お題:天才の夏 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:456字

あだごと ※未完
「身辺整理をしようと思うんだ」
 唐突な琢海の発言に、私は思わず呆けた顔を見せてしまった。
「……何かあったの?」
「特には。けれど、色々と煩雑になってきたから一度奇麗にしておこうと思って」
 訳の分からないことを大真面目に口にする琢海。聞いているこっちはどんな顔をすればいいか分からない。これだから頭のいい奴は。
「どうでもいいけど、部屋の片付けぐらいで済ましときなよ。あんたの母さんまた倒れるよ」
「そこまで気苦労をかけてるつもりはないんだけどな」
「少しは常人に気を遣って。お願いだから」
 去年の夏休み、琢海は人知れずロシアへ旅行に行った前科がある。失踪事件として警察沙汰にもなりかけた。彼の母親が見せたあの取り乱し様は、今でも忘れられない。
「一応訊いてあげる。何するつもり?」
「とりあえず人間関係かな。ちょっとややこしくなってきたし」
「それ、元はといえばあんたのせいだからね」
「別に、僕は思ったことを指摘しただけだよ。至って普通の行いだ」
「朝礼で校長の不倫を暴露することは普通とは言わない」
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:しずき お題:自分の中の夕日 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:551字
叔父が姿を消したそうだ。いわゆる「失踪」というやつだ。 叔父の姉である母に頼まれた僕は、叔父の暮らしていたアパートを訪ねることになった。賃貸契約を滞りなく解除 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モフモフうさぎ お題:彼女が愛した成熟 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1890字
岬ヶ原甘音はとにかく成熟したものが好きだった。青い果実など眼中にない。 それは文字通りの意味だった。柿ならば皮の下がドロドロのゼリー状になったものを、ヘタを取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チキン お題:ゆるふわな息子 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:670字
俺もすでにアラフォーカラダに衰えを感じることは多々あるわかりやすいところで言えば物覚えが悪くなったこと。人の名前が浮かんでこないイライラしやすくなったこっちは静 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
愛でつ休みつ ※未完
作者:匿名さん お題:昼の子犬 制限時間:30分 読者:0 人 文字数:687字
目の前で寝そべるゴロウ。ごろんと腹を見せている。縁側の日ざしは暖かく、照らされる彼は心地よさそうに目を細めていた。 菜月は彼の腹をさする。包み込まれるような触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きょうごく お題:弱い強奪 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1298字
なんとしてでも付き合いたい。その男は彼女を一目見てそう思った。彼女がスクランブル交差点を横切ろうものなら、周りの視線を一身に浴びてまともに渡りきることはできな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る言い訳 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1439字
――持久走にマジになるのって、ないよね。 誰かがそう言っていた。いや、誰もがそう言っていた。全力で何かに取り組むのはダサいこと。ガリ勉はつまらない。みんなそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ロシア式の嘘 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:1036字
酒場で回りの客を窺いながら1人グラスかたむけていたその女はロシア人だった。――あの男は簡単に落ちそうだわ 彼女は日本人離れした丹誠な顔立ちのセクシーな口から流 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モフモフうさぎ お題:わたしの好きなにわか雨 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:2021字
わたしはにわか雨が好きだ。それも秋になりかけた頃にすっと降るにわか雨が。 幼い頃、わたしの住む地方ではにわか雨がまず降らなかった。 今よりもずっと涼しかった頃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:でぴょん お題:わたしの好きなにわか雨 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:477字
雨の香りが街中を包み込む。雨上がりの秋風が私は好きだ。秋風はジメジメとした湿気もからっと吹き流し、冷たくもなく優しい風が私の全身をそっと撫でてくれる。街路樹や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モフモフうさぎ お題:群馬の強奪 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1944字
ある宇宙での話だ。 我々が知っている大宇宙は、大空洞(ボイド)と呼ばれる何もない空間を中心として、洗濯機の水が渦巻くようにその周囲に無数の泡状構造が構成されて 〈続きを読む〉

akariの即興 小説


ユーザーアイコン
パディング ※未完
作者:akari お題:地獄の終身刑 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:638字
「また同じ感じだね」 物部がぼんやりと呟く。彼女は勝手に印刷した原稿を、ベッドに寝そべりながら読んでいる。その様は青空の雲を眺めているようだった。「題材は変えた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
名残 ※未完
作者:akari お題:暗黒の花 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:803字
幼少の頃の記憶は得てして美化されているもの。それは十二分に承知していたはずだ。 だというのに、私は実際の景色を前にして立ち尽くしてしまっていた。 ――どういう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:たった一つの罪 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:952字
「失敗したんだけど」 高志が不満げな視線で私を見つめている。 その頬には生々しく赤い張り手の跡。何があったのかは一目瞭然だった。「あんたが言ったんじゃないか。あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ひよりみ ※未完
作者:akari お題:調和した狂気 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:592字
彼女は静かに狂っていた。表面上は何事もなく、けれど確かに。「お帰りなさい。今日も遅かったわね」「向こうで思わぬトラブルがあってね。待たせちゃってごめん」「いい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:イギリス式の花 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:690字
目の前で赤々と燃える炎。その周りでクラスメイトが歓声を上げてはしゃぎ回っている。 東華は離れた場所でその様を眺めていた。 ――楽しそうで何より。 まるで古いア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:プロの妹 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:613字
扉に近づくごとに強くなる、かぐわしい匂い。その事実に夏穂はまたも気を落とした。 ――朝の5時だぞ。 扉を開ける。目に入ってきたのはうきうきしながらテーブルに料 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
落ち葉拾い ※未完
作者:akari お題:間違った芸術 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:687字
――なぜ? 疑問符が延々と頭の中で飛び交っていた。だというのに、脚は勝手に前へと進み、どこまでも続く斜面を登り続けている。「秋の森はやっぱり格別だね」 ポニー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
摩擦 ※未完
作者:akari お題:間違った人間 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:358字
間違いは誰にでもある。 そんな言葉が慰めにならないことを私たちは誰よりも知っていた。「どうすれば、私たちは間違いを間違いだって気づけるのかな」 檀が私に問いか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
思惑 ※未完
作者:akari お題:純粋な広告 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:656字
「君だろ。あれやったの」「何のこと?」 曉海はさも不思議そうに首を傾げる。自然な仕草。事情を知らなければそのまま信じていたかもしれない。 ただし、今回は事情が違 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:フハハハハ!それは諦め 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:536字
「どうしてもこのシーンが書きたいの!」 勢いよく手を突く美崎。その音は静まり返った館内によく響き、近くの人間が煩わしげな視線をちらりと寄越した。「……館内ではお 〈続きを読む〉