お題:悲観的な人々 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:212字
[削除]

挑戦
 世の中には何かにつけて悲観的な人々がいる。
 例えば家の両親だ。
 この間も俺が車の免許を取ると宣言したら、オトンは「バカなことを言うな!」「現実を直視しろ!」などと散々に怒鳴りやがったし、オカンはオカンで泣き出す始末だ。
 まったく失礼だとは思わないか?
 そんな訳で俺は今免許を取る第一歩として、義眼を入れようとしている。
 目がある風に見せかけないと、視力検査も受けられないからな。
 まったく世の中狂ってやがるぜ。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:シンプルな、と彼女は言った 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:1083字
つい先日、彼女の左目が取れた。別に口論もしてないのに、タクシーに乗ろうとしたら知らねえ男の人から傘でこめかみを突かれて、取れたらしい。「ビリヤードみたいだね大丈 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yaichiyo お題:神のうどん 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:728字
(#135) キラキラと輝く白くて太い縄状の集まり。 それは薄らと金色がかった透明度の高い液体の中で優雅に泳いでいる。 ところどころツンとした刺激的な香りを発し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:ゆきみ お題:去年の青春 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:745字
光がなくなったら、どんな気分だろう。 輝く太陽も、大切なあの人の顔も、何も見えない気分と言うのはどんなものだろうか。言葉では表せないと彼は言った。「だって俺に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:興奮した祖父 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:962字
現代の魔術師は義眼に魔法を込め、義眼を対象に投げつけることによって魔法を発動します。 わたしがそのことを知ったのは、わたしが信号無視をしたトラックにひかれてノ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:かたい友人 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:146 人 文字数:1070字
どうやったらボクシングが強くなれるかと模索し続けている滝本誠は、かつてない天啓を受けた。即ち、硬化である。十円玉を握り込む、グローブに何かを仕込むといった、ル 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:アルカリ@生まれ直した お題:東京夕方 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:223字
会社からの帰り道、ふと歩いてみようと思ったのはただの気まぐれだった。 定時で仕事を上がれたし、最近運動不足な気もしたし、二駅分程度の距離ならば満員電車に揺られ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むぢから お題:純白のお金 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:766字
ママンが常々警告していたのにも関わらずゲームのやりすぎた彼の眼は腐り果ててある日ポロっと落ちてしまった。そんなわけで彼は義眼をつけることになったのだ。某寺沢作品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Silly お題:黒い黒板 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:1066字
目が痛い、なんて思うのはいつぶりだろうか。 この眼窩には、何も収まっていなかったのだ。正確に言えば、収まっていたけれど無くなってしまった。決して、何か重大な事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:丫戊个堂 お題:賢い人間 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:315 人 文字数:625字
最近は、公園などで気分転換することが多くなった。喫茶店ではお金がかかるし、長い時間を過ごすにはどうしても気がひけるからだ。その点、わりと公園というのはよく出来て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なぎ@小説作りを楽しくさせる お題:プロの酒 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:170 人 文字数:814字
あの時は俺も若かった。なんて言えば、最近ではどこでも笑われちまう。昔なら他人に笑われたら、全部バカにしてると思って殴っていたな。俺もすっかり丸くなったもんだ。「 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの冬休み 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1177字
私は自分がどこにいるのかわからなかった。 幼い頃に故郷の涼しい草原からこのどこなのかもわからないような檻の中に入れられ、毎日毎日頭だけに毛の生えた後ろ足だけを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:右の嫉妬 必須要素:チューペット 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:479字
「おいらは右がいいんだ。」少年は、ひんやり凍ったチューペットの片方を手に、姉に誇らしげな表情を見せる。生まれて初めてそれを食べて以来、チューペットの右の方。最後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつのパソコン 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:607字
今日は定休日。毎週あるのに久々の休みな気がする。コンビニバイトというのは基本的に忙しいものだが今週は特に忙しかった。主に新人のせいで。新しく入ってきたそいつはお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:複雑な映画館 必須要素:グミ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:861字
彼女の手をしっかり握って、本当に映画館か疑うほどの人混みに突入する。なんてったって今日はマンガ、ノベライズ、ドラマでも成功した「宇宙ファビュラス」の公開日。だか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い牢屋 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:851字
《ヴィスタル帝国第一王女》それが私の肩書。 帝国中の女子の中で誰もが羨む存在。それが私。 生活に一切の不自由はなく、ただし一切の自由もない。 決められた生活を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:とてつもない粉雪 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:603字
春が好きだ。どうして好きかって? そんなものは決まっている。過ごしやすいからだ。適度な温度で、適度な気候で、酷く暑かったり、酷く寒かったりと、斗出した何かがを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:男の星 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:1258字
星を見た。空に輝く、只人の手には届かぬものを。男の話をしよう。その男には何もなかった。ただ呼吸があるから生存しているというだけの、生きているか死んでいるかわから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
沈没 ※未完
作者:匿名さん お題:破天荒な哀れみ 必須要素:東京湾 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:395字
身体を指の先まで絡ませて眠りにつこうとす…自分の心臓の音だけが大きく聞こえてくる 気づけば午前3時を回っていた「ねえ…ねた?」なんて言って寝ていないのが自分だけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠されたスキル 必須要素:バッドエンド 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1614字
生まれた時から今の今まで、ずっと幸せだ。胸を張ってそう言える。それなりに裕福で優しい両親の元に生まれて、容姿もまずまず。頭の出来も悪くない。際立って目立つこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:箱の中のエデン 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:753字
男にとっての幸福は、周囲を大きな壁で囲まれたこの地にはなかった。その地は、見かけ上は平穏な場ではあった。外敵の心配もなく、天候も穏やかで作物も安定して育ち、食料 〈続きを読む〉