お題:あいつのユートピア 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:892字

ちょっとした合間に
秋田市から南東の方角に少し行くと、ボートピア河辺というボートレース場がある。行ったことはないけども、知っている。他の人は知らないが、子供のころから何度となくこのCMを見ている。私の頭の中から一生消えない場所にボートピア河辺は記憶されてしまっている。ロックがかかっている。あと金満リコおいしいと高清水と長瀞温泉と、それらは消えない場所に記憶されている。レーザーで焼き付けられたんじゃないかと思うほど。もしも私の脳みそが下腹部にあったとしたらそれはもう淫紋なんじゃないかと思うほど。
「あいつならユートピアだ」
結婚して秋田市に移り住んだ友人宅を訪ねるとそこだ、そこに行っていると教えられた。
「ああ、そうなんすか」
帰りはいつごろになりますかねえ?と細君に聞くと、どうだろうなあ。というあいまいな返事であった。

多くのギャンブラーがそうであるように、一度行くとその日の全部が終わるまでそこにいるらしい。また、いる日もあるしいない日もあるらしい。そういう構造なんだろう。

私はギャンブルのたぐいは全くやっておらず、そういうところにも行かないようにしているため、どうしたもんかと悩んだ。細君がお茶を出してくれたのでとりあえずそれを啜り、出されたいぶりがっこをつまんだ。おいしかった。

「最初は一緒に行ったりしてたんだけど、今はもうすっかり」
細君は苦笑いのような顔をしながらふーと溜息をついた。
「私はああいうところに行くと我を忘れそうで怖いんで、それで行かないんですけど」
「我を忘れるってどういうこと?」
「うーんだからつまり、使ってはいけないお金にも手を出してしまいそうで」
「そうなんだ、へえー」
友人とは学生時代からの知り合いだったが、細君とは全く面識はなく、なかなか話が弾まない。あと私の人見知りスキルも関係しているかもしれない。

「帰るのは遅くなりそうですかね?」
改めて聞いてみると、
「そうねえ、今日は気合を入れていったからねえ」
そういいながら細君は、おもむろに服を脱ぎ始めた。

「ねえ?わかるでしょ?」
と、言われて、私はなんというか、ぞくぞくと興奮をした。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:あいつのユートピア 制限時間:15分 読者:146 人 文字数:294字
あいつはいつもそうだった。 自分だけのユートピアを持っていた。 悲しいこと、辛いことがあると、あいつはすぐにそのユートピアに篭った。 そのユートピアでは、悲し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ユートピア ※未完
作者:匿名さん お題:あいつのユートピア 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1130字
ユートピアを目指すもの達がこの世界にいる。 ある日、馬車が走る自然豊かな世界にそれは突如現れた。 雷鳴が轟き、視界が真っ白に染まる。 光が止むとそこには大きな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こみあ✑色々切り落としたい お題:つまらない男祭り! 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:554字
ああ、今日はハズレだ。 右から銀行員、証券マン、出版社勤務。 30後半、20代半ば、30って言ってたけど絶対アラフォー。 一人目、長身黒髪少し太り気味、趣味は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:今日の仕事 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:563字
インタビュアーの仕事をしては、どこかに赴き、風情を楽しんでいる人々に直接聞きこむ。その感想を文章にまとめて客がどのような場所を好むか調査していた。 今回も依頼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
青年の涙 ※未完
作者:しろのさくら お題:男同士の痛み 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:333字
ある夜、空は雲一つない闇。都心なので星は少ししか光っていないが、月は大きく綺麗な円になっている。それを見ながら、男は泣いていた。数か月前もこんな月を見た。その時 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:のら お題:見憶えのある検察官 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:1277字
それだけ言うと連中、うすら笑いを浮かべながら、いや要するに笑ったのだ。で、僕は考える。今の話のどこに笑える要素があったのか。一ミリだって無かった、そう結論する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:( awa ) お題:出来損ないの巨人 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:511字
朝になった。目を覚ました僕は、傍らにたたずむ小さな掘っ立て小屋の中から予備の剣と盾を引っ付かんで、すぐに走った。僕の職業は冒険者見習いだ。森の中で、ハニービーや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:君の使命 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:463字
『兄さんのかには、はっきりとその青いものの先が、コンパスのように黒くとがっているのも見ました。と思ううちに、魚の白い腹がぎらっと光って一ぺんひるがえり、上の方に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
海辺で彼と。 ※未完
作者:匿名さん お題:大好きな殺人犯 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:261字
私は今、海辺にいる。昨年も一昨年もここで月を見ていた。スーパームーンなので海に月が映り、幻想的な風景となっている。彼に誘われてここに来て、そして告白されたのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鈍い高給取り 必須要素:美しい情景描写 制限時間:15分 読者:170 人 文字数:354字
賭けに勝ったのは私だった。私は遥か下で瞬く色とりどりの光源を受けながら彼のことを思う。 彼には不思議な求心力があった。カリスマ性を持つもののそれとは違う、そば 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:夜と冬休み 必須要素:ニュース 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1874字 評価:0人
足元からざくざくと音がする。雪を踏みしめる音だ。あたりは一面の雪面。雪の上には自分の足跡しかない。昨日の昼から雪が降っていた。上り坂には誰の足跡もない。人も車も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:メジャーな祖父 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1067字
昔だったら近所のうわさの種、人々の貴重な時間の利用のされ方をしていたであろう、痴呆やらアルツハイマーやらに関する症状の類も、昨今だいぶ脚光を浴びて不可思議やら摩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:混沌のしきたり 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1023字
昨日これをやったとき、フォロワーの誰かに〇されるっていう必須要素が出て、その時書いた話は面白かった。私自身の感覚だけども、あの話は最近の中ではお気に入り。お題の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:悲観的なヒーロー 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1070字
知り合いに一人ヒーローがいるんだけど、悲観的だ。「ああ、怖い。死ぬ、次は死ぬかもしれない」っていう感じで悲観的。これが悲観的かどうか私には正確なところはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:黄金の独裁者 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:946字
つい最近まで、世界中の黄金を独占していた独裁者がいた。よくよくヤフーニュースの国際の欄にもそのニュースは上がっていた。それが先日急に死んだ、死亡したというニュー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:遠い年賀状 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1162字
毎年お正月ら辺に不義理を働いている。「明けましておめでとう」って書いてある年賀状が届いても、何も返してない。子供の頃の友人とかから来たりして、家族写真だったり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:鳥の感覚 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:849字
「むかしむかし、あるところに、鳥の感覚を持つ人がいました」ということをいきなり言われて、困惑した。むかしむかしっていうほど、その人は年を取っていないのである。し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの好きな大学 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
多くの人が一度は想像するように、東京都庁は変形してロボットになる。実際なる。本当になる。こないだ新宿御苑に行った際、大好きな擬木橋のところでよだれを垂らしてアヘ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:赤い昼食 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:948字
もってるだけのゴールド免許の更新のはがきが来た。私がもう高齢者だったとしたら、ノーシンキングタイムで返納するだろうなと思えるほどペーパーゴールド。ただとにかく取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:強い表情 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1162字
近所で写真のらしい個展が開かれており、入場自体は無料だと書いており、それじゃあ何か話でも書ける題材がないかと入ってみた。幸いにして入口に人が立っているわけでもな 〈続きを読む〉