ユーザーアイコンDDT
お題:犬の快楽 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:507字

盛大にしっぽを振って喜びを表したいと思う
しっぽが欲しい。
ゴールデンレトリバーと兄弟のように育ったオレは、ずっとそう願っていた。
泣いて駄々をこねるオレに困り果てた母親は、フェイクファーにベルトをつけて着脱式のオレ専用しっぽをつくってくれた。

オレはそれを学校にもつけていった。
クラスメイトたちは馬鹿にしてひっぱったり、わざと踏んづけたりしたが関わりあわずにスルーした。
先生に注意されて問題にもなったが、多様性がどうしたとか障害がグレーゾーンとかわけのわからない養護をしてくれる人が親の周辺や学校関係者に現れて、長引いてうやむやになり、とりあえずみんなで見て見ぬふりをするポジションが確立した。

やがて高学年になり、自分で改良を加えて思い通りに動かす技も身に着けた。
感情に合わせて巻き込んだり小刻みに振ったり。
まだまだ本来ではないけれど、日々努力した。

そして今日。
とうとう待ちに待ったこの日がやってきた。
オレはコツコツ溜めた金で、整形手術をする。
尾てい骨に人工骨をつないで、本物のしっぽを形成するのだ。
ゴールデンレトリバーのマックは老衰でもうこの世にいない。
冷凍保存していたマックのしっぽを今からオレにつなげて、一体となるのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:谷矢チカフミ お題:明日の食器 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:584字
スマホで様々な料理のレシピを見ていると、お腹が切ない悲鳴をあげる。空腹を感じ、外食も面倒だから何か作ろうかと、冷蔵庫に残った材料だけで簡単に作れるレシピを探し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:素朴な警察官 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:863字
「つまり貴方は犬のおまわりさんに引き連れられた子ネコみたいなものなんですよ。もちろん、私がおまわりさんですけれどもね」「キミが犬のおまわりさんなら、本性はこっち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:真実の昼 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:882字
「兄さんのことが好きですか?」 その日の昼ご飯も、いつも通りに自分で作った弁当を食べて、午後の授業が始めるまで読書をするだけだと思っていた。活動休止中のこの部室 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:腐ったデザイナー 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:749字
まったくどいつもこいつも使い物にならない馬鹿ばかりだと、イライラしながら俺はオフィス街の一端にあるベンチに腰掛け、先ほど買ったばかりのサンドイッチを食っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ひよよんとかなみの子ども お題:腐ったデザイナー 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:834字
色とりどりの世界がこの世。 一番綺麗だというのは、自分の血。流すのは簡単、でも痛い。少しずつ少しずつ針を通して、やっと出てくる。 もっとバッサリと切ってしまえ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦争と修道女 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:392字
荒れ果てた草原の中に一人の純白い身を包んだ乙女が立っていた。どこまでも荒原は続く。かつてここには人々がたくさん住んでいた。今ではその純白の乙女がただ一人佇むの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:俺の駄作 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1192字
「駄作ですが、どうぞ読んでください」 とんでもない文面で来たな、と俺はSNSの画面を見て唸った。 この短文投稿SNSでは、ハッシュタグをつけて素人のWEB小説を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:打算的な解散 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:391字
追い詰めた、と思った。 止めをさせる、と思った。 それが、隙だった。 委任状は集めた、出席株主の数も去年と変わらない。 勝てる。 議案は、賛成多数で可決される 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:イギリス式の人体 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:918字
本来ヘソがあるべきところあたりにネジがある。マイナスかプラスかと言えばもちろんプラスだ。漫画に出てくるみたいなヘソが金属になって腹に埋まっているみたいな見た目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:おいでよつるつる 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:609字
「おニイさん、オイデ、オイデ」 フィリピンあたりの訛りでそう呼び止められたのは、都心の繁華街の一角。 この辺り、客引きは禁止の条例があるはずだが、ちょいと裏通り 〈続きを読む〉

DDTの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:死にぞこないの広告 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:591字
みたことのないバナーだった。「失敗? いや待て待て(笑)」と大文字ゴシック体で書いてある。吸い込まれるようにクリックしてしまいそうになる右手を、左手で必死に止め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:情熱的な夜中 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:561字
ここは霊の通り道。ひとことで霊といっても、オレはこの均質な“世界”と思われているものの、空間や時間軸からズレてはみ出したものすべてだと感じている。だから別段怖く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:闇の車 必須要素:全力のエロス 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:395字
暇人がネット上に集まってますよ、とお互いに認識しあう本日の月夜。それぞれの部屋の明かりは暖かかった。リーダー格の@ゆめゆめみうしなうことなかれさんが満を持して提 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:調和した能力者 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:510字
大野百合は最近バイトを休みがちだ。おっかなくてシフトに入れられないよ、とチーフがバックヤードで愚痴っていた。そこまで一バイトに責任を持たさずとも、と思うがその場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:青い信仰 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:406字
光りながら回るねずみのロボットが壊れた時、兄は「お墓をつくろう」と言った。わたしたちはいつも電子音で流れていたメロディを口ずさみながら、公園脇の椿の木の根元を掘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:重い豪雪 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:384字
魚からとった油を燃やして、紙ナプキンを割いた細い紙縒りに灯りをともす。ちろちろとゆれる頼りない炎が私たちの頬を照らし、それぞれの影が背中に面したベニヤ合板の壁に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:彼と息子 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:395字
今日の三桁国道ぶらり散歩は、群馬県運馬場市にやってきました~。この辺りは昭和の時代に一気に開発された住宅地ですね。ローカル線の駅からバスで30分、今では不便だと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:オレだよオレ、14歳 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:517字
本日の不審者情報(〇〇県発表)。6月8日14時30分頃、イオン××店の第二駐車場で遊んでいた女子小学生の集団に男が話しかける事案が発生しました。男は黒いニット帽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:団地妻の美術館 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:487字
富裕層のシークレット美術館に注目だ。中国国内の辺鄙な場所に続々と建設されていて、そのオーナーのほとんどが妙齢女性なのが特徴だ。投資対象としての現代アートが、世界 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:永遠の潮風 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:402字
混みあうビーチから離れて岩場づたいにぐるっと歩く。浪が引いている時間なので比較的歩きやすいが、それでも海藻に覆われた岩は情け容赦なくすべる。生い茂った夏草が顔面 〈続きを読む〉