お題:楽しかった昼食 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:973字

ランチタイム
(#138)

 誰かのことが自分にとって大切な存在だったのだと知るのは、いつも誰かが自分の前から去った後。
 理屈では解ったつもりになっているけれど、いつだって同じことを繰り返している気がする。
 数々の存在が自分から遠ざかっていく。その背中を見送る自分の感情。
 いつからか、その時の感情から目を背けるようになっている。
 それは暗に自分の本心を浮かび上がらせているのだけれど、それからも耳を塞ぐ。
 そして僕は遂に、自分の感情を発することすらやめてしまった。

 向かい側に座っている小さな女の子。
 一人は目が合うといつもニコッと可愛らしい笑みを向けてくる。
 もう一人は恥ずかしそうに俯いてはにかんでいるのが常だった。
 僕はそんな二人の女の子が、口の周りを汚しながら昼ご飯を食べる様子を見守るのが好きだ。
 そんな想いが顔に表れるのか、二人の女の子はいつも僕を指差して笑顔を見せてくれた。
 カチャカチャと食器が触れあう音が響く。
 今まではその高音が耳障りなノイズでしかなかった。
 なのに、共に食事をする存在が目の前にいるだけで、まるで小鳥のさえずりを聴いているかのように感じられる。
 感情って不思議なものだ。
 知らず知らずの内に自分の肉体に影響を及ぼしている。
 物思いにふけっている視界の隅に、一人の女の子が食べ物をこぼしている映像が飛び込んだ。
 僕は小さく笑い声を上げながら、テーブルの上に置いてあったナプキンを手渡してやる。
 女の子は嬉しそうにナプキンを受け取り、まずは自分の手を丁寧に拭った。
 隣の女の子も手伝いたい様子で、僕におずおずとナプキンをねだる。
 僕はとびっきりの親密さを顔に表しながら、女の子の希望に応える。
 遠慮がちに目を合わせて歯を見せた女の子は、それはそれは愛らしかった。
 二人がお互いのことを思いやり、助け合っている様子は、僕の心をいつも和ませたものだ。
 それが、幸せ、ってもんなんじゃない?
 頭の中で聞こえてくる柔らかい女性の声。
 僕は声の主の顔をすぐにイメージできた。
 彼女は片方の眉を歪ませながら笑う。
 それは決して皮肉を滲ませているのではなく、彼女にとっては最大限の親愛の情の表れだった。
 口元に塩っ辛い水が一滴。
 そうか、ロボットの僕でさえ、心は存在するのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:地獄のオチ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1124字
通学路にはいたるところに地獄の入り口があって、先日保護者会でも注意喚起が行われた。50メートルにひとりの割合で出没する変質者と同じくらいの脅威となっている。登 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにばに お題:コーヒーと罪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1164字
「毎朝ドブ川の水飲んでて美味しいの?」「それはコーヒーに対する冒涜に近い言葉だぞ」「でも、甘くないコーヒーってすごく不味いじゃない?」「エナジードリンクの独特の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:思い出の空想 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:980字
「私とあの人は、なんとなく付き合って、なんとなくずっと長く居続けて、なんとなく歳をとって、なんとなく結婚することになって、なんとなく子どもと幸せになって、なんと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fur お題:幼い宴 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:906字
手から花が咲くのだそうだ。太陽を映すような少女の瞳は確かに綺麗だった。永遠と見紛うほど見とれていると目を焦がす。 宴の席、薄い酒、心許ない和装には慣れない。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:zaturon2ji お題:うわ・・・私の年収、失望 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:757字
「リアルなんじゃ!」 ベッドで寝っ転がってマンガを読んでいたのだが、そのマンガのとあるセリフに反応し、私はマンガを持ったまま飛び起きた。 やめろやめろ。現実を突 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:酸性 お題:左の交わり 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1072字
「あなたがもしそれを望むなら」たまたまバーで知り合った彼女はいいとこのお嬢様で、腰まで伸びたきれいな黒髪にぱっちりとひらいたキャンディ型の瞳はまるで人形みたいだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:酸性 お題:茶色い夜風 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:787字
白い部屋だった。窓はあるけれど鍵はあかなくて、扉もあるけれど外側から鍵をかけられている。一日の大半をその部屋で過ごし、呼ばれたら実験室に移動し、夜になれば眠る。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:誰かはクレジットカード 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1037字
必要なときだけつかい、気が付けば期限が過ぎ、別のところからツケが回ってくる。 そうやって考えると、教師なんて職業は、クレジット・カードなのかもしれない。 「嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:思い出の快楽 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1317字
天使であるわたしの役目は、ロクでもない人生を送ってしまった人間に、生きることの楽しさを思い出してもらうことだった。 今日もその任務のために、わたしは一軒の古い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつのパソコン 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:607字
今日は定休日。毎週あるのに久々の休みな気がする。コンビニバイトというのは基本的に忙しいものだが今週は特に忙しかった。主に新人のせいで。新しく入ってきたそいつはお 〈続きを読む〉

yaichiyoの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:楽しかった昼食 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:973字
(#138) 誰かのことが自分にとって大切な存在だったのだと知るのは、いつも誰かが自分の前から去った後。 理屈では解ったつもりになっているけれど、いつだって同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:バイオ火 必須要素:ラガーマン 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:767字
(#137) 自国で世界的なラグビーの大会が開かれる。 そのニュースを聞いた瞬間、きっと国の誰もが飛び上がって喜びを表現しただろう。 かく言う私もまた、隣に偶然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絵描きのボーイ 必須要素:聖書 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:847字
(#136) 見渡す限り白い靄に包まれている。 それらは空気中に含まれている水分なのだと知っているから、少年は口を開けて靄を摂取していた。 たとえ食べる物が無く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:神のうどん 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:728字
(#135) キラキラと輝く白くて太い縄状の集まり。 それは薄らと金色がかった透明度の高い液体の中で優雅に泳いでいる。 ところどころツンとした刺激的な香りを発し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:自分の中の処刑人 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:752字
(#134) 自分の脳内には天使と悪魔が棲んでいて、様々な選択時に登場してはバトルを繰り広げている。 そんな言い回しは腐るほど聞いていたのだけれど、まさか自分の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:今度の行動 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:830字
(#133) 予め自分の未来を知ることが出来る権利があるならば、あなたはそれを使うだろうか。 未来を知らないからこそ、何が起こるかわからないことが楽しみで生きて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:僕と軽犯罪 必須要素:フランス 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:885字
(#132) 男性が生まれつき持っている欲望は、理性で制御できるほど甘いものではない。 それを知っているのは、愛の国と呼ばれる「かの国」だけなのかもしれない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:絶望的な罪 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:818字
(#131) 自分が何らかの罪を犯している、あるいは過去に罪を犯したという経験は、自分の一生につきまとい続けることになる。 罪に対する罰は折に触れて訪れる。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:恥ずかしい君 制限時間:15分 読者:104 人 文字数:845字
(#130) 空を飛べると信じたことはあるかい? そんな問いかけを真剣な表情で放つ君。 私はいつも「そんな難しい質問には答えられない」と曖昧な笑顔を浮かべてかわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:簡単な酒 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:795字
(#129) グツグツグツ…。 異様な臭気が漂っている四畳半ほどの小さな部屋。 そこは地下室であるためか、開口部は出入り口である木製のドアひとつだけしか見当たら 〈続きを読む〉