お題:コーヒーと大雪 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:1422字

コーヒーを届ける
 12月の初旬。私は窓を全開にして、扇風機の風に当たりながら自家製のコーヒーを一口含んだ後、これまたチョコチップクッキーをかじっているとテレビのニュースがこう伝えた。
「今年は大雪がふっています」
 少し離れたところで調理をしている妻に、笑みを浮かべて大きな声でテレビの内容を伝えると、妻はそうね、よかったわねとそっけない反応を返してくれた。たぶん何度か同じ会話をしている。記憶には無いが反応から察するにそういうことなんだろう。
 時計は午前十一時を回ったくらいだ。この地域では今の時間帯は暑すぎて仕事にならないため大体休憩時間になっており、わが農園も例に漏れず室内で休憩することにしている。従業員たちは畑近くの別室でクーラーや飲み物で涼んでいることであろう。わが国は従業員の労働環境に関して何かとうるさくなってきており、もはや従業員のほうが良い待遇である。
「じゃあ配膳してくるわね」
 そういって妻は従業員に昼食を配りに行った。
「おう、いつもすまないね」
 妻は手をひらひらさせた後、両手に大量のサンドイッチを乗せた金属製のトレーを持って、浮き足立つように従業員の下へ向かった。妻も反応はそっけなかったが大雪は内心うれしいはずだ。
 テレビは未だ隣の国の大雪をレポートしていた。
 私達が住む国は内陸にあり海は無い。国土はウリ状の形をしており、それを大きな川が縦断している。ウリのお尻付近が赤道直下になり、私たちはその少し上に住んでいる。私達の国は陸続きで国境付近は何かと物騒なのだ。軍関係者でもない限り住むことはできないので、実質のところ国の中では私たちが住む地域が最南になる。
 そこからずっと北上し、首都を通過し、最北のウリのヘタに当たる地点からつながるその隣の国が今テレビに映し出されている。もっとも隣の国の南側はまだ温暖な地域だ。そこから隣の国はフラスコのように北に細長く伸びており、その先にある標高の高い山に大雪が降り積もっているという構図になる。
 さてなぜ大雪が嬉しいのか。
 私の国では雨季が7月に来る。今はまだ水に困らないが、やがて雨が減り水が枯渇してくるのだ。飲み水は多少高くても買えばよい。しかしコーヒーとカカオを栽培する農園はそうはいかない。特に5月ごろは特に酷くコーヒー豆やカカオが枯れてしまうこともある。そうなれば農園としては大打撃で飲み水を買うのも難しくなってしまう。
 しかし隣の国に大雪が降れば話は解決する。崩れた雪や解けた水が国の中を縦断し農作物に恵みをもたらし経済も潤う。恵みの雨とはよくいったものだ。
 今年は頭を抱える事も少なそうだなと考えているとトレーを脇に挟み妻が帰ってきた。
「あれ、私たちの卸しているコーヒーじゃない?」
 どうやら雪山の警備隊の特集らしい。小さな小屋が映っている。何重にも服を着込んでいるであろうその隊員の手元にはマグカップに入れたコーヒーが映っていた。その奥のテーブルにはコーヒー豆の入った袋が映っていたのである。それには妻がデザインしたロゴが入っていた。
「おお、あちらにも輸出されているんだな。暖かいコーヒーを飲んで頑張ってほしいね」
 そのまま番組を見終えると準備を始めるにはちょうどいい時間になっていた。
「さて一仕事してくるかな。彼らにコーヒーを届けるために」
「おおげさねぇ」
 妻はそう笑った。
 今日の仕事はいつもより捗りそうな予感がする。 
 
 
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:キマタ お題:安い祖父 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:814字
銀貨3枚。 それが今の時代にどれだけの価値があるものなのか分からないが、少なくとも私の祖父に値段がつくとしたならばそれが最も適切だろう。 それは裏切りの対価と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:7さい お題:生かされた沈黙 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:174字
「沈黙、生きてたんかワレェ!」「……。」「なんとか言えやワレェ!!」「…。」「オマエがそういう感じやったら俺にも考えがある」ハマタはおもむろに沈黙の体を弄りはじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
カラス鳴く ※未完
作者:藍沢凪 お題:あいつとカラス 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2095字
夜型人間の俺にとって、カーテンから差し込む朝日は就寝の時間を知らせてくれるサインだった。朝日が昇る頃に眠り、太陽が真上を通り越してから目を覚ます。本当なら吸血鬼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女の小説上達法 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1050字
僕は小説家だ大ヒットしたあなたの名はの監督に僕の本が良いと推薦を受けその本「トゥーピース」は1000万本売れ僕は大金持ちとなったある日テレビの取材を受けたその質 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
半笑い論 ※未完
作者:けたいし お題:空前絶後の秀才 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1732字
◆ 桐谷はクラスでのけ者にされている。 ある男子曰く、「話し方が芝居がかっていてうざったい」、またある女子に曰く、「いつもにやついていて気持ち悪い」。おおまかに 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
天敵 ※未完
作者:匿名さん お題:わたしの嫌いな君 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:178字
「お前、馬鹿だな」紫煙をくゆらせながら放たれた言葉は、そいつにだけは言われたくないものだった。「……万年ドベがよくもまあ言えたものですね」舌打ちを打ちそうになる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:T◎-BUN お題:黄色い殺人 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1743字
何も怖いことは無い。秋の中頃、日に日に冷たくなっていく空気と乾かない洗濯物は私の心を憂鬱にさせた。憂鬱になると、楽になりたいと思うのが人間らしいところというか、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:下畑耕司@小説家になろう お題:あいつと哀れみ 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:551字
こんなはずじゃなかった。俺は確かに神に願った。この世界とは違う別の世界に転生させてくれ。そこで最強になりたい、と。「うん。そうだよな。ここは異世界だし、今のとこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:7さい お題:かたい何でも屋 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:411字
「かたいものはいらんかね~ かたいもの~~ かたいものはいらんかね~」「あ、かたいもの屋さん、あずきバー一つ!」「へい、お待ち! 永久歯もぶん折るあずきバー!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夜の帳 ※未完
作者:ぽいす お題:日本式の手 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:827字
物心ついたときから僕の手は誰か知らない人の血で真っ赤だった。 ああわかってるよ。僕だってなにもこんな物騒な書き始めは望んでないけれど、事実だから仕方ないじゃな 〈続きを読む〉

なんかやるの即興 小説


ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:同性愛の秋 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1751字
空を見上げると黄色に覆われていた。イチョウ並木のベンチにタナカとヤマダは座っていた。約束していたお昼を食べ手持ち無沙汰だった。付き合い始めて一ヶ月、恋愛経験も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:愛のにおい 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2158字
何かの夢を見ていた気がする。起き抜けで働かない頭で思い出そうとした時、鼻孔を甘い匂いが擽った。これはヤマダの匂い…。匂いで頭の中が整理され、タナカは何かに気づ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:今日のゲストは傑作 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2578字
「しかしこんなところ借りてレクリエーション活動なんてうちの映研は豪盛ですね」 マリは階段を降りながら玄関ホールへとサトコに言った。サトコは2年上の先輩で21才。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:可愛い悲劇 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2632字
祖母が買い与えた市松人形は娘のマリに大好評だった。タナカはこのスマートフォンやらユーチューブやらが流行ってるこの時代にどうなのと祖母に少し抗議をしたが、普段は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:限界を超えたドア 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2272字
車椅子が乗っているというマークが付いたワゴンが車が一台研究所に入っていく。その前後には警察車両、左右には白バイという厳戒態勢の元、ワゴン車は研究所の敷地内をゆ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:冷たい孤独 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2337字
意識がぼんやりと戻るとタナカの視界に太い鉄格子が映った。2mほど先だろうか。視界には自分の足もあり半身を起こした状態で寝ていたらしい。背中を預けている壁は硬く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:ぐちゃぐちゃの電話 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2155字
「こりゃひでえや」 タナカが部下を引き連れ現場に入った時の率直な感想である。1Kの家の中はめちゃくちゃに壊されていた。入ってすぐの台所は水浸し、電子レンジが冷蔵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:たった一つの罪 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1609字
「なあ本当にこんなとこで見たのか?」 鬱蒼とした人気のない雑木林をヤマダとタナカは歩いていた。時間は20時を回ったくらいだろうか。街灯は無く月明かりは背の高い木 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:汚れた決別 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1380字
ヤマダの妻マリからの連絡をタナカが取ったのは会社の喫煙室だったと記憶している。ヤマダとは高校時代からの付き合いで7年間一緒に山を登った仲だ。お互い仕事が忙しく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:苦しみの稲妻 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1399字
中南米のある国にタナカは居た。10年前に来た時よりはるかに国が豊かになったのをタナカは実感した。酒より水の値段が高いなんてことはなく、ホテルは水洗式のトイレが 〈続きを読む〉