お題:暗い豪雨 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:950字

無料で使わせてもらってるくせに
いつものように朝にセットした携帯のアラーㇺが鳴って目を覚ました。しかし窓の外は暗いままで、しかも雨が降っていた。外はよく見えないけど、でも音がする。ばしゃばしゃと、とても降っている音がする。
「あれまあ、昨日の豪雨がまだ続いているんだべが?」
雨は嫌いではないが、さすがに降りすぎるのもどうかと思う。それにしてもくらい。真っ暗い。
「え?夜?」
しかし携帯のアラームは確かに朝にセットした。二十四時間表示だし、8時を間違って20時にセットしたとかそういうこともないはず。携帯を見てみると確かに朝。朝のドコモニュースとかヤフーのなんかとか、ねとらぼのなんかとかも来ているし。

しかし改めて外を見ても、すごく暗い。最近夏に向けて日が長くなってきた。昨日だって雨だったのにこの時間はだいぶ明るかったはず。しかし夜じゃないかと思うほど暗い。っていうか夜だった。

「太陽が出てねえんだな?」
朝だけど、薄暗いとか、朝だけど曇っているから暗いとかそういうのじゃない。暗い。真っ暗。夜だ。
「なんだこれ?」
世界の終わりか?終末か?すげー、生きている間に元号が変わったし、終末も来たんですか?

すげーじゃん。

そんなどうにもつかみどころのないことを考えていると手に持っていた携帯がぽーんってなった。

見てみるとヤフーニュースの通知とドコモのdニュースの通知がほぼ同時に来ていた。

「昨日から続く豪雨によって、漏電による停電トラブル。急遽会見」
という文字が並んでいた。

急いでパソコンをつけて、適当にユーチューブとかに行くと、確かにニュースが報じられていた。
「この度の豪雨で、漏電という機械トラブルが発生しました。本日中に復旧のめどは立っておりますが、それも22時ころになりますので本日は一日暗いままになります。そのほか、トラブルはございませんので、通常通りで大丈夫です」
とのことであった。

「漏電かあ・・・」
なんかトゥルーマンショーみたいな感じもしないでもないけども、でも、みんなそうみたいだし、まあ、いいかたまにそういう日があっても。

うん。

そう思って違う動画を見だしたら、チューリッヒとかネットフリックスとかの広告がバンバン入ってきて、そっちの方がなんとなく気持ちが滅入った。

作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗い豪雨 必須要素:バラン 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:724字
バラン、ってなんだ? って話である。 先に説明しておくと、バランとはパック寿司に入っている緑色の仕切りのことだ。プラスティック製で、ペラペラで、縦に筋が入って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:暗い豪雨 制限時間:30分 読者:237 人 文字数:780字
最悪の日だ。 仕事では取引先の会社でクレームの嵐、帰社してみれば上司から大目玉、さらには部下から小さなミスを指摘され赤っ恥。 そして昼ごはんを食べに外に出たら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:安全な作家デビュー 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:424字
匿名で作家デビューした。著作「ねじれ城の赤姫」は書店のベストセラー10に入った。私、著者の名前はペンネームの「しろのさくら」本名だといろいろ日常の平和が脅かされ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:安藤‎ŧ ꁥ ױ お題:ダイナミックな犬 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1001字
愛犬のコタロウと昼食を取りながらテレビを見ていたときのことである。世界一のとんでも野郎共を紹介する番組で、祖父が宇宙空間からのスカイダイビングをしていた。 祖 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:北酒 お題:絶望的な慰め 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:503字
――これで、本日のニュースを終わります。 そうしてテレビ画面はぷつりと切り替わり、別の番組を映し始めた。 泣きそうになって、どうしよう、と小さく呟いた。だって、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 お題:信用のない犬 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:872字
ぼくは天才なので自分が犬であることも知っているし、そうであるにも関わらず人間の言葉がわかることも知っている。ぼくはニュースを見ていた。すると不思議なことに、明 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大人の部屋 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:508字
父の書斎から聞こえてくるテレビの音が、私の子守唄だった。子供に、というよりは全てにおいて無関心を貫いた父が、テレビ番組を眺める様は想像もできなかったし、どっと湧 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なっせちゃす@企画がんばる お題:来年の喪失 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:345字
大晦日。こたつに、みかん、甘酒と猫。こんなに散らかった室内で暮を迎えるのは初めてだなあと、ゴミの溢れたプラスチックの円柱めがけて丸まったティッシュを放り投げなが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕の真実 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:241字
ピッ 久しぶりの休日僕はゆっくりテレビを見ることにした。「速報です。俳優の○○さんが、不倫をしていた事が発覚しました」ビクッ!「うっ、何でバレてんだよ」「不倫相 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ダイナミックな息子 必須要素:ニュース 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:373字
帰ってきた息子がヤバイ「チィース!」アロハシャツに白の短パンを履いた色黒金髪の男。奇怪な泣き声をあげながら俺の目の前に息子が現れた。チェック柄シャツをズボンに入 〈続きを読む〉

和委志千雅の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:死にぞこないの広告 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1054字
「どうせ炎上して、批判がされるからすぐ中止する予定です」というコピーが脇にあり、反対側には、「囚人だってたまにはおしゃれしたい」と書かれ、その真ん中にこわもての 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:恥ずかしい雲 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:846字
鬼退治が終わって、桃太郎氏が地元に凱旋し、姫と宝物についてどうするかという話になり、結構な大ごとになり、私達犬猿雉は多少の混乱がありました。桃太郎氏は連日、町の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:東京幻想 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1022字
「東京都民だけ、消費税8パーのままなんだって」「なんだそれ!」そらそうだろう。そらなんだそれって言われるよ。なんかどっかのタイミングで10パーに上がるのは知って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:アブノーマルなライオン 必須要素:ギャグ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1123字
「一撃で決める」「は?どうしたの急に?」「見てよ、これ」そういって見せられたのはパソコンの画面であった。画面には即興小説が映っていた。「何?」「何じゃないよ。読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:遅い小説練習 必須要素:骸骨 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:950字
「早く打てるようになりたい。もっとタイピングが上手になりたい」15分で1000文字をマストで書けるようになりたい。もうこの際内容はなんだっていいから、とにかく1 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うわ・・・私の年収、フォロワー 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:919字
『うわ・・・私の年収、フォロワーの数と一緒アプリ』というのができて、やってみたら当然のことながら、「あなたの年収は114万です」ってなった(2019/06/13 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:8月の接吻 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:942字
「8月はキス、接吻、ノー、NGだから」というようなことを言われた。どういうことだ?「8月にキス、接吻をしないと約束する?」「うーん」8月かあ、に、し、む、く、さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:気高い新卒 必須要素:高校 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1102字
「う、ううわー」異世界に飛ばされた。理由は割愛する。好きな理由でどうぞ。目を覚ますと大草原にいた。大草原の小さな家みたいな大草原。「ひく」ひくなあ。確かに。急に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:大きな祝福 必須要素:三角関係 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1086字
なんかお歳暮というか、お歳暮じゃねえな。時期的に。お中元!お中元だ。お中元に油をもらった。「油だ」大きい奴、小さい奴、高そうな奴、大小さまざまな油だった。油の詰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:凛とした反逆 必須要素:ポテトチップス 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:904字
もうすぐ晩御飯だって言われた。「・・・」でも、今目の前にポテトチップスがある。たべたい↑のは心の声。「お母さん、これは違うんだよ」気が付くと右手がポテチのパッケ 〈続きを読む〉