お題:戦艦の借金 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:807字
[削除]

戦艦を落札したら童貞卒業できるらしい
ネットオークションで売っていたのが、まさかの戦艦。うん千万するし、どこに置いておけるんだという気がしないでもないが、落札してしまった。200万円程、銀行から借金までして。これで貯蓄も使い果たしてしまった。なにやってんだ俺は。こうなってしまっては仕方がない。

後日、近くの海に留めておいたとの連絡が入った。車で1時間ほど走って到着すると、たくさんの人だかりが出来ていた。

「あ、落札した門倉さんじゃないか!?」

俺の方にカメラを持ったマスコミ達が駆け寄ってくる。

「なぜ落札しようと思ったんですか!?」
「誰かを乗せる予定はありますか?」
「この船でどこに行こうと思います?」
「もし譲り受けてほしい人がいたら……」
「普段はどのようなお仕事を……」

たっぷり1時間は受け答えしていただろうか。
戦艦の余韻に浸りたくても疲れて浸れないじゃないか。

取材を終えてすぐに家へ帰る。どっと疲れが出て、そのままベッドへ倒れるように寝転んだ。

ふと、横からいびきが聞こえる。

俺は一人暮らしなんだが……?

恐る恐る、横に積み上がっている布団を覗き込んだ。

猫耳の生えた、女がいた。

「うぎゃあああああああああああ!!!!!」
「ひゃああああああああ!?!?!?」

俺が飛び上がると同時に女も飛び起きた。

「ななな、なんですか!?」
「それはこっちのセリフじゃ!誰だてめー!」

俺はピンクの髪をした奇妙な女に怒鳴り散らす。

「落ち着いて下さい、ね!?」
「この状況で落ち着ける訳」
「い・い・で・す・か!!!!!」

女が飛びっきり大きな声で叫ぶ。俺はぜーはーと息を切らして次の言葉を待つ。

「私は、戦艦に宿っていた妖精ですっ!」

……?

…………???

………………!?!?!?!?


頭が真っ白になった。

なに言ってんの、こいつ。

俺と彼女の奇妙な生活が、いま始まろうとしている。
この作品をツイート

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:明日のデマ 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:985字
「ねえ、昨日寝言言ってたよ」と、朝の準備をしていたら言われた。え?は?寝言キメてたよ。聞き間違いかと思ってえとかはとか言ってたら再度言われた。キメてたらしい。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:めっちゃ小説訓練 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1228字
小説の訓練の一環として、ラジオをテープに録音して、それを文字に起こすようなことをしている。いわゆるテープ起こしみたいなこと。どんな効果があるか、もっと言えばそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの嫌いな吐息 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1153字
普段、いびきでどうこうなるようなやわな睡眠はとっていない。なんせ私の睡眠は強力で、携帯のアラームでも起きないし、それを二個セットしても起きない。音じゃダメなのか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:渋澤怜 お題:遠い成功 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:476字
妻は夫のいびきに辟易しており、もはや同室で寝るのは不可能というほど困っていた。枕を変えたり、横向きに寝かせてみてもやはり夜中に何度も起こされ、そのたびに失望を覚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:黄色いコウモリ 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:936字
夕方自転車を漕いでいるとたまに体に何かがぶつかる。聞くところによると、コウモリらしい。「コウモリってもっとそういうのが上手なんじゃないんですか?」当たってくるっ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
不可能はない ※未完
作者:朱根標 お題:絵描きの作品 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:572字
絵描きというのにもいろいろあるもので、風景画抽象画と雑把な区分の中で好きに描くのもいれば、花だとか鳥だとかひとつのテーマしか描かないのもいる。件の絵描きは後者の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:騙された祖父 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:894字
うちの祖父は戦争に行って死んだとのことであった。そのため私は祖父という存在をあまり知らない。いや、ぶっちゃけ全然知らない。仏間に写真は飾ってあったがそれは祖父と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:刹那の星 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:350字
遠く遠くに 輝く星があるたまに光ってる 珍しい星がある活動をしているのかは よくわからないというのも 光がきまぐれ専門学者が 研究しても分からない宇宙の果ての神 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:実演販売でスライスされる螺子(FancyMeat62@ingress) お題:刹那の星 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:499字
君のために何かできることはあるだろうか。多分、ない。稼ぎが少ないだとか、家柄がどうとか、体育は何やってもてんでだめだったとか、そんな話ではなく、俺にはおそらく、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:危ないサッカー 必須要素:いびき 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:283字
「ふっ、大したことないね。君たち。」彼の決めゼリフと共に繰り出される必殺シュート。彼の蹴ったボールは龍神を纏いながら敵のゴールへと向かう。まさに龍のいびきのごと 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:アルパカの冬休み 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1177字
私は自分がどこにいるのかわからなかった。 幼い頃に故郷の涼しい草原からこのどこなのかもわからないような檻の中に入れられ、毎日毎日頭だけに毛の生えた後ろ足だけを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:右の嫉妬 必須要素:チューペット 制限時間:15分 読者:0 人 文字数:479字
「おいらは右がいいんだ。」少年は、ひんやり凍ったチューペットの片方を手に、姉に誇らしげな表情を見せる。生まれて初めてそれを食べて以来、チューペットの右の方。最後 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつのパソコン 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:607字
今日は定休日。毎週あるのに久々の休みな気がする。コンビニバイトというのは基本的に忙しいものだが今週は特に忙しかった。主に新人のせいで。新しく入ってきたそいつはお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:複雑な映画館 必須要素:グミ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:861字
彼女の手をしっかり握って、本当に映画館か疑うほどの人混みに突入する。なんてったって今日はマンガ、ノベライズ、ドラマでも成功した「宇宙ファビュラス」の公開日。だか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い牢屋 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:851字
《ヴィスタル帝国第一王女》それが私の肩書。 帝国中の女子の中で誰もが羨む存在。それが私。 生活に一切の不自由はなく、ただし一切の自由もない。 決められた生活を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:とてつもない粉雪 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:603字
春が好きだ。どうして好きかって? そんなものは決まっている。過ごしやすいからだ。適度な温度で、適度な気候で、酷く暑かったり、酷く寒かったりと、斗出した何かがを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:男の星 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:1258字
星を見た。空に輝く、只人の手には届かぬものを。男の話をしよう。その男には何もなかった。ただ呼吸があるから生存しているというだけの、生きているか死んでいるかわから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
沈没 ※未完
作者:匿名さん お題:破天荒な哀れみ 必須要素:東京湾 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:395字
身体を指の先まで絡ませて眠りにつこうとす…自分の心臓の音だけが大きく聞こえてくる 気づけば午前3時を回っていた「ねえ…ねた?」なんて言って寝ていないのが自分だけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:隠されたスキル 必須要素:バッドエンド 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1614字
生まれた時から今の今まで、ずっと幸せだ。胸を張ってそう言える。それなりに裕福で優しい両親の元に生まれて、容姿もまずまず。頭の出来も悪くない。際立って目立つこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:箱の中のエデン 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:753字
男にとっての幸福は、周囲を大きな壁で囲まれたこの地にはなかった。その地は、見かけ上は平穏な場ではあった。外敵の心配もなく、天候も穏やかで作物も安定して育ち、食料 〈続きを読む〉