お題:何かの冥界 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:694字

北極探査人
 北極を目指して、長い道のりを歩いてきた。
 極寒の寒さの中、水と食料をできる限り節約し、睡眠不足でもうろうとする頭、関節一つ曲げるだけで意識して動かさなくてはならないほど重い身体を抱えて、自分はやっとここまでたどり着いたのだ。


 しかし、そこには、花が咲いていた。
 緑の草の上に、黄色、桃色の大きな花が咲いている。チューリップに似ているだろうか。
 「バカな」
 私は、混乱していた。こんなことがあり得るはずがない。ここは、
 「ここは、火星表面だぞ!」

 故郷地球を遠く離れ、宇宙飛行士の自分は、この星に降りたったのが半年前(※火星時間での)
 それから、太陽発電で得られたエネルギーを伝達するための、中継器が動作していないことに気付き、設置場所である北極基地まで、こうして修理に来たというのに。
 なんなんだ、この光景は。零度を遥かに下回る気温の中で、この地域だけに当たり前のように花が咲いている。近づきながら、自分は幻でも見ているのかと、何度疑ったことか。

 そのとき、花が動き出した。風ではない。花が、草の下から根を引きずり出し、まるで動物のように歩きだしたのだ、こちらへ向かって。
 迫りくる妖しい花を、自分はどうすることもできず、待ち受ける。
 こんなトラブルは、想定していない。対応は、今ここで決めなくてはならない。
 「ようこそ」
 ”花が口を利いた”
 私の正気は、そこまでしか持たなかった。


 地球が水の星と呼ばれるように、火星は死の星だった。
 (ここは、火星のあの世だ・・・・・・)
 故郷を遠く離れた場所に来たことを、自分はようやく理解していた。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:何かの冥界 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:413字
ぜえ、ぜえ、と自分の息遣いだけが煩く響く。既に周囲から緑は消え失せ、疎らに白が散った岩肌のみが続いている。雲間から覗く下界はただ緑が広がり、原始の風景のように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の罪人 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:511字
髪の毛がサラサラだったのだ。少女がクラスメイトに惹かれたのはそれが理由だった。髪の毛がサラサラで浮いた毛が一本もなくて光の反射する形すら美しかった。他の子と同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤屋 お題:僕の好きな情事 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:435字
青崎は一心に地面を掘り返していた。小さい園芸用スコップを慣れた手つきで扱い、柔らかな腐葉土を荒らしていく。今年で18になる彼の、月に2度行う密やかな悪徳だ。何を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:部屋とYシャツとカップル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:599字
いくら腕を伸ばそうと袖からは指先しか出ない。いわゆる彼シャツ萌え袖というやつか、感慨深くぶかぶかのワイシャツの襟首を、ぶかぶかともてあそぶ。「こら」バスタオルと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:記録にない火事 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1008字
燃えている。全てが、なにもかもが燃えている。だけれども、それを消し止める者はいやしない。何故ならば、この燃え盛りは誰に目にも見えておらず、どこの記録にも残らな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ssk_ksk お題:きちんとした君 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:453字
朝になると部屋の前に立っている君と挨拶を交わす。「おはよう」「おはようございます。本日のご予定は……」ピッチリと整えられた髪型とスーツ姿はそのまま国会議事堂前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心のディナー ※未完
作者:匿名さん お題:当たり前の愛 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:195字
とてつもなく長い歴史を経てしても産まれた以上、必ず立ちはだかる難題、愛人それぞれに形があり、それを感じ取るには当本人でしか知り得ないものもある。与える本人が言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の好きな帝王 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:632字
隣のあいつは生意気だ。僕はペンケースから鉛筆を取るふりをしてそっと様子を伺った。隣に座る佐藤は大口開けてあくびをして、つまらなそうに頬杖をついている。シャーペン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青鈍 お題:ラストはお嬢様 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:886字
パン、と銃声が響いた。音の出どころは自分の手の中、黒い塊の銃口からだ。弾は襲い掛かってきたマフィアの手下らしい男の眉間を貫き、命を奪った。一人処理している間に背 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばにばに お題:うへへ、狙撃手 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1122字
ひとえに皆様、どうしてこうなったのかを説明するにはかなりの時間を要します。 とはいえ……話さないことには話が進まないので語ろうと思います。 それは40分前のこ 〈続きを読む〉

破死竜の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:理想的な女祭り! 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:362字
『理想的な女』以外は存在しない、そんな祭りにしよう。 それが、男たちの考えたことであった。 「しかし、そうはいっても、そうそう、理想となる女はおるまい」 「確 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:緑のぺろぺろ 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:502字
川で泳いでいたら、ぺろぺろと舐められた。 そんな噂が流行り出したのは、やっぱり流行に敏感な女の子たちからだった。 保護者たちからダブカセどころかステレオまでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:危ない関係 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:752字
関八州に仇為す者。 東京五輪の会場の内、最初に気が付いたのは、ボート競技の参加者たちであった。 「おい、波の様子がおかしいぞ」 審判員に、英語でそう告げる各国 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:打算的な電撃 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:892字
「えー、金取るのー?」 「当然です。プロですから」 通電士の仕事は不定期だ。 ・・・・・・と、世間一般では思われているが、実はそんなことはない。例えば、エアコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:誰かはクレジットカード 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1037字
必要なときだけつかい、気が付けば期限が過ぎ、別のところからツケが回ってくる。 そうやって考えると、教師なんて職業は、クレジット・カードなのかもしれない。 「嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:赤いぐりぐり 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1145字
小学生の時分、校内にウワサが流れた。 木造旧校舎に、赤い扉が開く、というものだった。 今思えば、あれは、男の子たちに話しかける理由作りに、女の子たちの誰かが考 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:商業的なぬるぬる 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:901字
韓国などでは、蝸牛を使うそれがあるらしい。 日本でも、そういえば、海藻を使っていたか。 「なんの話?」 「ぬるぬる」 江戸時代から、生物由来のぬるぬるは、肌な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:官能的な小説修行 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1121字
一般受けする、つまり、大ヒットする小説は三種類の要素のいずれか若しくは、複数を抑えているものだという。 それらの要素とは、 ・泣かせる ・勃たせる ・笑わせる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:見知らぬ幻覚 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1196字
「するってえと、なにかい? アンタはこのオレの幻覚だってのかい?」 「わからんヤツだな。お前自身だ、とそう言っているのだ、私は」 『鏡に、「お前は誰だ」と話し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:燃える検察官 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:669字
「検察官の上司とかけて、夜の新婚妻と解きます」 「そのこころは?」 「『たてろ、たてろ、と、五月蠅い』」 「わはは」 笑っている場合ではなく、今日も、俺は追い 〈続きを読む〉