ユーザーアイコンDDT
お題:不屈の御曹司 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:520字

屈する御曹司
決して働いてはいけない。
父の教えは厳格だった。
この一族に生まれたからには、ひとりでも多くの者に仕事を与えられるように配慮しなければならない。
それを破れば、人々は仕事にあぶれ、多くの生活に不安を抱える者が生まれ、ひいては国が立ち行かなくなるのだと。

わたしに自由というものはない。
人並みの息抜きなどできない。
たえず誰かがわたしを監視しているし、威厳を保つためにはくつろいだ姿など見せられない。
言葉を発する回数も極力少なく、大声は厳禁。
ましてや声をあげて笑うなど、そんなはしたない真似はできない。
よりわずかな身振りと指示で、的確に人々を従わせるのが選ばれた民の務めだ。

また忌み言葉は口にできないので、簡単な記号やスケッチで示す。
排泄にまつわることなど、生まれて一度も口にしたことがない。
それは親も、その親も、そのまた親もそうなのだ。

思いカーテンとタペストリーで重々しく飾られた、日の差さない居室の奥に潜み、わたしは日がな一日背筋を伸ばして座っている。
頭の中で思いめぐらすのは、この牢獄のような体から離れて軽やかに野原を駆ける妄想だ。

このまま座って死んでいくわたしは、わたしである必要もないのかもしれない。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
厠皇子 ※未完
作者:匿名さん お題:不屈の御曹司 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:424字
男は精神以外の強さを持っていなかった。貴族の次期当主と言えばよくも聞こえるだろうが、現実は厳しい。没落した家には財が無く、卓越した知力や武の才も彼には与えられな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:えいしあ お題:黄色い殺し屋 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:904字
あれは月曜日だった。終電間際の静かな駅で私はひとりぼんやりとしていた。何を思っていたのか思い出せないし、特別何か変わったことがあった日ではなく、ただ、普通に仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤堂ゆきお@小説家になろう(ずぼらでごめんなさい) お題:うへへ、秀才 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:456字
「うへへ、秀才ってこういう奴のことを言うんだろうなぁ」 俺は自分で言うのも何だが秀才だと思う。根拠はある。新時代を先駆けする新しいアイディアを今、思いついた。早 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:白い弁護士 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:587字
今や皆、使っているインターネット。若者たちはそれの虜なのだ。だが、それは使いようによっては凶器にもなる。つまり、こういうこと。「八神太一や。コテハンつけてるだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:苦しみの道 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:154 人 文字数:351字
先日旅行行ってねめっちゃ外で刊行してたんでけどすごい尿意きて、トイレ床ーってさがしてたらこの道にトイレありまーすってあんなにの表示板あったからそれ見つけてすぐに 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:槻長 紫月 お題:アブノーマルなアルパカ 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:191 人 文字数:283字
俺は変なあだ名が、付いたことがある。自慢できることではない。正直、そこまで嬉しくないあだ名だった。 「アルパカ」である。 理由を聞けば、顔がアルパカぽいからと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:抹茶飯盒 お題:激しい惑星 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:228 人 文字数:332字
ここは惑星7ouet。二大国家エイブとナデュクによる戦争が勃発中の惑星である。そしてその戦火は今日も激しくなっていくばかりであった。「トイレ……トイレはどこで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:妹ラリスト@小説家になろう お題:今日のゲストは列車 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:226 人 文字数:1418字
「2212年7月7日午後21時。ポイント66より観測データを送信します」 少女は一人、誰もいない草原の上でポツリと呟いた。 群青から藍にかけた深い青系のグラデー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:つけおねぎ お題:俺の能力者 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:176 人 文字数:909字
東京の中でも、ひと際目映い場所がある。六本木と呼ばれるその場所の、ひと際高いビルの上でぼんやりと煙草を吸っている男がいた。「あーあ、平和でやだねえ」黒いスーツだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:須賀夕純☃マイペース創作屋 お題:傷だらけの成熟 必須要素:トイレ 制限時間:15分 読者:278 人 文字数:926字
喝采を浴びた。目も眩むようなフラッシュ、鳴り止まない拍手、それらが洪水のように押し寄せる中で笑顔で立ち続けることはもう困難だった。それでも今檀上から降りることは 〈続きを読む〉

DDTの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:哀れな微笑み 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:363字
夏休みのキャンプ地で写真を拾った。不法放棄ゴミの中にあったものらしい。おそらく接近した台風のせいで飛ばされてきて、うちの車のフロントガラスに張り付いたのだ。半分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:帝王の笑顔 必須要素:サスペンス 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:469字
三十年ぶりだった。ドアを開けた時の彼の顔が、オレの頭に刻み込まれて、あれからひと時も離れない。激しい驚きと恐怖で中心からぐにゃりと歪み、池の波紋が元に戻るように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:未来のダイエット 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:418字
本日のネット講義は「もし食べることに罪悪感を抱いたら」だった。わたしは気乗りしないまま、ソファに寝そべってだらだらと端末を眺める。講師の口から出る言葉は端から端 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:ありきたりな悪 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:497字
つぼみがふくらんで今にも咲きそうだった花が首元からぽきんと折られていた。朝、犬の散歩のときにみつけて楽しみにしていたのに。しょんぼりした。猛暑を潜り抜け、夕方に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:絵描きの流刑地 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:579字
ある朝目が覚めたら猛烈に絵が描きたくなって、紙がないから壁に描いた。インクがかすれかけたボールペンで、ちまちまちまちま描いた。いつまでも部屋を出てこないから、心 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:僕の嫌いな排泄 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:387字
軒先に座りわたしはずっと考えていた。通りで怒りをぶちまけ声高に主張する人を。それはわたしの父だった。ご近所でのトラブルや警察沙汰は毎度のこと。世間話の内容でも気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:かっこ悪いプロポーズ 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:477字
女性のためのシェルター(仮)ならかくまってくれると思ったのに、門前払いされちまったい。泣いて倒れて地面に転がりながら訴えたのにさあ。カッときたらどうしても殴って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:明るい何でも屋 必須要素:海苔 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:217字
「なんでもしてあげる」人工知能嬢の声は甘くやさしかった。「おにぎり食べたい」「わかった、うふふふ」梅干しが入ってパリパリの海苔で巻かれたでっかい三角おにぎり。脳 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:つらいぬくもり 必須要素:ボーイズラブ 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:566字
あたしは今朝までおんなのこだったんだけど、フレンチトーストにしょうゆをかけて食べたらおとこのこになってしまったの。たいへんたいへん。だけどこのままだと学校に遅刻 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:高い夫 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:372字
婚活中の人いますか?ちょーーっとお耳を貸してください。わたしたちは皆さまの期待に応える高スペック男子集団です。ベタなところからまいりましょうか。身長、そら高いで 〈続きを読む〉