お題:俺とぺろぺろ 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:557字

長い付き合いだから、ね?
彼女が蔑んだ目で見ている。が、俺は無実だ。厳密に言えば過去の俺のセンスが悪い。いまは悪いとは思いたくないのだ。そうして名付けられた漆黒の闇を吸い取ったような毛玉もじっと俺を見ているのも頂けない。やめろ、俺をそんな目で見るな。
「だって、ぺろぺろって」
言いたいことはわかる。家族も少しは止めてくれても良かったのだ。しかし実質この世話をしている母親の言い分としては「名付けも飼い主の役割。母は知らぬ」というなんとも正論をぶつけられてぐうのねもでないし、あの頃の俺に頭が痛い。
彼女が毛玉と向き合う。焦げ茶色の目と毛玉の黄色い目がかち合い、絵画のように思える一瞬だ。ああ、写真撮りたい。
「あ。いま、ぺろってした!」
「うん。だからぺろぺろ」
「安直……」
「子供だったし」
「今も子供よね」
「はい」
毛玉もとい黒猫のぺろぺろが彼女の声から逃れるように俺の足元に擦り寄る。すまないな、ぺろぺろよ。彼女は猫見たさに、うちに来ただけなのだ。不名誉なあらぬ疑いをかけられてすまない。
「別にぺろぺろしたいからぺろぺろって名前つけたわけじゃないし」
「だったらドン引きよ」
睥睨された。
少し悲しくなってぺろぺろを抱き上げれば、

「にゃあ」

仕方ないなぁ、ご主人様は。みたいに鳴くものだから、オヤツは多めにしてあげた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:高野栄心 お題:俺とぺろぺろ 必須要素:ゴルフボール 制限時間:30分 読者:415 人 文字数:798字
太陽が殺意を持って注がれるアスファルトを懐かしみながら俺は歩く。街並みはすっかりとは言えないまでもかなり変わってしまっていた。こんな歳になって、久しぶりに帰って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:わんこ お題:彼の幻覚 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1024字
荒れ果てた草原の中に一人の純白い身を包んだ乙女が立っていた。どこまでも荒原は続く。かつてここには人々がたくさん住んでいた。今ではその純白の乙女がただ一人佇むのみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鈍い王子 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:474字
「王子、今日も市民よりたくさんの要望書が届いています」と侍従長が言った。 王子は城にある展望台から外を眺めたまま、まゆをひそめただけだった。 「今日こそは、何か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
中東ライオン ※未完
作者:匿名さん お題:あいつのライオン 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1290字
あいつのライオンが憎くてたまらない。隣に住んでいるムジャヒディンがライオンを飼いだしてからというものの、家の愛犬のトムハンクス、愛称ミッポが怯え切って隅で丸まっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:あいつの社会 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:2191字
引き続き、猫の話。 俺がしばらく家を出た話を書いたと思う。その頃にメイちゃんは死んでしまった。 もし、この即興に目を通している人がいたら、俺のことを冷たいと思 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:奇妙な神様 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:398字
この世のありとあらゆるものに神は宿る。太陽にも、月にも、海にも、山にも、その辺の歪な石ころにだって宿る。車にも、机にも、携帯電話にも、トイレにも、何を伝えたいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:弱い音楽 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:356字
私は重い足取りで廊下を歩く。もうとっくに慣れたものだと思っていたが、どうもそういう訳にはいかないらしい。長い廊下の突き当たり、扉を開け、部屋に入り、ため息をつい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:素人の栄光 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1289字
人通りの少ない道に面する路地裏、そこに一人の少女が蹲っている。「………」 出来ることなら見て見ぬふりをしたかった。けれど、太一には見過ごせない事情がある。 知 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:当たり前の冬 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:945字
昨日は散歩の途中で赤と黄色に染まりきった森を見た。今日は桜が咲いていた。どうもまた冬が飛ばされたらしい。 母はそのことについて季節省が方針を転換したみたいと言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:犬の姫君 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1036字
「俺は、絶対あれは何かの化身だと思うぞ。例えば犬だ。人前で顔を隠すってことは後ろ暗いことがあるに決まっている」 安酒しか提供することのない、王宮から遠く離れた貧 〈続きを読む〉

楡原ぱんたの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:漆黒の闇に包まれし抜け毛 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:428字
基本的にあまり現実を見たくない俺は、自分の部屋のレイアウトを黒一色にしている。厨二病とかではなく、黒が何においても一番好きな色なのだ。このあいだ初めて俺の部屋に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:俺とぺろぺろ 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:557字
彼女が蔑んだ目で見ている。が、俺は無実だ。厳密に言えば過去の俺のセンスが悪い。いまは悪いとは思いたくないのだ。そうして名付けられた漆黒の闇を吸い取ったような毛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:私の地下室 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:716字
私の心には色んな部屋があり、中でも本音は地下室にあった。この部屋は対人用。あの部屋は家族用。そっちは恋人用。等々、使い分けできるように小さい頃から分別していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:僕と惑星 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:688字
僕は渡邊 直哉(わたなべ なおや)という、極平凡な高校生である。体型は少しぽっちゃりしている、何処にでもいる男子学生だ。そんな僕はある日、惑星を見つけた。惑星の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:簡単な海辺 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:856字
海なんて近くにないものね。と、藍海が口を尖らせる。発端は何気ない休みの予定についての会話だった。「そこそこ暖かくなってきたから海に行きたい」彼女の言い分である。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:人妻の独裁者 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:633字
泰原 粋(やすはら きよ)の母親である夏陽子(かよこ)は教育自体はそうでもないが日常の過ごし方に厳しい。粋に対してもそうだが、父の影澄(かげずみ)にも適応される 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:不思議な民話 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:776字
世の中にはどこもかしこ、不思議な話で溢れている。事実は小説よりも奇なり。意外と作り話よりも現実の方が不思議で彩られているのではないか、とすら思う。粋は小説を片付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:少女の14歳 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:906字
やれ受験だの何だのと、学校は忙しなく。受験の為に事前準備として塾に通ったり、家庭教師頼んだりと大変めんどくさい。休みの日には勉強しろと親は口うるさい。泰原 粋( 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:絶望的な俺 必須要素:宇宙人 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:797字 評価:0人
八月十五日 海璃(なかあき かいり)は何度も危ない瞬間というものにぶつかってきた。否、何度も危ない瞬間が向こうから大型トラックを乗りこなしながら海璃に突撃してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:来年の踊り 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:611字
今年の夏祭りは行けそうにないね。泰原 粋(やすはら きよ)は不思議そうに首を傾げる。夏祭りはだいぶ先で、まだ夏になってもいない。加えていうなら夏祭りに行く予定も 〈続きを読む〉