お題:セクシーな海 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:691字

「海」に落ちる。
「海でもいこっか」
 と、彼女が言った。
 季節は冬、正月休みも終え、親友との新年女子会でのことだった。
 年が明けてもやることがない、と私がこぼしたことに端を発した話題だったと思う。
 なんで、泳げないし、やることないし、と思う心内をよそに、酒の回った女たちはわいのわいのと次の週末の計画を立て始める。
 その場の勢いにつられ、じゃあ私はグラビアでも撮ってやる、と言って実家で埃をかぶっていた一眼レフカメラを持ち出す流れになってしまった。

 翌週末、彼女の運転する車で、本当に近くの海まで来てしまった。
 冷たい風が吹きつけていたが、季節に似合わぬ快晴で、思いのほか過ごしやすかった。
 到着してすぐに靴を履き替える。女二人のやけっぱち旅というのに、まるで初めてのデートにでも出かけるような初心な恰好で、海をなめてると言われても反論できないいでたちだったのだ。

 車を降りると、生臭いとも磯臭いともつかない臭いがツン、と鼻を突き抜けた。
 二人してしばらく海風にあたっていたが、やがてやることもなくなると、私が持参したカメラをあちこちに向けてはとりとめのない写真を撮り始めた。
 やれ画角が、やれ逆光がなどと気取ったことを言っているうち、防波堤の先端まで来ていた。

「ねえ、このまま落ちたらどうなるかな」
 と彼女が言う。
 いつもいつも、突拍子もないことを言い出しては周囲を驚かせることが多いが、今日はどこか、ゾッと背筋に走るものがあった。
「やめときなよ」
 と私が言うと、
「ごめん、もう落ちてた」
 と振り向きざまに笑っていた。
 その瞬間にしゃったーをおとしていた
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:我有一徹@カクヨムVtuber お題:熱い悲しみ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:779字
終戦直前だと通信が入る。 どうしても倒したい奴がいた。「あいつだけは!」 仲間から会敵の声があがる。「奴は!」「この先の陣地で籠城してる!」 副隊長が木の幹に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:消えた秘部 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:317字
「私には黒歴史があってな……」「うんうん、それで?」 今も十分未来の自分からしたら黒歴史じゃないのかな、と思いながら、口調が若干古い友人の言葉を待った。「……… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:戦争とピアノ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:546字
僕は戦争を知らない。知らないものは表現しようがないのだ。例え仕事として依頼されたとしても。耳成は嘆息し、それに指を滑らせた。ポロン、ポロンと描いた通りの音が触れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:空前絶後の耳 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:430字
「お前、変な物でも食った?」「食ってねーよ、起きたらこうなってたんだよ」山田が耳に手を伸ばすと、佐藤は耳をはためかせて阻止する。山田の体はいとも簡単に吹っ飛んだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:正しいカリスマ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1056字
ある日の放課後。 校舎から離れた部室の前に止まったパトカーから現れた数人の警官によって、野球部全員が取り調べを受けることになった。 この事を重く受け止めた高校 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:燃える円周率 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:948字
師匠の書斎からはトイレットペーパーがどこまでも長く伸びていた。なぜトイレットペーパーかというと、あまりにも長い数列を書き記すのに、うってつけの細長い紙だったか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とりてん△しそたらこ お題:間違った土地 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:792字
「ここに〇△という者はいないか?」 早朝に戸を叩かれて開けてみたら、私は遠慮がちな問いに迎えられた。 知らないと答えると、相手は困惑気味に目線を巡らせる。 しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:凛とした借金 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:883字
ニヤニヤと、男を見つめる少年。なんともかんとも、眩しさすら感じるその顔を向けられて、一体どういう反応を返すべきなのか困る。こんな世界と人生なのだから、これから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:zaturon2ji お題:凛とした借金 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:840字
「金なんて貸していないが?」 相手の言葉に、「ああ、いや」と言葉を濁す。 実際に金を借りた、という話ではない。心の借金とでもいうか、気持ちの問題だった。「確かに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:日本極刑 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:938字
死刑は国家による殺人であり、野蛮な風習なので撤廃せよ。 諸外国や人権団体からの度重なる「啓蒙」を受け、遂にその議論が始まった。「確かに、死刑への支持がわが国で 〈続きを読む〉

天塚 臥文の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:天塚 臥文 お題:セクシーな海 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:691字
「海でもいこっか」 と、彼女が言った。 季節は冬、正月休みも終え、親友との新年女子会でのことだった。 年が明けてもやることがない、と私がこぼしたことに端を発した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
くらいあい ※未完
作者:天塚 臥文 お題:青い情事 必須要素:丑三つ時 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:607字
同級生にも家族にも話してはいないが、この間生まれて初めての彼女ができた。 黒い三つ編みとメガネ、化粧っ気のない肌に、校則のお手本と言わんばかりにキッチリと制服 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
初めての憧憬 ※未完
作者:天塚 臥文 お題:綺麗なピアニスト 制限時間:15分 読者:149 人 文字数:639字
ピアノを見ると、幼いころのことを思い出す。 専業主婦だった母が、友人と出かける時があり、何度か週末の夜を父と過ごした。 特に料理も上手くなかった父が、一度だけ 〈続きを読む〉