ユーザーアイコンDDT
お題:犬の快楽 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:507字

盛大にしっぽを振って喜びを表したいと思う
しっぽが欲しい。
ゴールデンレトリバーと兄弟のように育ったオレは、ずっとそう願っていた。
泣いて駄々をこねるオレに困り果てた母親は、フェイクファーにベルトをつけて着脱式のオレ専用しっぽをつくってくれた。

オレはそれを学校にもつけていった。
クラスメイトたちは馬鹿にしてひっぱったり、わざと踏んづけたりしたが関わりあわずにスルーした。
先生に注意されて問題にもなったが、多様性がどうしたとか障害がグレーゾーンとかわけのわからない養護をしてくれる人が親の周辺や学校関係者に現れて、長引いてうやむやになり、とりあえずみんなで見て見ぬふりをするポジションが確立した。

やがて高学年になり、自分で改良を加えて思い通りに動かす技も身に着けた。
感情に合わせて巻き込んだり小刻みに振ったり。
まだまだ本来ではないけれど、日々努力した。

そして今日。
とうとう待ちに待ったこの日がやってきた。
オレはコツコツ溜めた金で、整形手術をする。
尾てい骨に人工骨をつないで、本物のしっぽを形成するのだ。
ゴールデンレトリバーのマックは老衰でもうこの世にいない。
冷凍保存していたマックのしっぽを今からオレにつなげて、一体となるのだ。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:にい お題:地獄のオチ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1124字
通学路にはいたるところに地獄の入り口があって、先日保護者会でも注意喚起が行われた。50メートルにひとりの割合で出没する変質者と同じくらいの脅威となっている。登 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにばに お題:コーヒーと罪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1164字
「毎朝ドブ川の水飲んでて美味しいの?」「それはコーヒーに対する冒涜に近い言葉だぞ」「でも、甘くないコーヒーってすごく不味いじゃない?」「エナジードリンクの独特の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:思い出の空想 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:980字
「私とあの人は、なんとなく付き合って、なんとなくずっと長く居続けて、なんとなく歳をとって、なんとなく結婚することになって、なんとなく子どもと幸せになって、なんと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:fur お題:幼い宴 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:906字
手から花が咲くのだそうだ。太陽を映すような少女の瞳は確かに綺麗だった。永遠と見紛うほど見とれていると目を焦がす。 宴の席、薄い酒、心許ない和装には慣れない。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:zaturon2ji お題:うわ・・・私の年収、失望 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:757字
「リアルなんじゃ!」 ベッドで寝っ転がってマンガを読んでいたのだが、そのマンガのとあるセリフに反応し、私はマンガを持ったまま飛び起きた。 やめろやめろ。現実を突 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:酸性 お題:左の交わり 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1072字
「あなたがもしそれを望むなら」たまたまバーで知り合った彼女はいいとこのお嬢様で、腰まで伸びたきれいな黒髪にぱっちりとひらいたキャンディ型の瞳はまるで人形みたいだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:酸性 お題:茶色い夜風 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:787字
白い部屋だった。窓はあるけれど鍵はあかなくて、扉もあるけれど外側から鍵をかけられている。一日の大半をその部屋で過ごし、呼ばれたら実験室に移動し、夜になれば眠る。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:誰かはクレジットカード 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1037字
必要なときだけつかい、気が付けば期限が過ぎ、別のところからツケが回ってくる。 そうやって考えると、教師なんて職業は、クレジット・カードなのかもしれない。 「嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:思い出の快楽 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1317字
天使であるわたしの役目は、ロクでもない人生を送ってしまった人間に、生きることの楽しさを思い出してもらうことだった。 今日もその任務のために、わたしは一軒の古い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつのパソコン 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:607字
今日は定休日。毎週あるのに久々の休みな気がする。コンビニバイトというのは基本的に忙しいものだが今週は特に忙しかった。主に新人のせいで。新しく入ってきたそいつはお 〈続きを読む〉

DDTの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:永遠の略奪 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:634字
満ち満ちた甘い香り、アクセントはちょっとスパイシーなシトラス。はちみつ色にとろける夢見心地な午後は、眠くて眠くて今にもまぶたがくっついちゃいそう。きらきらのガラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:消えた稲妻 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:404字
兄は16歳の誕生日当日に免許を取った。そうして速やかに地元の暴走チームに参加した。愛車は取りあえずの原付だったが、先輩に改造してもらったので、走らせるとそこそこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:進撃の惑星 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:462字
あれ、マグカップが縮んでいる。いつの間にか机に突っ伏して気を失っていたらしい。寝静まった家のしんしんとした気配と、蛍みたいにスタンドの灯りが点いたオレの部屋を全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:ゆるふわ愛され顔 必須要素:うまい棒 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:298字
膝に彼女ができた。皺だと思っていたら、ぱっくり割れて話しかけてきた。「あなたのこと知りたいの」これが人面瘡というやつか。うああああ。えーーっと。まずはデイトから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:空前絶後の地下室 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:340字
兄ちゃんが地下の貯蔵庫にりんごを取りに行ったまま帰ってこない。裏庭の並木に鈴なりになった真っ赤なコックス。抱えきれないほど収穫して、あけびのつるでできた頑丈な籠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:DDT お題:元気なオチ 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:282字
「私宛のダイレクトメッセージは下駄箱へ。ご意見、ご感想、その他提案、不満、罵倒、中傷、憧憬、恋文、俳句、手作りクッキー、呪いの人形等々なんでも。公に設置しました 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:空前絶後の宴 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:480字
耐久レースとは聞いていたが。従妹がモンゴルで結婚することになり、鉄道の最寄駅から乗り合いバスに乗って山をふたつ越えた谷間にある寒村にたどりついた。もう宴は始まっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:愛と死の悪役 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:389字
バン、と撃つ真似をしてみせる。人差し指をすっと誰かに向けながら、その左手を右手で支えて、素早く片目をつぶりゆっくり小首をかしげる。いつもの従妹のかわいい癖だ。ほ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:魅惑の失踪 必須要素:右膝 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:614字
逃げられないように右膝の腱を切られた。男はそう言った。聞こえないくらいの小声だった。その上かすれて半分くらい空気が漏れている感じだった。だけど今まで歩いてきまし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:過去のゴリラ 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:492字
腕をぶん回したら隣の席の間宮さんに当たって鼻血垂れた。鼻血は鼻の下からぬっという感じで浜辺の生き物みたいに現れた。やっちゃったな、という気持ちばかりが濃く煮ださ 〈続きを読む〉