お題:淡い女の子 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:821字

物語の中と現実
教室の窓側にふと目をやると1人の少女が黙々と読書をしていた。
あの子はいつも1人で読書をしている。
誰とも話さずに。
僕は何故だか気になってしまった。
どんな本を読んでいるのか
何が好きなのか
これがただの好奇心なのか
それとも芽生えた恋心なのか。
僕は知りたくなったのだ。あの子のことが。

考えるより行動が早し
試しに話し掛けてみることにした……いところだが
想像以上のドキドキが僕に襲いかかってきて足が前に進まない。
読書中に話し掛けたら邪魔かな?とか話し掛けて反応して貰えなかったらどうしよう…!とか色々と考えてしまうのだ。
それでもなんとか足を動かし声をかけてた。
「あ……」
少女は驚いたような顔で僕を見た。
ごめん!邪魔しちゃったよね……と言うと
「こちらこそ、本を読んでる時周りの音が聞こえなくなるから……もしかして何回も私に声掛けてた?」と少女は言う。
いや、1回しか掛けてないよ!と僕は説明をし
毎日どんな本を読んでいるのかなって気になって
と、本の話題を切り出した。
「よかった……無視してなくて……」と少女は安堵し
少しだけ表情が明るくなり本について語りだした。
「色々な本を読んでいるよ。サイエンス・フィクション、ミステリ、ファンタジー、一般文芸からライトノベル、本当に色々」
凄いな……本当に幅広く読んでいるんだね。
と返すと
「本はね、色々な事を教えてくれるの。現実から連れ出してくれるの。ファンタジーを読んでいる時、私はそのファンタジーの世界に居るしミステリを読んでいる時は主人公と一緒に犯人を探して推理してるの!」

少女の明るい表情から見て取れるように相当本が好きだということが伝わってくる。
一見目立たない子だなと思っていたが、喋らないとこういう所って分からないし喋ってみるもんだなと思った。

―― 少女はページをめくる。
私はきっとこんな人を待ってるんだ。

教室で1人、今日も本を読む。

END
作者にコメント

似た条件の即興小説


ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:儚い悲しみ 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:2091字
仕事を終えて帰ってきた。時間は午後7時50分。いつの間にか、夜の帳が下りるのが早くなった。そう思うのだが、それが誤解であることも知っている。夜は、気づかないう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
開かない扉 ※未完
作者:匿名さん お題:賢い伝承 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:2107字
夜の校舎に生徒が侵入することを禁ず、なんてルールは大体どこの学校にも存在している。もちろん僕の学校でもそうだ。 真面目な生徒はもちろんそれに従う。僕は少なくと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こっころ お題:死にかけのダンジョン 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:619字
父は無口な人間だった。俺とは似ていない。父は失敗しなかった。俺とは真逆だった。俺は父が嫌いではなかった。でも、父が俺を好きなのかは解らなかった。ましてや失踪した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:知らぬ間の14歳 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:2755字
ミズホは美しい少女だった。当然だ。彼女はヴァーチャルな肉体で、つまるところそれは生まれ落ちる苦しみというものを知らない。わたしたちは遺伝子に組み伏せられた獣にす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
戦場の死神 ※未完
作者:さとりっく お題:消えた電撃 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:416字
戦場を満たしていた爆発音が嘘のように霧散し、あたりはただ静寂に包まれていた。「撃ち方やめー!」分隊長がヒステリック気味に叫ぶ。蓄えた髭の先端は、心なしかいつもよ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:昼間の瞳 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:966字
呪術師は荒い息をなんとか鎮めようと苦労していた。 深呼吸を繰り返し、咳き込み、そこでようやく足を止めることを自分に許すことにした。 立ち止まると、それまで「歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:がんこ お題:俺は作家デビュー 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:658字
「さあ、貴様の願いを言え」仕事を辞めて久しぶりに実家へ戻り物置を整理していると、魔法のランプが出てきた。冗談半分でこすってみたら、青い皮膚をしたエディ・マーフィ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:僕の映画館 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:2241字
今日も猫の話。 トイレハイになって走り回る日々、ソファーに飛び乗って我が物顔で専有している日々、夕食が魚だとこたつに近寄ってきて泥棒猫になろうとする日々、何故 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:加密列 お題:綺麗な失踪 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:791字
バイトが終わり、いつもの虚無感に襲われながら裏路地を行く。 「君は逃げるのかい?」 声が聞こえた、近いようで遠い、高いようで低い、男なのか女なのかもわからない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:縹色蕣/スアー/兎子/助かる族/ZMY お題:綺麗な失踪 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:495字
昨日までワンルームの部屋いっぱいに荷物があったとして今日はその一室に隙間が空いていた時。歯抜けたみたいで寂しく見えた。隙間の周りを彩るゴミや雑貨や服は全部私物 〈続きを読む〉

望月 望夢@VTuber準備中の即興 小説


ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:信用のない負傷 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:522字
僕は考える。信用は命と同じくらい重い。信用を無くした人間はあっという間に人間関係の全てを失う。失ってから気付くのではもう遅いのだ。信用を取り戻すのは膨大な時間を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:彼と平和 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:202字
彼は言った。世の中にはたくさんの理不尽や悪意、悲しいことが満ち溢れてる。それら全てを救うのは無理だ。手の届かない所は必ずあるからね。だからこそ自分の手の届く範囲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:淡い女の子 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:821字
教室の窓側にふと目をやると1人の少女が黙々と読書をしていた。あの子はいつも1人で読書をしている。誰とも話さずに。僕は何故だか気になってしまった。どんな本を読んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:望月 望夢@VTuber準備中 お題:不本意なサーカス 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:353字
僕は、とあるサーカス団で働いていた。サーカスの舞台に立って、たくさんの人を驚かせたり笑顔にするのが昔からの夢だった。けど現実は厳しいのだ。テントを設営したり仮設 〈続きを読む〉