お題:安全な夢 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1602字

怖い夢
 私はどうにも夢見が良い方らしい。生まれてこの方、不安になる夢をみたことがない。みたことがないからそもそも不安な夢というのがどのような物かもわからない。夢見が悪いと良く言う妻曰く、落ちたり追いかけられたり、歯が無くなったり髪が無くなったり、まあそんなところよとの事だ。
 実際に妻が突然飛び起きるのを見たことがある。朝目を覚ましコーヒーをリビングで飲んでいると寝室から妻が飛び出してきたのだ。薄ピンクのパジャマは汗びっしょり。息も荒い。どうしたのと聞けば夢でね、とそう語ろうとする。しかし当然ながら大部分は覚えているが細部はおぼろげだ。そこは私が見る夢と変わらないらしい。その日はいつもより早い朝食になったのを覚えている。
 現実でも学生時代から山も少なければ谷も少ない順調な生活を送っていた私だが、どうやら少し社内でキナくさくなってきたらしい。社長が代替わりをするのだがあいにく息子は継ぐ気がないらしい。私の会社は中規模で部長兼役員の形になっている。そして私の部署の部長が有力らしい。しかし二番手の部署には社長の娘の彼氏がいるので少しややこしい構図になっている。
 彼氏というのがまたやっかいでそのまま結婚するかどうかも不明だし、かといってないがしろにしては結婚した後面倒くさい。というわけで社長が少し悩んでいるものだから余計に社内はどちらに傾くかでゆれている。私は正直どちらでもよいのだが立場上どちらでもよいというわけには行かない。
 そんなわけで少し慌しくなってきたある日、床につくと蛇のようなものに追いかけまわされる夢をみた。横には部長や社長が同じく走っている。凄い速度だが改めて考えると部長や社長の腹回りを考えるとそんなに早くは走れまい。と感じたときこれが夢だと気づいたのである。しかしどうやったら目覚めるのかわからない。クタクタになるまで追い回されてそろそろ無理だと感じ始めた頃、目覚ましの音がなり夢から脱出できた。
 汗ダクダクで寝室から出るとちょうど妻が廊下にいた。妻は心配そうな顔をしていた。
「どうしたの」
「大したことじゃないよ。夢見が悪かっただけだ」
 というと妻はクスクスと笑った。
「あなたにも夢見が悪いなんてことがあるのね」
「ああ、初めての経験だよ」
 その日の仕事はあまり捗らなかった。
 どうにも夢見と現実の活動は関連しているらしい。私が気づいたのはその一ヵ月後だ。波風が立たなかった日は夢見は以前と変わらない。逆に大なり小なりいざこざがあった日は落ちたり逃げたりする夢を見た。
 私はストレスを感じすぎているのだろうなと思ったし、事実社内のストレスチェックにも引っかかった。気分転換に今までより妻とあちこち出かけて見たりしてみた。しかし毎日の通勤時間に夢見を気にするようになるまでになってきていた。
 三ヶ月ほど経ったある日家を出ようとしたときに妻に呼び止められた。三ヶ月の中で一番夢見が悪かった。それが顔に出ていたのだと思う。
「顔色悪いよ。今日くらい休んだらどう?」
 最近の様子のおかしさは目に余るものがあったのだろう。自覚もしていた。
「そうしたいのは山々だけどね。でも他の人に迷惑がかかるから」
「一番大事なのはあなたの体よ」
「わかってる。じゃあ行ってくるよ」
 正直なところ今日も会社のいざこざにこの体調では二重に仕事は捗らないだろうなと思いながら車に乗り込む。
 いつもどおり夢見について考えながら運転する。家を出てすぐの交差点を右折、二つの交差点を直進した後、次の交差点を左折。曲がりきった先には正面にはトラックが迫っていた。あわててブレーキを踏む。ブレーキ音とクラクションが鳴り響く。なんだ?逆走か?そう考えている正面に映るトラック。運転手の驚く顔。悲鳴。
 そこで私は目が覚めた。
 私は会社で食堂でその話をした。
「その話どこからが夢なの?」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
抜け殻 ※未完
作者:匿名さん お題:君の道のり 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:681字
喧騒は眠り静寂が目を覚ます丑三つ時。木々が目を瞑る中、一人の男は虚ろな目で森を歩く。男は殆どのものを失っていた。友も愛も金もない。男はタバコとライターを取り出し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:7さい お題:早すぎた命日 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1545字
マラソンは速さを競う競技である。ニルヴァシ君は生き急いでいた。今日も走る。走り続ける。ニルヴァシ君は様々なマラソン大会で優勝した。しかしなぜか満足できなかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
山神の嫁 ※未完
作者:翡翠 お題:かたい民話 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1900字
──山の神の嫁に村の娘を捧げる。 都心にはビルが立ち並び、街ゆく人は皆スマートフォンを持ち歩く、そんな現代において、生贄めいた風習なんてもう昔の話。 そう、思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:横林大々(よこばやしだいだい) お題:生かされた土 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:1996字
なあ、土井。土井は、生かされているのか。それとも、自らの意思で生き続けているのか。羽根付きゾンビと化した土井に、僕はなんとか話しかけようとする。けれど、土井の眼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花瓶 お題:暴かれた処刑人 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1724字
高校生になって驚いたことは、季節が進むにつれ、クラスメイトの誰かが姿を消すことだ。学校の校風が合わないとか、成績が悪いとか、友達が出来なかったとか、適応できな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雪月花『椿』 お題:死にかけの略奪 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:2167字
僕たちは今日、遠距離恋愛でお互い忙しい中、やっとの時間を見つけて半年ぶりとは思えないとても楽しいデートした日になるはずだった。二人の思い出のページにキラキラ眩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きゃす お題:知らぬ間の年賀状 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1351字
久方ぶりに実家に戻った。かれこれ3年程だろうか。昨今のSNSツールを仕事以外でろくすっぽ使うこともなく過ごしてきて、戻ってきてみれば笑顔で手渡される手紙の束が3 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
戴冠式 ※未完
作者:匿名さん お題:知らぬ間の王 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:389字
「記念すべき瞬間だ!」「これでこの国はずっと幸せよ」「ありがとう、ありがとう!」 見下ろせば、数え切れないほどの人間が私を見上げている。どの顔も曇りなく輝き、幸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:7さい お題:刹那のお茶 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:875字
今日も学校を休む夢を見た。あのコンクリじみた学校なんてとうの昔に辞めたというのに…。だが今の俺はコンクリ造りの日の入らない牢獄のような部屋。今が何時で、俺が今何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
駄目な名作 ※未完
作者:下畑耕司@小説家になろう お題:地獄の駄作 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:741字
「どうしてこんなことに…」俺は書斎で一人、頭を抱える。すでに日付が変わってから長針は何周かしている。「今度こそ、今度こそ…」俺は幾度となく口にしたその言葉を、呪 〈続きを読む〉

なんかやるの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:同性愛の秋 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1751字
空を見上げると黄色に覆われていた。イチョウ並木のベンチにタナカとヤマダは座っていた。約束していたお昼を食べ手持ち無沙汰だった。付き合い始めて一ヶ月、恋愛経験も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:愛のにおい 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2158字
何かの夢を見ていた気がする。起き抜けで働かない頭で思い出そうとした時、鼻孔を甘い匂いが擽った。これはヤマダの匂い…。匂いで頭の中が整理され、タナカは何かに気づ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:今日のゲストは傑作 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2578字
「しかしこんなところ借りてレクリエーション活動なんてうちの映研は豪盛ですね」 マリは階段を降りながら玄関ホールへとサトコに言った。サトコは2年上の先輩で21才。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:可愛い悲劇 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2632字
祖母が買い与えた市松人形は娘のマリに大好評だった。タナカはこのスマートフォンやらユーチューブやらが流行ってるこの時代にどうなのと祖母に少し抗議をしたが、普段は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:限界を超えたドア 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2272字
車椅子が乗っているというマークが付いたワゴンが車が一台研究所に入っていく。その前後には警察車両、左右には白バイという厳戒態勢の元、ワゴン車は研究所の敷地内をゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:冷たい孤独 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2337字
意識がぼんやりと戻るとタナカの視界に太い鉄格子が映った。2mほど先だろうか。視界には自分の足もあり半身を起こした状態で寝ていたらしい。背中を預けている壁は硬く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:ぐちゃぐちゃの電話 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2155字
「こりゃひでえや」 タナカが部下を引き連れ現場に入った時の率直な感想である。1Kの家の中はめちゃくちゃに壊されていた。入ってすぐの台所は水浸し、電子レンジが冷蔵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:たった一つの罪 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1609字
「なあ本当にこんなとこで見たのか?」 鬱蒼とした人気のない雑木林をヤマダとタナカは歩いていた。時間は20時を回ったくらいだろうか。街灯は無く月明かりは背の高い木 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:汚れた決別 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1380字
ヤマダの妻マリからの連絡をタナカが取ったのは会社の喫煙室だったと記憶している。ヤマダとは高校時代からの付き合いで7年間一緒に山を登った仲だ。お互い仕事が忙しく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:苦しみの稲妻 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1399字
中南米のある国にタナカは居た。10年前に来た時よりはるかに国が豊かになったのをタナカは実感した。酒より水の値段が高いなんてことはなく、ホテルは水洗式のトイレが 〈続きを読む〉