターがキ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:茶色い幻覚 必須要素:イタリア 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2404字 評価:0人
「茶色・・・オレンジ色かな?はじめはそういう感じに見えた」国際興業バスに乗っていると、そういう話が聞こえてきた。後ろから。普通の感じの会話だ。聞くこともなかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:茶色い幻覚 必須要素:イタリア 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:1326字 評価:0人
正体不明の小堤が届いた。宛先は俺、送り主も俺。というかアマゾンで買っていたようだ。片手では持てないが両手なら持てる位のサイズだった。実際持ってみると意外に重い。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:茶色い幻覚 必須要素:イタリア 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:2381字 評価:0人
「『ブラウン』やるか?」 さびれた宇宙港のそばにある、場末のバーで同僚のダレスに持ち掛けられたが俺は固辞した。「そんなの今からやっちまったら、明日出勤できなくな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:茶色い幻覚 必須要素:イタリア 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:3595字 評価:0人
久しぶりに会った姉は憔悴しきった顔をしていた。「どうしたの、って……。決まってんじゃんか……」 姉は大きなため息を吐く。義兄さん? と尋ねると「部分的にそう」 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:死にぞこないの広告 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1054字
「どうせ炎上して、批判がされるからすぐ中止する予定です」というコピーが脇にあり、反対側には、「囚人だってたまにはおしゃれしたい」と書かれ、その真ん中にこわもての 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:恥ずかしい雲 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:846字
鬼退治が終わって、桃太郎氏が地元に凱旋し、姫と宝物についてどうするかという話になり、結構な大ごとになり、私達犬猿雉は多少の混乱がありました。桃太郎氏は連日、町の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:東京幻想 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1022字
「東京都民だけ、消費税8パーのままなんだって」「なんだそれ!」そらそうだろう。そらなんだそれって言われるよ。なんかどっかのタイミングで10パーに上がるのは知って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:アブノーマルなライオン 必須要素:ギャグ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1123字
「一撃で決める」「は?どうしたの急に?」「見てよ、これ」そういって見せられたのはパソコンの画面であった。画面には即興小説が映っていた。「何?」「何じゃないよ。読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:遅い小説練習 必須要素:骸骨 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:950字
「早く打てるようになりたい。もっとタイピングが上手になりたい」15分で1000文字をマストで書けるようになりたい。もうこの際内容はなんだっていいから、とにかく1 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うわ・・・私の年収、フォロワー 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:919字
『うわ・・・私の年収、フォロワーの数と一緒アプリ』というのができて、やってみたら当然のことながら、「あなたの年収は114万です」ってなった(2019/06/13 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:8月の接吻 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:942字
「8月はキス、接吻、ノー、NGだから」というようなことを言われた。どういうことだ?「8月にキス、接吻をしないと約束する?」「うーん」8月かあ、に、し、む、く、さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:気高い新卒 必須要素:高校 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1102字
「う、ううわー」異世界に飛ばされた。理由は割愛する。好きな理由でどうぞ。目を覚ますと大草原にいた。大草原の小さな家みたいな大草原。「ひく」ひくなあ。確かに。急に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:大きな祝福 必須要素:三角関係 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1086字
なんかお歳暮というか、お歳暮じゃねえな。時期的に。お中元!お中元だ。お中元に油をもらった。「油だ」大きい奴、小さい奴、高そうな奴、大小さまざまな油だった。油の詰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:凛とした反逆 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:904字
もうすぐ晩御飯だって言われた。「・・・」でも、今目の前にポテトチップスがある。たべたい↑のは心の声。「お母さん、これは違うんだよ」気が付くと右手がポテチのパッケ 〈続きを読む〉