お題:暗い豪雨 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:950字

無料で使わせてもらってるくせに
いつものように朝にセットした携帯のアラーㇺが鳴って目を覚ました。しかし窓の外は暗いままで、しかも雨が降っていた。外はよく見えないけど、でも音がする。ばしゃばしゃと、とても降っている音がする。
「あれまあ、昨日の豪雨がまだ続いているんだべが?」
雨は嫌いではないが、さすがに降りすぎるのもどうかと思う。それにしてもくらい。真っ暗い。
「え?夜?」
しかし携帯のアラームは確かに朝にセットした。二十四時間表示だし、8時を間違って20時にセットしたとかそういうこともないはず。携帯を見てみると確かに朝。朝のドコモニュースとかヤフーのなんかとか、ねとらぼのなんかとかも来ているし。

しかし改めて外を見ても、すごく暗い。最近夏に向けて日が長くなってきた。昨日だって雨だったのにこの時間はだいぶ明るかったはず。しかし夜じゃないかと思うほど暗い。っていうか夜だった。

「太陽が出てねえんだな?」
朝だけど、薄暗いとか、朝だけど曇っているから暗いとかそういうのじゃない。暗い。真っ暗。夜だ。
「なんだこれ?」
世界の終わりか?終末か?すげー、生きている間に元号が変わったし、終末も来たんですか?

すげーじゃん。

そんなどうにもつかみどころのないことを考えていると手に持っていた携帯がぽーんってなった。

見てみるとヤフーニュースの通知とドコモのdニュースの通知がほぼ同時に来ていた。

「昨日から続く豪雨によって、漏電による停電トラブル。急遽会見」
という文字が並んでいた。

急いでパソコンをつけて、適当にユーチューブとかに行くと、確かにニュースが報じられていた。
「この度の豪雨で、漏電という機械トラブルが発生しました。本日中に復旧のめどは立っておりますが、それも22時ころになりますので本日は一日暗いままになります。そのほか、トラブルはございませんので、通常通りで大丈夫です」
とのことであった。

「漏電かあ・・・」
なんかトゥルーマンショーみたいな感じもしないでもないけども、でも、みんなそうみたいだし、まあ、いいかたまにそういう日があっても。

うん。

そう思って違う動画を見だしたら、チューリッヒとかネットフリックスとかの広告がバンバン入ってきて、そっちの方がなんとなく気持ちが滅入った。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗い豪雨 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:158 人 文字数:724字
バラン、ってなんだ? って話である。 先に説明しておくと、バランとはパック寿司に入っている緑色の仕切りのことだ。プラスティック製で、ペラペラで、縦に筋が入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:暗い豪雨 制限時間:30分 読者:258 人 文字数:780字
最悪の日だ。 仕事では取引先の会社でクレームの嵐、帰社してみれば上司から大目玉、さらには部下から小さなミスを指摘され赤っ恥。 そして昼ごはんを食べに外に出たら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:安全な作家デビュー 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:424字
匿名で作家デビューした。著作「ねじれ城の赤姫」は書店のベストセラー10に入った。私、著者の名前はペンネームの「しろのさくら」本名だといろいろ日常の平和が脅かされ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:安藤‎ŧ ꁥ ױ お題:ダイナミックな犬 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1001字
愛犬のコタロウと昼食を取りながらテレビを見ていたときのことである。世界一のとんでも野郎共を紹介する番組で、祖父が宇宙空間からのスカイダイビングをしていた。 祖 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:北酒 お題:絶望的な慰め 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:503字
――これで、本日のニュースを終わります。 そうしてテレビ画面はぷつりと切り替わり、別の番組を映し始めた。 泣きそうになって、どうしよう、と小さく呟いた。だって、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:信用のない犬 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:872字
ぼくは天才なので自分が犬であることも知っているし、そうであるにも関わらず人間の言葉がわかることも知っている。ぼくはニュースを見ていた。すると不思議なことに、明 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大人の部屋 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:508字
父の書斎から聞こえてくるテレビの音が、私の子守唄だった。子供に、というよりは全てにおいて無関心を貫いた父が、テレビ番組を眺める様は想像もできなかったし、どっと湧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なっせちゃす@企画がんばる お題:来年の喪失 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:345字
大晦日。こたつに、みかん、甘酒と猫。こんなに散らかった室内で暮を迎えるのは初めてだなあと、ゴミの溢れたプラスチックの円柱めがけて丸まったティッシュを放り投げなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の真実 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:241字
ピッ 久しぶりの休日僕はゆっくりテレビを見ることにした。「速報です。俳優の○○さんが、不倫をしていた事が発覚しました」ビクッ!「うっ、何でバレてんだよ」「不倫相 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ダイナミックな息子 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:373字
帰ってきた息子がヤバイ「チィース!」アロハシャツに白の短パンを履いた色黒金髪の男。奇怪な泣き声をあげながら俺の目の前に息子が現れた。チェック柄シャツをズボンに入 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:夜と冬休み 必須要素:ニュース 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1874字 評価:0人
足元からざくざくと音がする。雪を踏みしめる音だ。あたりは一面の雪面。雪の上には自分の足跡しかない。昨日の昼から雪が降っていた。上り坂には誰の足跡もない。人も車も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:メジャーな祖父 必須要素:外国語・外来語禁止 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1067字
昔だったら近所のうわさの種、人々の貴重な時間の利用のされ方をしていたであろう、痴呆やらアルツハイマーやらに関する症状の類も、昨今だいぶ脚光を浴びて不可思議やら摩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:混沌のしきたり 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1023字
昨日これをやったとき、フォロワーの誰かに〇されるっていう必須要素が出て、その時書いた話は面白かった。私自身の感覚だけども、あの話は最近の中ではお気に入り。お題の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:悲観的なヒーロー 必須要素:ソーセージ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1070字
知り合いに一人ヒーローがいるんだけど、悲観的だ。「ああ、怖い。死ぬ、次は死ぬかもしれない」っていう感じで悲観的。これが悲観的かどうか私には正確なところはわからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:黄金の独裁者 必須要素:切符 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:946字
つい最近まで、世界中の黄金を独占していた独裁者がいた。よくよくヤフーニュースの国際の欄にもそのニュースは上がっていた。それが先日急に死んだ、死亡したというニュー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:遠い年賀状 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1162字
毎年お正月ら辺に不義理を働いている。「明けましておめでとう」って書いてある年賀状が届いても、何も返してない。子供の頃の友人とかから来たりして、家族写真だったり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:鳥の感覚 必須要素:むかしむかし、あるところに 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:849字
「むかしむかし、あるところに、鳥の感覚を持つ人がいました」ということをいきなり言われて、困惑した。むかしむかしっていうほど、その人は年を取っていないのである。し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:わたしの好きな大学 必須要素:フォロワーの誰かに○される 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:784字
多くの人が一度は想像するように、東京都庁は変形してロボットになる。実際なる。本当になる。こないだ新宿御苑に行った際、大好きな擬木橋のところでよだれを垂らしてアヘ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:赤い昼食 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:948字
もってるだけのゴールド免許の更新のはがきが来た。私がもう高齢者だったとしたら、ノーシンキングタイムで返納するだろうなと思えるほどペーパーゴールド。ただとにかく取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:強い表情 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1162字
近所で写真のらしい個展が開かれており、入場自体は無料だと書いており、それじゃあ何か話でも書ける題材がないかと入ってみた。幸いにして入口に人が立っているわけでもな 〈続きを読む〉