お題:淡いカリスマ 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:893字

勝手な妄想
散歩していたら、
「このカリスマ借ります」
という声が聞こえ、え?何?ってなった。カリスマカリスマ?カリスマデレマス?アイマス借りますって言ったのか?なんだ、なんていったの?ってなった。

見てみると、その人の家からその宅の住人ではない様子の小男が出てきて、歩きながらコートを羽織っていた。家の住人は何とも言えない淡い、淡ーい表情でそのコートの小男、小間使いのような小男を見送っていた。

「なる!」
ほど。私は察した。そのコートがカリスマという弄られネームで呼ばれているんだろう。若き日に購入したコート、当時一世を風靡したみたいな最先端みたいなコート。その家のその方はそのコートを購入したのだ。そのコートのおかげで随分といい思いをしたに違いない。足元まで覆うようなコートだった。しかし、最先端ということはつまり、言い換えればいずれ最先端ではなくなるということである。流行が大きければ大きいほど、時がたてばそれは時代遅れになる。時間が止まるわけでないのだから。

私は立ち止まり、桜の咲いた並木道を感嘆とした思いで眺めるみたいにその光景を眺めた。そしてそんな勝手な妄想をした。カリスマ。当時流行った。流行語にも選ばれたんじゃないかと思う。

それも今や聞く機会は少ない。あれだけ騒がれたのにもうほぼ聞かないといってもいい。だからこそ私の耳朶も、それを聞き間違え、混乱したんだろう。アイマスだのデレマスだのと聞き間違えたのだろう。もしかしたら場合によってはシャイマスだと思っていたかもしれない。

「カリスマ・・・」
皮肉な話だなあ・・・その家の住人のあの淡い顔を見ればわかる。もう言われたくないのに仕方ないというあの顔。何とも言えない淡さ。淡ーいピンク。白と並べなくては区別もつかないような淡ーいピンク。

弄られネームで呼ばれているんだなあ。

繰り返すけども、別にその家の人に事実確認をしたわけではない。ただの私の妄想。しかし自身の中でしたその妄想に私の胸は千々になり、急いで家に帰って、お酒をあおった。

そうしなくては、もう泣いてしまいそうだった。

あと繰り返すけど私の妄想。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
にっき ※未完
作者:日ノ宮理李@ばにばに お題:淡いカリスマ 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:818字
他人より目立つ行動をすると罰ゲーム。 誰かより劣る振る舞いをしたら罰ゲーム。 そう定義つけられてから、この国では誰にも人は平等になった。不平等というのは他人を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
桜貝の夢 ※未完
作者:匿名さん お題:淡いカリスマ 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:424字
海底の砂に身を潜める輩は音もなく消えていく。目覚まし時計の音に飛び跳ね起きてドクドクと波打つ心臓。荒い呼吸を繰り返しだんだんと静かにようやく落ち着いてきた。ここ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うへへ、過ち 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:373字
液体が飛び散った。手のひらにはヌメッとした感触があり、失敗した、と思った。包丁を抜いてはいけなかったのだ。人を殺してしまった。真っ赤な手のひらと、真っ赤に染まっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:あいつのハゲ 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:428字
俺の会社には深見という女性社員が居る。お淑やかで笑った顔が幼く見えるのがとても良い。ちょっとした冗談にもニコニコ笑ってくれる姿に誰もが片想いをしていたと思う。た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:あいつのハゲ 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:747字
警視庁捜査二課。この時期になれば、全体がピリピリと毛立ち始める。理由は言うまでもない。所謂、昇格レースである。「今日の案件は。」「都内で起きた連続強盗事件の犯人 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:DQN物故露死体 お題:どうあがいても町 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:661字
ナナちゃんと僕は付き合っている。会社にいるみんなにバレていて、よくからかわれるのだが、村ですれ違っても知り合いから「ヒューヒュー」とからかわれる事がよくある。今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
壊れた真実 ※未完
作者:匿名さん お題:壊れかけの真実 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:249字
真実はいつも一つ!という言葉を皆一回は聞いたことがあるだろう。その真実はいま1着のコートにより壊れようとしていた。どういうことなんでしょうかね?とおもった人がい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:たった一つの秋雨 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:518字
秋雨だ。肌寒い。私は薄手のコートをクローゼットから出した。ベージュのトレンチコートだ。今日はこれに黒いスキニーパンツで出かけよう。ブーツでもいいだろう。傘をさし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:フォロワーの想い 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:498字
こんな生活やってられっか!そう呟きながらスマホを布団に投げつける。コートを乱雑に床に放り投げ、俺は休息形態にトランスフォームする。布団が俺を呼んでいる。フォロワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:12月の円周率 必須要素:コート 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:496字
オムニコートの上にブラシを引く。今日は先輩たちが来ていないからのんびり歩いてやった。ブラシが地面を通ると、人工芝は手で撫でた絨毯のようになる。それを位置を変え 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:夜と冬休み 必須要素:ニュース 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1874字 評価:0人
足元からざくざくと音がする。雪を踏みしめる音だ。あたりは一面の雪面。雪の上には自分の足跡しかない。昨日の昼から雪が降っていた。上り坂には誰の足跡もない。人も車も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:メジャーな祖父 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1067字
昔だったら近所のうわさの種、人々の貴重な時間の利用のされ方をしていたであろう、痴呆やらアルツハイマーやらに関する症状の類も、昨今だいぶ脚光を浴びて不可思議やら摩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:混沌のしきたり 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1023字
昨日これをやったとき、フォロワーの誰かに〇されるっていう必須要素が出て、その時書いた話は面白かった。私自身の感覚だけども、あの話は最近の中ではお気に入り。お題の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:悲観的なヒーロー 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1070字
知り合いに一人ヒーローがいるんだけど、悲観的だ。「ああ、怖い。死ぬ、次は死ぬかもしれない」っていう感じで悲観的。これが悲観的かどうか私には正確なところはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:黄金の独裁者 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:946字
つい最近まで、世界中の黄金を独占していた独裁者がいた。よくよくヤフーニュースの国際の欄にもそのニュースは上がっていた。それが先日急に死んだ、死亡したというニュー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:遠い年賀状 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1162字
毎年お正月ら辺に不義理を働いている。「明けましておめでとう」って書いてある年賀状が届いても、何も返してない。子供の頃の友人とかから来たりして、家族写真だったり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:鳥の感覚 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:849字
「むかしむかし、あるところに、鳥の感覚を持つ人がいました」ということをいきなり言われて、困惑した。むかしむかしっていうほど、その人は年を取っていないのである。し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの好きな大学 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
多くの人が一度は想像するように、東京都庁は変形してロボットになる。実際なる。本当になる。こないだ新宿御苑に行った際、大好きな擬木橋のところでよだれを垂らしてアヘ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:赤い昼食 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:948字
もってるだけのゴールド免許の更新のはがきが来た。私がもう高齢者だったとしたら、ノーシンキングタイムで返納するだろうなと思えるほどペーパーゴールド。ただとにかく取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:強い表情 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1162字
近所で写真のらしい個展が開かれており、入場自体は無料だと書いており、それじゃあ何か話でも書ける題材がないかと入ってみた。幸いにして入口に人が立っているわけでもな 〈続きを読む〉