お題:希望の別れ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:636字

別れの算段
 シャンパンでの乾杯から始まり前菜を食べ終えた頃から、私は前々から計画していたことを実行し始めた。向かいに座る、顔はそこそこでお金もまあまあ持っているお上りさんな男に向かって私は、次々と罵倒の言葉を矢継ぎ早に紡ぎだす。とは言っても、それは彼を直接的に攻撃するものではなく、主語の範囲は広くし、該当する人間は人間でないみたいなニュアンスを醸し出すように言葉を選ぶ。できる限り、言葉を多く知らず、またいつも不満たらたらに生きているような、おつむの弱い女の子に映るように演じるのだ。
 ひとしきり言ったところで、目の前の彼が「もう別れよう」と言い出した。私は面を食らった表情をしてから、意味が分からないと訴えるように「どうして?」と訊き返すと、彼は眉間にしわを寄せながら言った。
「君がそんなに人のことを馬鹿にする人間だなんて思わなかった。君は自分のお眼鏡にかなう相手と付き合えばいい」
 そう言い残して彼は伝票を持ち席を立った。私は顔を俯かせて悲しそうなふりをした。腸の中はすっかり煮えくりかえっている。まるで自分の言葉が全世界の善意みたいにしやがって、ふざけたこと言ってんじゃねえぞクソ野郎。テメェみたいなのはこっちからお断りだ。
 しばらくしてウェイターが気の毒そうな表情でメインディッシュを持ってきた。私はそれを笑顔で受け取る。このホテルの料理は超一級品だ。一人でのびのびと最高の料理を食べられるなんて最高だ。ここで誰かいい男がナンパでもしてくれたらもっと良いのだけど。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
奇妙な門 ※未完
作者:匿名さん お題:奇妙な門 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:477字
あれは、去年の今ぐらいだったかな。私と彼氏とAとAの彼氏さんと夜集まって飲んでてさあ。なんか、あるじゃん。なんでそうなったか分かんないんだけど、よくある話。怖い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:殺された希望 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1256字
自我の分離。それは、あってはならない事象。身体の中に一つの椅子しか存在しないように、贋作が贋作であるように。この世界に正しきものは一つしか存在してはいけない。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:どす黒い多数派 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1297字
「昔々あるところに、黒い魔法使いの村がありました……」 大鷺高校文芸部部長・真倉エミリの自作の絵本の語りを、同高校美術部部長の七條露子は期待と恐れの入り混じった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:ねじれた電車 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:895字
その日は世界が変わってしまった日であった。世界に魔法が生まれたのだ。魔法と言ってもあくまで比喩表現だ。魔法というよりは悪魔と言うべきか。とかく、僕はそんな異様な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:恥ずかしい事故 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:402字
夏の思い出作りに繰り出した。いつもの悪友、腐れ縁のトシローと一緒である。お盆が開けて急に涼しくなってきたので、近視眼のトシローは焦っているようだった。「海にゃ入 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:炎の人 お題:僕と凶器 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:952字
僕は家に凶器がたくさんあることを知っている。それは現代社会の日本の中では中々考えられることのないコトだ。何故なら、それらは犯罪において使われることこそあれど、普 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:阿修羅湖 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:873字
ふと思い立って湖に身を投げたところ、ひとりきりと思った水中に先客がいた。悪鬼そのものといった顔をして、ひどく怒っている様子である。さては、夕涼みに水浴びでもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夏の後悔(真) ※未完
作者:匿名さん お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:183字
限界だ真底限界だ。そもそも乗り物酔いが酷いのに、なぜ僕は車に乗ってしまったのか。この車は海に向かうという。いいじゃないか白い砂浜・青い海・そして水着美女とのアバ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茂吉 お題:危ない嘔吐 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:519字
酒を飲みすぎて吐く。そんなのは全然危なくはない。周りに迷惑がかかるぐらいのことだ。胃の中に異物が入ったから吐き出す。生物としての生理現象に過ぎないだろう。人間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
薔薇 ※未完
作者:匿名さん お題:美しい薔薇 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:483字
才能があるということは罪だ。思春期真っ盛り、いつものように自転車を漕ぐ僕は、14歳の夏にそう思ったのを覚えてる。才能があるばかりに、それをしなくてはいけない。才 〈続きを読む〉

もきの即興 小説


ユーザーアイコン
死神の目 ※未完
作者:もき お題:バイオ目 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:684字
少しでも指が目元に触れたり、意識的に目のことを考えると私は心のどこかから今まで経験したことのない、不安のような、ざわめきのようなものを感じることが多くなった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
牙を研ぐ女 ※未完
作者:もき お題:薄汚い悲劇 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:633字
友人から、人数が足りないから参加してほしいと頼まれ急遽合コンに参加してみたはいいが、僕の斜め向かいに悲劇のヒロインを気取った女がいる。さっきから口を開けば自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:イギリス式の小説訓練 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:755字
絵画にしろ音楽にしろ文学にしろ、芸術に関する学校というものは、常識とはかけ離れた、よくいえば斬新で悪く言えば奇抜な指導方法を執るものだと思っていたけれど、今回 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:黒尽くめの撃沈 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:616字
今回の命令が下った時から、こうなることをどこかで予想していたと思う。戦艦に乗り敵国の船を魚雷や砲弾で沈めることが我々の仕事ではあるけれど、今回の命令は無謀と思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
消えた曲 ※未完
作者:もき お題:消えた曲 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:369字
明日に迫ったコンクールの課題曲を、感覚を体に馴染ませるためにもう一度弾いておこうとピアノの前に座り指を鍵盤に置いていても、まずどの鍵盤を押すのかを思い出せなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:日本式の霧雨 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:597字
元々私はお日様が好きになれない。屋外はもちろん屋内でも日に当たっていると、ものの数分で気分が悪くなってしまう。お医者様からも「あまり外出はしないように」と何度 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:ワイルドな食事 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:527字
親方の食事はいつも豪快だと、近隣のグループから巻き上げてきた食料を親方に渡して親方が乱雑に封を開けてかぶりつく様を見るたびに思う。食料は大方保存食となった肉類 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
やらない善 ※未完
作者:もき お題:今度の善 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:618字
ずっと自宅にいるままでは心身ともに良くないと思い、少し遠めの散歩に出たが、出かけ無精の僕が行くところなどたかが知れているところばかりで、結局のところ自宅からや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:許せない大地 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:701字
この土地にようやく平和が訪れて、暴力を振るったり住民を罵る兵士がいなくなって皆が穏やかになっても、僕は今でも恨みを引きずったままでいた。平和になったのはここ最 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もき お題:鋭い許し 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:571字
僕と友達含め三人は夏休み直前になり期末テストの再試験を受けに来た。僕と友達はあるオンラインゲームにはまっていて勉強などしていなく、結果ボーダーラインを超えるこ 〈続きを読む〉