お題:もしかして人体 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:2486字

独りぼっちの架け橋
 レミには他の人とは違った特技を持っていた――特技、というより、人智から飛び出した異能に近いんだけど。
 それは、想いの方向を知ることができるってこと。今誰が、誰に、どういう感情の想いを、どのくらいの強さで考えているのか、頭の上にぴょんと出た矢印から推察することができたんだ。アニメや漫画でよく出てくる人の心を読む能力より確実性がないし使い勝手のいい能力ではなかったけど、それでもレミはこの能力が好きだった。だって、これさえあれば噂を簡単に流せるから。誰がどういう情報を欲しがっているのか、希っているのか手に取るようにわかるから、都市伝説や学校の噂話が大好物なレミが悪用し始めるまでそんなに時間はかからなかった。
 といってもその悪行も長くは続かず、転校を余儀なくされるくらい劣勢に立たされたんだけど、その辺は前も話したので、割愛。

 はてさて。
 さてさて。
 前の学校でこの矢印を悪用すれば天罰が下ることは分かったので、転校先では波風立てず生活を送ることにした。噂話にも聞き耳を立てず、教室で上手く溶け込めるように立ち回って――なんていうとものすごく計算ずくで地位を確立したって思われそうだから訂正すると、まぁなるようになってた。男女混合の友達グループに入って、クラスのみんなとも顔を合わせれば挨拶ができるくらいには仲良くなって、放課後もカラオケとかに行く、そんな生活をなんだかんだ手に入れてた。別に努力はしなくてもいい人に囲まれれば独りぼっちになんて早々ならないんだなぁって思ってたよ。
 独りぼっちといえば、二人くらい気になった人たちがいたな。一人は休み時間中ずっと本を読んでて友達らしき人と一切話してなかった子。文学少女っていうのかな? 手入れされた長い黒髪が後ろの席からはキレイに見えて――うん、それこそ誰も寄せ付けない程キレイだった。授業中先生に当てられた時の声がなんだかドラマで聴くような、雑音のない聞き取りやすくて耳に残る声だったのをよく覚えてる。想いの矢印もどんな時もピンと立ってて一切の迷いがないのもカッコよかった。実際には話したことないからわかんないけど。
 で、もう一人。こっちは同じ友達グループの男子、逢坂当麻くん。こっちは別にクラスで孤立してるとかじゃないんだけど、矢印が独特すぎた。
 理由は分からない。けど、彼の矢印は一度も動いたことがないんだ。
 今までこんなことは一度もなかった。人は誰しも何かに興味を示すし、人を憧れるなり嫌いになるなり感情が動くはずだ。なのに彼は、楽しそうに笑って話しているときも、ボウリングでストライクを取った時も、一貫して頭の上の矢印がどこでもない誰もいない空へと身動き一つせず立っていたのだ。
 ――本当にこの人は人間なの? もしかして人の皮を被ったアンドロイド?
 そう不安になるくらいには不気味だった。何にも興味を持てないなんて、それこそ死んでいるのと変わらないのに。
 それでもわたしは顔には出さずに彼と接し続けた。嘘を吐くのは嫌になったけど、人を不幸にしかできない優しいウソも見分けられないのは、少し寂しいことだ。
 転校してから数か月後。順風満帆な学校生活を送っていたのだけれど、事件が起きた。
 放課後の教室でクラスメイトのイジメ現場を目撃してしまったのだ。
「――――」
 教室と廊下を隔てている窓からこっそりと覗く。男子二人組はコソコソと机の中に何かを入れたり、逆に教科書を取り出して乱雑に投げ捨てたりしている。あの机は――独りぼっちの女子のだ。何か反感を買うようなことしたのかな?
 まあ、でも。
(レミにはどうしようもないことだね、かーえろ)
 そう考えながら踵を返す。何より、男子たちの頭の上で悪意を内包している矢印を間違ってもこちらに向けられたくなかったんだ。あんな思いは――あんな想いは、もうたくさん。
 イジメられる方が悪いんだ、転校前のレミみたいに振舞ったからいけないんだ。
 そう、特に悪びれもせずに歩いていると、廊下の向こう側から生徒が歩いてきた。
「白瀬さん」
「あー、逢坂君」
 と、挨拶を返す。なんで放課後になって一人でここにいるんだろう、もしかして教室に忘れ物したのかなーだったらマズいかもなー……と人ごとのように思っていると、逢坂君にこういわれた。
「丁度良かった。保険に付き合ってよ」
「……ほぇ?」
 なんのことだろ? と聞き返そうとして、レミはようやく気がついた。
「――え、なんで」
 逢坂君の矢印が、力強くレミの方を向いていたのだ。正確には、レミの後ろにある教室へ。
「今機嫌が悪くてさ、何をやらかすか分からないから、教室の外で待っててほしいんだ。随分酷い役を押し付けることにはなるけど、後で借りは返すから」
 そういって、返答を待つことなくレミの横を通り過ぎて教室の中へと入っていった。男子たちが今熱心にイジメている、その中へ。
「――!」
 劈くような音が、始めは人から発せられているとは考えられなかった。けど、何度も叩きつけるように投げかけられているのは怒号だ。今さっきいた逢坂君の怒号。
 これが彼の声だとイコールを付けるのはすごく難しいことだった。だって、今まで逢坂君は大きな声を出したことも、ましてや不機嫌そうにしていたこともなかったのだ。なのに、体育教師のような容赦のない説教声は、間違いなく彼の声だ。
 どのくらいの時間が経っただろう。徐々に男子たちが反発する音が聞こえて、椅子と机がぶつかり合う音が聞こえた時、教室からレミの名前を呼ぶ声が轟いた。
「これを持って職員室へ! 早く!」
 そういって投げ渡されたそれは、彼の携帯。モニターには「REC」が表示されていて、これで教室の中を録っていたんだ――ということがわかった。
 さっきまで中にいた男子三人が雪崩れ込む様に廊下へ出てきたのを確認してからすぐに逃げ出した。録画中ということも忘れて、ひたすらに走る。

 どうして彼がそこまで怒っていたのか、この時のレミは知る由もなかった。
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
文鳥先生! ※未完
作者:匿名さん お題:鳥の小説訓練 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1706字
事実は小説よりも奇なり、とはよく言うが。これは一体全体どうしたことだろう。 「うげえ、つまんなっ。逆にどうしてこんなものが書けるんだ!?」 帰宅した私はかばん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七淵 お題:鳥の小説訓練 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:639字
…空は蒼く、風は強く、我々は海へと征こうーああ、人間の本は面白いや少しずつ、言葉をあやふやだけれど覚えたような気がして、わかったような気がして。なんとなく、わか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アイネクラリネ お題:愛と欲望の地下室 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1570字
···陰陽師、それは人をたぶらかし、食らう邪悪なる悪鬼羅刹を退治する者、そして、俺の先祖はそんな陰陽師だったらしい、俺の先祖の陰陽師は、昔、都で悪さをしていた九 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:静かな年賀状 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1059字
ブロロロンというバイクの音が響く。続いてブレーキ音。次に硬い何かが地面に接触した。玄関にあるポストの入り口が軋んで金属が悲鳴を上げる。その後、ドサッと落ちる振 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:最強のテロリスト 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1920字
5月というのに私達に容赦なく夏の日差しが注がれている。その中で捜索活動が続いていた。山に近い住宅街。山に行っていたら最悪だが、包囲できればこちらのものとも言え 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:春の同情 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:948字
電車を降りて駅の建屋から出るともう町は闇に飲まれていた。月の光はない。自転車小屋までは小さな街頭が便りだ。タイヤ横の自転車のライトのスイッチを下ろしてペダルを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:那智 お題:小説家たちの爆発 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1099字
「申し訳ありません」か細く震えた謝罪に、イルヌは手元の本からゆっくりと視線を上げた。目の前にはドレスの檻と、色とりどりのそれに埋もれるようにして囲われた憐れなピ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:星蘭 お題:冷静と情熱の間にあるのは風 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:4693字
相変わらず、こういう場所には慣れない。そう思いながら、スファルは待ち合わせ場所であるバーの前で煙草に火をつける。ふぅ、と紫煙を吐き出しながら、路地に視線を投げた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:残念な女の子 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1569字
深夜、家族が寝静まった頃を見計らって、少女は自室で作業を開始した。 机に向かい、ノートを広げ、ペンを走らせる。 顔は、たぶん、十人並み。 胸、薄い。 腹、ぷよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:天才の体験 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:767字
柔らかでサラついた生地に舌が触れる。噛みついた唇でちぎり切れなかったチーズが、するすると伸びた。ソースに籠った熱が歯に沁みたが、すぐ目の前に迫っている美味の前に 〈続きを読む〉

タチバナ@新刊通販中の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:タチバナ@新刊通販中 お題:ひねくれたつるつる 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1626字
どうやら人間は流転し続ける変化に耐えきれなくなったらしい。 人間関係、環境、そして死――様々な変化を強要し、対応できなくなった人は突き放される現代社会では、謎 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@新刊通販中 お題:もしかして人体 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:2486字
レミには他の人とは違った特技を持っていた――特技、というより、人智から飛び出した異能に近いんだけど。 それは、想いの方向を知ることができるってこと。今誰が、誰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@新刊通販中 お題:フォロワーの僕 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:579字
逢坂美月が弱っていくのを、僕は察することもできず横目で見ていた。 彼女の正義が砕け散るのを。 小学生の小さな体で暴れ回った努力を、勇気を。 ただ何もせず、修復 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@新刊通販中 お題:部屋とYシャツと内側 制限時間:1時間 読者:68 人 文字数:1565字
パソコンのキーボードから手を離し、大きく伸びをする。バキバキと凝り固まった関節が心地よく音を鳴らし、思わず息が漏れた。 手をついて立ち上がろうとすると、机の上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@新刊通販中 お題:淡い帝王 制限時間:1時間 読者:91 人 文字数:1503字
「ラム。君は聡い子に育ちなさい。不測の事態に陥ったとしても混乱せずに民衆を動かすことができる王になるために。動揺を決して悟られてはいけない。上の者の心情というも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@新刊通販中 お題:バイオ探偵 制限時間:1時間 読者:101 人 文字数:1976字
「なるほど確かにこの事件は密室殺人であることは疑いようもない。窓も扉も内側から鍵が閉まっていて、鍵を開けられるマスターキーを所持していたのは紛れもない被害者兼オ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@新刊通販中 お題:プロの動機 制限時間:1時間 読者:95 人 文字数:1562字
昼休み一人、絵を描いていた。教室で描くのはなんだか照れ臭くて、この時間は誰も足を踏み入れない別棟の二階、美術室の端っこの机を借りてシャーペンを走らせた。 手元 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@新刊通販中 お題:可愛い流刑地 制限時間:1時間 読者:73 人 文字数:1932字
遊び心だったんだ。ちょっとくらいならって、たまにはいいじゃんかバレやしないって高をくくっていた。仕事で鬱憤がたまっていたし、言い寄ってくる会社の子を追っ払うの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@新刊通販中 お題:おいでよ夜中 制限時間:1時間 読者:72 人 文字数:1599字
眠ることが怖くなったのはいつからだったろう。夜何かに怯えながら目を閉じて、太陽が瞼を焼いて明かりを届けてくれる朝が来ることを祈る様になったのは、一体いつからだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@新刊通販中 お題:灰色の微笑み 制限時間:1時間 読者:135 人 文字数:986字
煙草の匂いが嫌いだった。キスが黒ずんだ味になるのが嫌で、世間的に迫害されてすらいる娯楽品を前向きに好こうとも思えなかった。 それに、白い煙があなたの寿命のよう 〈続きを読む〉