お題:死にかけの人体 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:586字

死にかけの人体
なんなんだよ、いったい!!


ただの好奇心だった。ほんの出来心だった。わずかな慢心だったのかもしれない。

【立ち入り禁止】 【危険】 【引き返せ】
などなどの立て看板があったのは、ついこの間まで隠れ家としていた場所の手前。
 そこを見つけたのは、まだ幼かった頃。今でこそ、知っているから見つけられるくらい低い位置だが、くぐって繁みに分け入っていくと、ちょっとした空間がある。 そこに大事なモノだったり、できの悪いテストだったり、まぁ、いろいろと隠したりもした。外からは見つかりにくい場所だったから。

 一方だけ崖になっていたから、確かに危険な場所だとは思う。今さら大人の目に止まって、危ないから、とされたのかもしれない。

 だけど、ずっと昔から知っているから、危ないとか思わなかったから。

 看板を無視して、いつも通りそこへ向かった。案の定、僕はそこにたどり着いた。いつもなら気にしないのに、崖の下をのぞいてみた。
 そこには、人が倒れていた。手を伸ばしても届かないほどの崖の下。でも、あれは間違いなく人だ。

 赤い池に浸かって、手も足も変な方向に曲がっていて。あんなの見た事無い。
 声をかける事もできず、目をそらす事もできず。

 ふと耳に聞こえてきたのは、小さなうめき声。

 あぁ、あれは、まだ生きているんだ。


 僕が助けを呼べたかが、その結果だ…
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:zaturon2ji お題:メジャーな誰か 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:776字
家具の大きさが分からない。今若干頭を抱えている。 長い付き合いだったタンスが逝ってしまった。だから、新しい家具を買いにいきたい。しかし、メジャーがどこかへ消え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:我有一徹@カクヨムVtuber お題:熱い悲しみ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:779字
終戦直前だと通信が入る。 どうしても倒したい奴がいた。「あいつだけは!」 仲間から会敵の声があがる。「奴は!」「この先の陣地で籠城してる!」 副隊長が木の幹に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:消えた秘部 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:317字
「私には黒歴史があってな……」「うんうん、それで?」 今も十分未来の自分からしたら黒歴史じゃないのかな、と思いながら、口調が若干古い友人の言葉を待った。「……… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:戦争とピアノ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:546字
僕は戦争を知らない。知らないものは表現しようがないのだ。例え仕事として依頼されたとしても。耳成は嘆息し、それに指を滑らせた。ポロン、ポロンと描いた通りの音が触れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:空前絶後の耳 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:430字
「お前、変な物でも食った?」「食ってねーよ、起きたらこうなってたんだよ」山田が耳に手を伸ばすと、佐藤は耳をはためかせて阻止する。山田の体はいとも簡単に吹っ飛んだ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:正しいカリスマ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1056字
ある日の放課後。 校舎から離れた部室の前に止まったパトカーから現れた数人の警官によって、野球部全員が取り調べを受けることになった。 この事を重く受け止めた高校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:燃える円周率 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:948字
師匠の書斎からはトイレットペーパーがどこまでも長く伸びていた。なぜトイレットペーパーかというと、あまりにも長い数列を書き記すのに、うってつけの細長い紙だったか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とりてん△しそたらこ お題:間違った土地 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:792字
「ここに〇△という者はいないか?」 早朝に戸を叩かれて開けてみたら、私は遠慮がちな問いに迎えられた。 知らないと答えると、相手は困惑気味に目線を巡らせる。 しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:凛とした借金 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:883字
ニヤニヤと、男を見つめる少年。なんともかんとも、眩しさすら感じるその顔を向けられて、一体どういう反応を返すべきなのか困る。こんな世界と人生なのだから、これから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:zaturon2ji お題:凛とした借金 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:840字
「金なんて貸していないが?」 相手の言葉に、「ああ、いや」と言葉を濁す。 実際に金を借りた、という話ではない。心の借金とでもいうか、気持ちの問題だった。「確かに 〈続きを読む〉

--- 葉月 ---の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:かたい小雨 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:697字
なんなんだよ、いったい!! 毎日毎日、散々な目に遭ってばかりだ。そりゃ、思い通りの世の中なんて石油王じゃないと手に入れられないだろうけど(それも確実とは言えない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:素人のあそこ 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:576字
なんなんだよ、いったい!! こっちの事情も知らないから、なんて理由だけで納得できるわけないだろ。商売上がったりだ。 物売り、奇術師、曲芸、えとせとら。技量の上下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:嘘の空想 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:446字
なんなんだよ、いったい!! どいつもこいつも、言ってる事が訳わからねえ。いつも通りに挨拶した後の会話が成り立たねぇ。いや、成り立ってないと思ってるのは、俺だけだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:宗教上の理由で諦め 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:616字
なんなんだよ、いったい!!「お前の言ってる事、ぜんぜんわかんねーよ!!」 ダンッ、と目の前の机を叩きながら立ち上がり、机の向こう側のアイツに怒鳴った。一瞬驚いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:死にかけの人体 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:586字
なんなんだよ、いったい!!ただの好奇心だった。ほんの出来心だった。わずかな慢心だったのかもしれない。【立ち入り禁止】 【危険】 【引き返せ】などなどの立て看板が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:イタリア式の青春 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:596字
なんなんだよ、いったい!!『こんな地味なお団子じゃなくてぇ、カラフルなジェラートとかぁ』『ただ広いだけの原っぱじゃなくてぇ、綺麗な街並みの見える丘とかぁ』『そん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:--- 葉月 --- お題:大きなサッカー 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:530字
なんなんだよ、いったい!!今日は太陽がほど良くて、風も強すぎず、朝露の残りが草木をしっとりとさせて、絶好のお出かけ日和だった。仲間たちと連れ立って、あっちへ行こ 〈続きを読む〉